2021年07月26日 08時00分 公開
特集/連載

自社に最適なVPNプロバイダーを選ぶための3つの質問VPNの正しい選び方【後編】

各VPNプロバイダーは差別化のために多数の機能やサービスを用意している。だが自社に必要なものであるとは限らない。自社にとって必要なプロバイダーを選ぶにはどうすればいいのか。

[Nicholas Fearn,Computer Weekly]
iStock.com/putilich

 前編(有害なVPNの見分け方――こんなVPNプロバイダーには気を付けろ)では、セキュリティに寄与するどころかむしろ有害なVPNに注意する方法を紹介した。

 後編では引き続き、VPN選定時に確認すべき事項とVPNプロバイダーに問うべき3つの質問を紹介する。

 VPNの購入に当たっては、オンライン調査を実施することが重要だ。こうした調査によってそのプロバイダーの歴史を垣間見ることができる可能性がある。「プロバイダーが過去に事件を起こしているかどうか。近い将来何を目指しているのか。こうした情報は危機に際してプロバイダーがどのように行動するかを物語っている。過去に事件があったこと自体は購入の妨げにはならないとしても、それをどのように処理したかは問題になる」(タガート氏)

 もう一つ確認しておきたい疑問は、VPNが提供する出口ノードの数だ。「各ノードはユーザーの使用場所となるVPNサーバを表す。従って、ユーザーが接続する地域にノードを有するプロバイダーを選択したい。ただし、ノードの数が速度と全体的なパフォーマンスに影響することは考慮する必要がある」

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

「6G」の特許出願レースは中国がリード、日本は追い付けるか?
2020年台後半には実用化が始まるといわれる6Gの技術。日本は世界で存在感を示せるでしょ...

news016.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年9月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。

news018.jpg

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない
FinTechのユニコーンが続々と生まれるアフリカ大陸。砂漠の南が燃えています。