2013年10月04日 08時00分 公開
特集/連載

市場調査:ITのアウトソース化で揺らぐ企業内IT担当者の存在価値変化する業界構造

Uptime Instituteの年次調査から、企業のIT投資動向に変化が見られた。自社データセンターからクラウドやコロケーションなどアウトソースへのシフトは企業に何をもたらすのか?

[Archana Venkatraman,Computer Weekly]
Computer Weekly

 米Uptime Instituteが毎年実施しているデータセンター業界動向調査から、IT投資先が自社所有のデータセンターから、SaaS(software as a service)、クラウドコンピューティング、マルチテナントのコロケーション、ホールセール(卸売り)型データセンターサービスなど、アウトソースを活用する方向へシフトしていることが分かった。

Computer Weekly日本語版 2013年9月25日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 2013年9月25日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。


 3回目となるこの年次調査によると、2013年春までのデータセンター関連投資は世界全体で増え、データセンター担当組織に割り当てられた予算は2011年の27%、2012年の32%から36%に伸びた。

 しかし、予算が増えたのは主にサードパーティーのサービスだ。約63%がサードパーティーのデータセンター予算を前年から大幅に引き上げているが、企業内データセンターに対して大幅に予算を増額したのは25%にとどまっている。

 実際、2011年以来、予算が削減される企業内データセンターは増える傾向にあり、2013年は回答者全体の21%に跳ね上がった。

 Uptime Instituteのコンテンツおよびパブリケーション担当ディレクター、マット・スタンズベリー氏はこのデータから、サードパーティーのデータセンターサービスプロバイダーの成長が、企業の社内ITを犠牲にして成り立っていることがうかがえると話す。これは企業内データセンターの終わりを示すものではないが、警鐘と受け止められるべきだとスタンズベリー氏は言う。

 Uptimeによると、企業内データセンターを運営しているのは、銀行、メーカー、医薬、小売、教育、行政などの業界だという。2011年11月に実施したUptimeの調査では、企業の85%は既存の社内ITインフラを補完する目的でしか、サードパーティーのサービスを使用していなかった。しかし現在は、サードパーティーのプロバイダーではなく、企業内のIT担当者が存在価値をアピールしなければならなくなっている。

 「企業内データセンターの管理者は、コストとパフォーマンスのデータを集めて業務部門に自分たちの価値をアピールし、サードパーティーのサービスに対抗していく必要があるだろう」(スタンズベリー氏)

 概して企業内データセンターの管理者は、定期的にリポートを提出する習慣がない。だが、サードパーティープロバイダーは、頻繁にコストおよびパフォーマンスリポートをCIOに提出する。この点が、サードパーティーサービスの効率の良さと併せて、現在の投資動向の変化の要因になっている可能性がある。

天井を打ったデータセンターの省エネ化

続きはComputer Weekly日本語版 2013年9月25日号にて

本記事は抄訳版です。全文は、以下でダウンロード(無料)できます。


ITmedia マーケティング新着記事

news212.jpg

面白い広告は記憶に残るが、ユーモアを活用できている企業は少ない――Oracle調査
ユーモアを取り入れたブランドは支持され、ロイヤルティーが高まり、顧客は再び購入した...

news054.jpg

マクドナルドvsバーガーキング ネット戦略がウマいのはどっち?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news118.jpg

マーケターなら知っておきたい「Googleが次に可能にすること」 Google I/O 2022で発表の新機能まとめ
「検索」「地図」「ショッピング」他、Googleが年次開発者会議「Google I/O 2022」で紹介...