2021年12月08日 08時00分 公開
特集/連載

「変更不可能なスナップショット」はランサムウェア対策の切り札になるかVAST DataのストレージOSの新機能

ランサムウェアはバックアップデータも暗号化しようとする。だが何らかのデータ(スナップショットなど)が無事であれば復旧は可能だ。

[Antony Adshead,Computer Weekly]

 QLCフラッシュストレージベンダーのVAST DataはストレージOS「VASTOS」をバージョン4にアップデートした。同バージョンで追加されたデータフロー監視は、アプリケーションとユーザーのストレージ操作やパフォーマンスを可視化し、将来の使用パターンを予測することで容量計画を可能にする。

 管理機能も強化されている。VAST Dataのサポートチームが使っているのと同じクラウドベースの管理ポータルにアクセスし、ストレージクラスタを監視できる。バイトレベルでパターンを検索するきめ細かいデータ削除機能もある。

変更不可能なスナップショット

iStock.com/maxkabakov

 より重要な機能は、同バージョンで追加された変更不可能なスナップショットだ。

 この機能により、ランサムウェアに対する重要な保護層が提供される。スナップショットとスナップショットのポリシーは変更できなくなり、誤操作による削除や資格情報の窃取を試みる攻撃者から保護される。

 VASTOSの最新アップグレードには、クラウドプロバイダーを念頭に置いたポリシーベースのデータ分離も含まれている。VAST Dataの顧客は各ストレージプールのパフォーマンスの指定やデータの移行とアクセスの制限が可能だ。この機能はマルチテナントで使われるだろう。

 VAST Dataは、NVMe接続のQLCフラッシュを使うバルクストレージによるアレイを提供する。QLCは比較的安価でシーケンシャルI/Oに最適だが、各フラッシュ世代の中では最も耐久性が低い。耐久性の問題を回避するため、VAST Dataは「3D XPoint」層(QLCフラッシュ675TB当たり18TB)でトラフィックをシーケンシャル化する。

 VAST Dataによると、この構成によって得られる経済性と使用パターンはHDDと階層型ストレージに終わりをもたらすという。同社は「HDD階層が絶滅するレベルの事態」と称している。

 オールNVMeフラッシュ構成にもかかわらず、1GB当たりのコストはHDDに「ほぼ匹敵する」とVAST Dataは主張する。

ITmedia マーケティング新着記事

news084.jpg

2021年の国内動画広告市場は前年比142.3%の成長、コロナ禍の落ち込みから反転――サイバーエージェント調査
インターネットを通して配信される動画広告の年間広告出稿額推計とこれからの市場規模推...

news053.jpg

対Amazon包囲網も? ポストCookieにおけるCriteoの勝算
Criteoが3億8000万ドルでIPONWEBを買収する。サードパーティーCookie廃止はアドテク企業...