2019年10月08日 05時00分 公開
特集/連載

ゲーム配信の遅延に悩んだ企業が「エッジコンピューティング」を採用した理由「エッジコンピューティング」事例集【後編】

ネットワーク事業者のNetwork Nextが目指したのは、インターネットを介したゲームの遅延をなくし、全プレイヤーがリアルタイムで同じ体験をできるようにすることだった。どのように実現したのか。

[Linda Rosencrance,TechTarget]
画像

 ゲーム開発者とネットワークの専門家が2017年に創立したネットワーク事業者、Network Nextには一つの目標がある。それはインターネットを介して提供するオンラインゲームの接続環境をより良くすることだ。これを実現するには、ネットワークの遅延との闘いが鍵になる。わずか5ミリ秒の遅れがゲームの勝敗を左右する可能性があるからだ。

 インターネットの接続環境はゲームにとって最適な環境とは言えない。インターネットは、静的コンテンツやストリーミングコンテンツ向けに作られている。オンラインで複数のプレイヤーが同時に参加する「マルチプレイヤーゲーム」のようなリアルタイム性が求められるアプリケーション向けには作られていない。Network NextのCEO(最高経営責任者)を務めるグレン・フィードラー氏はその点を強調する。

エッジコンピューティングでマルチプレイヤー体験を実現

ITmedia マーケティング新着記事

news100.jpg

リモートワークや時差出勤の導入状況を企業IPアドレスへの接続状況で読む――インティメート・マージャー調査
ゴールデンウイーク明けは全国的に企業IPアクセス数の割合が増えています。ということは...

news133.jpg

IoT環境における「モノと人との会話」 男女で傾向の違いあり――博報堂DYメディアパートナーズがVRで調査
モノに話しかけられると、女性は会話を楽しみ、男性はイライラすることがあるようです。

news104.jpg

新型コロナが加速するオンライン商談、過半数の企業が導入――ベルフェイス調査
訪問しない「オンライン商談」の導入がコロナ禍で急増しているようです。