2019年07月24日 08時00分 公開
特集/連載

マイクロサービスはセキュリティの複雑性を増大させるマイクロサービスに警鐘

アナリストは、マイクロサービスの利点ばかりが注目され、内在するリスクが軽視されていると警鐘を鳴らす。マイクロサービスによって生じる複雑性とは何か。

[Warwick Ashford,Computer Weekly]

 企業はこぞってマイクロサービスという時流に乗ろうとしている。だが、その理由にセキュリティを挙げている企業はない。こう警鐘を鳴らすのは、KuppingerCole Analystsで主席アナリストを務めるアレクシ・バラガンスキ氏だ。

 同氏は英Computer Weeklyに次のように話している。「企業がマイクロサービスを取り入れる目的は、アジリティーへの対応、市場投入までの時間短縮、クラウドへの導入と拡張の容易さなどにある。こうした目的ももちろん重要だ。だがセキュリティについては全く考えられていない」

 バラガンスキ氏によると、新しいビジネス機能や収益性を目的にアプリケーションを開発すると、セキュリティが二の次になるか、セキュリティチームが開発チームや運用チームとは切り離された状態で仕事を進めることになるという。

 「恐らく、こうしたチームの孤立状態が最も大きな問題になる。DevSecOpsは、セキュリティチームと製造チームが連携し、対立しないで業務を進めることを目指す考え方だ。こうした点からもチームの孤立状態は課題になる。そのため、重要なのはDevSecOpsという方法論を検討することだ」(バラガンスキ氏)

 問題は、DevSecOpsを実践している企業がごくわずかしかないことにある。新しいアプリケーションを可能な限り迅速に運用環境にリリースすることを重視し、セキュリティの問題には後から対処できると考えている企業はまだ多いと同氏は指摘する。

 問題の中心には、マイクロサービスの設計方法が一つではないことがある。




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
会員登録あるいはログインしてください。






ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...

news152.jpg

「SFKETO」メンバーが語るMAとSFA連携 レベニュー組織の成果を最大化させるために必要なこととは?
「Marketo Engage」とSalesforceの両方を使う人々が集うコミュニティー「SFKETO(セフケ...

news141.jpg

「営業電話が世界で激減」「チャット利用急増」など コロナ禍のB2Bマーケ&営業の現状――HubSpot調べ
問い合わせに使われるチャネルの変化や案件の成約数など、HubSpotの顧客データで読むコロ...