2018年05月25日 08時00分 公開
特集/連載

AIが履歴書をチェックして電話してくる仕事をお探しですか? ペプシコが導入した「電話面接までこなすAI」事例

ペプシコが導入したAI「Robot Vera」は、求職者の履歴書をスキャンして適格者に電話をかけ、面接まで行う。ペプシコの導入事例を詳しく紹介する。

[Bill Goodwin,Computer Weekly]

 年間10億ドル(約1100億円)以上の売り上げを計上する大手食品・飲料メーカーのPepsiCoは、ロシア法人で従業員に空きができた場合、候補者の絞り込みや面接に人工知能(AI)ソフトウェアを活用している。

Computer Weekly日本語版 5月23日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 5月23日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 同社は、ロシアの新興企業が開発した「Robot Vera」(以下「Vera」)技術を利用して求職者の電話面接を行い、募集中の職務に関する問い合わせにも答えている。

 ロボットリクルーターは、1500人の求職者と話す作業を9時間で済ませられる。人間の採用担当者が同じ作業を行ったとすると9週間はかかると、ロシアおよびCIS(独立国家共同体)地域担当のタレント獲得マネジャー、ナタリア・スンバエワ氏は話す。

 Veraは定型的で単調な作業から人事(HR)部門のスタッフを解放すると同氏は主張する。「HR部門のスタッフは、採用担当マネジャーへのサポートを充実させる、データベースを活用する、評価の精度を高める、研修の機会をより多く提供するなどの活動に多くの時間を割くことができる」

 PepsiCoは、高度な音声認識ソフトウェアを使って見込みがある候補者へ電話をかけるようにVeraをプログラムした。こうして、人材採用チームは他の仕事に取り組めるようになった。

 フォークリフトの運転手や工場の作業者などの選別と、営業担当者の採用活動にVeraが導入された。このソフトウェアは、求人サイトで履歴書を自動的にスキャンし、適格と判断した求職者に電話をかける。最大1万件の通話を同時に行うことができる。

 求職者には次のようなメッセージが音声で届けられる。

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

「TikTok Ads」2019年の振り返りと2020年の展望
もう「踊ってみた」動画だけではない。急成長する広告配信プラットフォーム「TikTok Ads...

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...