2022年03月29日 08時00分 公開
特集/連載

「量子コンピューティングを理解しているか?」に対する驚きの回答業種・業界別ではどうか

多くのビジネス意思決定者は、量子コンピューティングを誇大宣伝であると考える一方で利用方法の検討に入っている。彼らはどの程度量子コンピューティングを理解しているのか。

[Cliff Saran,Computer Weekly]

 KPMGの調査によると、英国のビジネス意思決定者(750人)の55%が「量子コンピューティングは誇大宣伝されている」と考えている。

 ただし多くの企業が量子コンピューティングについて積極的に調査していることも分かった。回答者の4分の1は、量子コンピューティングプロジェクトを既に実施している。3分の1は、社内チームまたは社外アドバイザーが量子コンピューティングの利用方法を検討中だ。

 利用方法を全く検討していない企業はわずか9%だったとKPMGは報告している。

にわかに信じ難い、驚きの結果

iStock.com/metamorworks

 驚きだったのは、回答者の55%が「量子コンピューティングについてかなりの知識がある」と答え、「まあまあ理解している」とした回答者も27%いたことだ。

 KPMGによると、この比率は業界によって大きく異なるという。量子コンピューティングについてかなりの知識があると答えたのは、IT業界では77%なのに対し、慈善業界は17%、公共セクターは26%、ホスピタリティー業界とユーティリティー業界(電気、水道、ガスなど)は29%だった。

 KPMG UKのイアン・ウェスト氏(技術、メディアおよび電気通信部門責任者)は言う。「企業は量子プロジェクトにかなりの時間とコストをかけているが、データは企業が不安を感じていることを示している。この新しい技術をどのように活用するのが最善かを模索し、コストをかける価値があるかどうかを疑問視する多くの企業と関わってきた」

 「ビジネス意思決定者にとって重要なのは、具体的なユースケースに量子コンピューティングを応用する方法について自分を教育することだ。そうすれば、そこにある刺激的な機会を生かすことができる」

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

超リッチなイーロン・マスク氏の「言論の自由」は、あなたのそれと同じなのか?
Twitter買収の大義名分とされる「言論の自由」。しかし、同じことを語っているつもりでも...

news204.jpg

新卒の営業職が仕事をやりたくない時期、最多は「5月」 ―― RevComm調査
新卒営業社員は5月に最初の「壁」を感じるようです。

news069.jpg

「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高...