2020年08月06日 08時00分 公開
特集/連載

MicrosoftとAlibaba Cloudが立ち上げた「Open Application Model」とはアプリとインフラを分離

MicrosoftとAlibaba Cloudが提携し、「Open Application Model」(OAM)を立ち上げた。OAMとは何か。OAMによって何が実現するのか。

[Adrian Bridgwater,Computer Weekly]
iStock.com/ktsimage

 2019年10月、MicrosoftとAlibaba Cloudが提携して「Open Application Model」(OAM)を立ち上げた。

 Microsoftでプリンシパルプログラムマネジャーを務めるバーツラフ・トゥレチェク氏は本誌のインタビューに答え、OAMは現在v1Alpha2に到達していると話した。

 OAM仕様が目指すのは、特定のプラットフォームに一切依存しないアプリケーションを宣言によってモデル化する標準方法の提供と、OAM仕様を実装する各プラットフォームが独自の特性や機能を発揮できるようにすることだ。

 MicrosoftとAlibaba Cloudは、OAM仕様を実装するためにUpboundが運営する「Crossplane」プロジェクトにも参加する。

 Crossplaneは、Kubernetes APIを使ってクラウドインフラ、サービス、アプリケーションのプロビジョニングと管理を可能にするオープンソースプロジェクトだ。Crossplaneのガバナンス委員会は、このプロジェクトの成長を促し続けるためにこのプロジェクトをCNCF(Cloud Native Computing Foundation)に寄贈するプロセスを開始している。

 トゥレチェク氏によると、OAMの根本を成すのは拡張可能なモデルを提供することだという。このモデルにより、機能を最小公倍数のセットに縮小することなくどのプラットフォームでも一貫してアプリケーションをモデル化できるようになる。

OAMの核となる3つの要素

 OAMアプリケーションは、「コンポーネント」「特性」「スコープ」という3つの基本要素で構成される。

  • コンポーネント:開発者が運用を目指すワークロード
  • 特性:各コンポーネントの運用上の動作
  • スコープ:運用上の共通動作を軸にコンポーネントをグループ化する方法。つまりアプリケーションをビルドする方法

 この3つの要素をシンプルな構成ファイルにまとめ、アプリケーション全体またはアプリケーションのパーツを定義する。

 「OAMの設計の鍵となるのは、




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
ください(PDFをダウンロードします)。






ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。

news045.jpg

「ファッションテック」から「3密回避」まで データによる価値創造と課題解決の考え方
気象データを活用してファッションコーデを提案するサービスをデジタルエージェンシーの...