2020年07月23日 08時00分 公開
特集/連載

レガシー製品を「SD-WAN」と呼ぶサプライヤーに注意Computer Weekly製品ガイド

SD-WANはIT業界が大好きな“一大ブーム”の一つだ。SD-WANは企業に多くのメリットをもたらすが、レガシー製品を「SD-WAN」と呼ぶサプライヤーもあるので本当に役立つ製品を見極める必要がある。

[Joe O’Halloran,Computer Weekly]
iStock.com/imtmphoto

 次の“一大ブーム”ほどIT業界が好きなものはない。過去10年の間に、企業ネットワークは多くの一大ブームを経験してきた。5GやSD-WANなどの技術トレンドは多大な関心を集めている。

企業文化の変化

 SD-WANはネットワーク機器とネットワークサービス両方の管理にメリットがあり、企業文化を変化させる可能性もある。SD-WANは単なる従来型ネットワークの代替ではない。クラウドネイティブアーキテクチャとデジタルトランスフォーメーション(DX)戦略の中核的な技術と見なす必要がある。

 調査会社Gartnerは2019年7月の報告書「Hype Cycle for Enterprise Networking」(エンタープライズネットワークのハイプ・サイクル)の中で、SD-WAN製品の主要目的はアプリケーションやクラウドに合わせてより単純でコスト効率の高いブランチオフィスWANを構築することにあると指摘した。

 同報告書の中でGartnerは、SD-WAN製品に対する「顧客の関心の高さ」を指摘。「推定1万以上の顧客がSD-WAN製品を本番ネットワークに導入した。SD-WANの導入は今後も急成長が続く見通しで、ベンダーの収益は35%以上増加すると予想される」としている。

コスト削減を越えて

 従来型のブランチオフィス接続に比べ、SD-WANははるかにアジャイル性が高くて手頃なプラットフォームを提供する。比較的コストがかかる設備投資集中型の調達を避け、全てのコストを運用経費に移行させることができる。

 アグリゲーション技術、一元化された管理、アプリケーション認識ルーティングなどが加わったSD-WANは、柔軟性と拡張性が高い接続を従来のWANよりも大幅に低いコストで実現する。だがSD-WANはブランチオフィス接続を安く抑えるためだけのものではない。ITバイヤーが検討すべき事項は数多くある。

 2019年12月にCato Networksが実施した調査では、DXの条件を十分に考慮しなければSD-WANに対する満足感が損なわれかねないことが分かった。WANの動向に関する4回目の年次報告書「Networking in 2020: Understanding Digital Transformation’s Impact on IT Confidence in Enterprise Networks」(2020年のネットワーキング:DXがエンタープライズネットワークにおけるITの信頼性に与える影響)によれば、回答者のほぼ4分の3がDX後にネットワークの信頼が著しく低下したと答えていた。

 SD-WANはMPLSの代替を越えた存在として扱う必要があるとCato NetworksのCEOで共同創業者のシュロモ・クラマー氏は指摘する。「企業がWANトランスフォーメーションの信頼性を維持するためには、未来のニーズを予測する必要がある。MPLSの入れ替えだけを考えていると場当たり的なソリューション調達になり、デジタル戦略に直面したときにネットワークが複雑化して運用コストがかさむようになる」

 Cato Networksの調査では回答者の大部分が向こう12カ月のうちに、プライベートデータセンターでホスティングしているアプリケーションよりもクラウドアプリケーションの方が重要になるとの認識を示した。ただし一部の専門家によると、SD-WAN製品やサービスの中にはクラウド戦略を支えるために追加のソフトウェアやインテグレーションを必要とするものがあることをITバイヤーは認識しておく必要がある。

 Nokia傘下のNuage NetworksのCEO、スニ・カーンデカール氏はこう語る。「サプライヤーは自分たちの




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
ください(PDFをダウンロードします)。






ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...