2015年04月03日 08時00分 UPDATE
特集/連載

読者調査で分かった企業の関心事項2015年は何に投資する? 仮想サーババックアップに代わるIT分野とは

TechTargetが実施した「2015年のIT投資の優先度」調査の結果、仮想サーババックアップの優先度が減少していることが分かった。では、企業が次に投資を検討しているのは何か?

[Antony Adshead,Computer Weekly]
Computer Weekly

 英国企業のIT部門は、仮想サーババックアップの話題になると、「もう導入済み」と答えることが増えている。一方、ディザスタリカバリ、クラウドストレージ、SSDストレージの導入数も急速に増え続けている。

Computer Weekly日本語版 4月1日号無料ダウンロード

16452.gif

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 4月1日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。


 この傾向は、TechTargetが実施した2015年版IT優先度アンケートにおいて、「予定している2015年のIT投資の優先度」について英国内111人のIT専門家に質問した結果明らかになった。

 2015年、仮想サーババックアップの優先度が高いと答えた回答者は28%。これは2014年の調査の36%、2013年読者アンケートの41.5%から減少したことになる。

 サーバ仮想化により1つの物理デバイスで実行される多数の仮想サーバに対処するため、組織は従来のバックアップシステムを見直すことを余儀なくされてきた。この調査から、仮想サーババックアップへの対処を終えた組織が増えていることが分かる。これとほぼ同じ割合(26%)の回答者が仮想環境用ストレージを2015年の重要プロジェクトに挙げている。

 だが、調査ではストレージとバックアップに関わる幾つかの項目の優先度はここ数年変わらず、同様に重要視されていることも明らかになった。

ディザスタリカバリへの関心が高まる

 一例として、ディザスタリカバリは回答者の45%が重要プロジェクトに挙げている。

ITmedia マーケティング新着記事

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...

news118.jpg

「スーパーアプリ」の台頭がアジアのモバイルファイナンス成長を後押し――AdjustとApp Annieが共同調査
AdjustはApp Annieと共同で「モバイルファイナンスレポート2019」を発表しました。