2018年04月03日 08時00分 公開
特集/連載

ニアショアITサービス事業者選定時の注意点CW:デジタル化とIoT製品導入戦略ガイド

デジタルトランスフォーメーションを支える中堅ニアショアITサービス事業者の利用について、メリットとデメリットを検証する。

[Somak Roy,Computer Weekly]

 デジタル化の台頭に伴い、ニアショアITサービス事業者(以下、ニアショアプロバイダー)の強みが特別な重要性を帯びてきた。GlobantやSofttekのような中南米の中堅プロバイダーや、Ciklum、Luxoft、EPAM Systemsといった欧州のプロバイダーは、この分野のサプライヤー独特の成長軌道を描いてきた。

 中堅ニアショアプロバイダーがフォーカスする価値の高いサービスラインは、価格に対する感度の低さ、経験豊富な製品エンジニアリングリソース、顧客の収益源やブランド認知を中心に据えたプログラムを特徴とする。コストや規模では競争しない。

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...