2022年01月04日 08時00分 公開
特集/連載

2022年に企業が投資を検討している納得&意外なIT分野とは?2022年IT優先度調査

前年に比べてIT予算を増額した企業が増えている。彼らは2022年、何に投資しようと考えているのか。順当なIT分野が挙がる一方で、新しい動きを表す意外なものが浮上した。

[Aaron Tan,Computer Weekly]

 英Computer Weeklyと米TechTargetが実施した2022年のIT優先度調査(アジア太平洋地域の1000人以上を対象)によると、ほぼ半数が重要度を上げたものとしてセキュリティとリスク管理を挙げ、クラウド(42%)が続いた。デジタルワークスペースとモビリティー(39%)およびIT自動化も優先度が高い項目としてリストアップされた。

 企業の約3分の2がIT予算を増やしている。ITコストの削減を計画しているのはわずか6%にすぎない。2021年にITコストの増額を検討していた企業が15%だったから大幅な増加になる。

その投資先は?

iStock.com/Galeanu Mihai

 大企業の多くはコロナ禍後の備えとして「Future of Work」イニシアチブを推進している。このイニシアチブでは、生産性とコラボレーションのソフトウェアだけでなくビジネスアジリティーを向上させるツールやクラウドにも投資している。

 従業員1万人以上の企業の40%はFuture of Workに積極的に投資している。それより小規模な企業で同様の投資を行っているのは15%にすぎない。その原因は、デジタルスキルの不足と高額な投資コストにある。

 新たな投資を下支えしているのはクラウドだ。例外的だったクラウドファーストは、現在では回答企業の半数近くがそれを戦略の既定路線にしている。つまりDevOps、モノのインターネット、クラウドストレージ、カスタマーエクスペリエンス、事業継続性などに投資している。

 クラウド関連では特にクラウドストレージへの投資が群を抜いている。調査に回答した企業の半数以上がクラウドデータ管理ツールや保護ツールと併せて、ストレージのクラウド移行を計画していた。

 投資はパブリッククラウドに限定されない。銀行から中堅小売業まで、多くの企業がオンプレミスのプライベートクラウドを運用している。これは2022年に44%がハイブリッドクラウド管理ツールへの投資を視野に入れている理由を示している。これにはIT自動化ツール、オーケストレーションツール、「AWS Outposts」「Azure Stack Hub」などのハイブリッドクラウドサービスなどが含まれる。

 クラウドネイティブアプリケーションの構築も増えている。2022年は10社中約4社がCI/CD(継続的インテグレーション/継続的デリバリー)と併せてマイクロサービスやコンテナへの投資の増額を予定している。

 パッケージアプリケーション、特にERPなどへの投資がなくなることはない。2022年は新ビジネスと顧客フルフィルメントモデルの模索に伴い、CRMやEコマースへの投資拡大が見込まれるのは驚くことではない。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

2021年の炎上発生件数は1766件、前年対比24.8%増――「デジタル・クライシス白書2022」
2021年のデジタル・クライシス(ソーシャルメディアを中心としたネット上で発生した危機...

news029.jpg

若者のインスタ離れを食い止めるためにMetaが下した「古参ユーザー切り捨て」の決断
Metaの若者文化への主要な接点であるInstagramは現在、反撃を目指している。メタバースへ...

news129.jpg

2022年のEC売り上げ、6割が「伸びる」と予測――フューチャーショップ調査
コロナ禍でも拡大し続けるEC、ポイントは口コミSNSの活用にありそうです。