2016年09月02日 08時00分 公開
特集/連載

アウトソーシングしたサービスの管理Computer Weekly製品ガイド

現実的なサービスインテグレーションとマネジメント戦略導入の現実的な検討課題について解説する。

[Barclay Rae,Computer Weekly]

 「SIAM」(Service Integration and Management)はアウトソーシングしたサービスのための新しい概念で、さまざまなサードパーティーの個々の担当や調整を管理する。このフレームワークによって、幅広いプロバイダーのサービスを円滑に運用できる。

Computer Weekly製品導入ガイド無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly製品導入ガイド」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。


 IT部門がITサービスを管理するためによく使うのが、サービス品質保証契約(SLA)だ。だが複数のプロバイダーが絡む場合、サービスの時間や計算方法はまちまちで、さまざまな困難が付きまとっていた。

 SIAMの役割は、そうした複雑な状況を想定して、サービス品質を定義する前にその影響を考慮することにある。その拡張として、全プロバイダーに対して成功した場合の金銭的インセンティブや、サービスに障害が起きた場合のペナルティを適用することにも利用できる。

サービスの連結

 こうした仕組みはサプライヤーを横断する真のコラボレーションを促進する上で欠かせない。つまりSIAMは、IT組織が連結させたサービスを会社に提供するための実質的な手段となる可能性を秘めている。

 SIAMはさまざまなモデルで提供できる。だが、サプライヤーの数を問わず、ITデリバリーとバリューチェーンを単一の組織が管理するという基本的な概念は共通する。現在に至るまで、これは主に英国政府が主導してきたが、同じアイデアはサービスインテグレーション(SI)のような他の分野でも言及されている。

 要約すると、SIAMは多数のサプライヤーに対するマネジメントとコントロールのレイヤーであり、利用できるモデルは主に以下の4種類がある。

ITmedia マーケティング新着記事

news140.jpg

ゴールデンウイークの消費「かなり減った」が過半数――モニタス調査
2020年のゴールデンウイークにおける消費の実態調査です。

news118.jpg

コロナ禍で変わる広報活動、最も伸びた利用ツールは「Zoom」――本田事務所とベクトルが調査
8割の広報人材が新型コロナで「広報活動に影響が出た」と回答。「広報は変わる」と考える...