2020年08月24日 08時00分 公開
特集/連載

MicrosoftとGoogleのオンプレミスハードウェアを再チェックAWS、MS、Googleのオンプレミスハードウェア【後編】

大手クラウドベンダー3社はオンプレミスハードウェアの提供やサポートを通じてハイブリッドクラウド戦略を推し進めている。今回はAzureとAnthosの製品を紹介する。

[Stephen Pritchard,Computer Weekly]
iStock.com/buchachon

 前編(Computer Weekly日本語版 8月5日号掲載)では、Amazon Web Services(AWS)、Microsoft、Googleの大手クラウドベンダー3社がオンプレミスハードウェアを提供する戦略と3社のアプローチの違い、そしてAWSの製品を紹介した。

 後編では、AzureとAnthosのハードウェア、識者による市場概観を紹介する。

Azure

 Azureは、クラウドとオンプレミスを統合する方法として以下の2つを提供する。

  • Azure Stack
  • Azure Arc

 Azure Stackには、「Azure Stack Edge」「Azure Stack HCI」「Azure Stack Hub」という3つのコンポーネントがある。Azure Stackは、検証済みのAzureハードウェアで実行される。

 Azure Stack Edgeが対象とするのは機械学習やIoTなどのエッジコンピューティングアプリケーションで、エッジからAzureへのデータ転送を提供する。

 Azure Stack HCIはMicrosoftのハイパーコンバージドアーキテクチャで、仮想化されたアプリケーションとそのストレージをサポートする。同社は、Azure Stack HCIをオンプレミスアーキテクチャの最新化用プラットフォームと位置付けている。

 Azure Stack Hubにより、ITチームはAzureツールを使ってオンプレミスでAzureアプリケーションを運用できるようになる。データ主権や規制要件が要求される場合はオンサイトストレージを管理することも可能だ。

 Azure Arcは、Azureの管理ツール(「Azure Resource Manager」)をWindowsサーバ、Linuxサーバ、Kubernetesへと拡張する。Azure Arcはマルチクラウド、オンプレミス、エッジコンピューティングのデプロイをサポートし、企業がデータをローカルに保存しながらAzureツールで管理できるようにする。

 Azure Arcは特定のハードウェアを必要としない。レガシー機器でも検証済みのAzure Stackでも機能する。

Anthos

 AnthosはGCPのハイブリッドクラウドアーキテクチャだ。Kubernetesをベースとし、オンプレミスのハードウェアかGoogleのクラウドインフラでコンテナを運用できるようにする。

 Googleは独自のオンプレミスハードウェアを顧客に提供しない。代わりに、サードパーティー製品を使う。

 ストレージについては、




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
ください(PDFをダウンロードします)。






ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

孫消費急減、女性のLINE利用増――ソニー生命「シニアの生活意識調査2020」
毎年恒例の「シニアの生活意識調査」。2020年のシニアの傾向はどうなっているでしょう。

news137.jpg

米大統領選を巡る「アプリ対決」のゆくえ 「Trump 2020」 vs. 「Vote Joe」と「TikTok」 vs. 「Triller」
米国では2020年月の大統領選挙を前に選挙戦がますます活発化しています。関連するアプリ...

news143.jpg

店舗の滞在時間が減少、「20分未満」が約1.5倍に――凸版印刷とONE COMPATHが5万人買い物調査
電子チラシ「Shufoo!」を利用する全国の男女5万人を対象に実施した買い物に関する意識調...