2019年10月08日 05時00分 公開
特集/連載

ゲーム配信の遅延に悩んだ企業が「エッジコンピューティング」を採用した理由「エッジコンピューティング」事例集【後編】

ネットワーク事業者のNetwork Nextが目指したのは、インターネットを介したゲームの遅延をなくし、全プレイヤーがリアルタイムで同じ体験をできるようにすることだった。どのように実現したのか。

[Linda Rosencrance,TechTarget]
画像

 ゲーム開発者とネットワークの専門家が2017年に創立したネットワーク事業者、Network Nextには一つの目標がある。それはインターネットを介して提供するオンラインゲームの接続環境をより良くすることだ。これを実現するには、ネットワークの遅延との闘いが鍵になる。わずか5ミリ秒の遅れがゲームの勝敗を左右する可能性があるからだ。

 インターネットの接続環境はゲームにとって最適な環境とは言えない。インターネットは、静的コンテンツやストリーミングコンテンツ向けに作られている。オンラインで複数のプレイヤーが同時に参加する「マルチプレイヤーゲーム」のようなリアルタイム性が求められるアプリケーション向けには作られていない。Network NextのCEO(最高経営責任者)を務めるグレン・フィードラー氏はその点を強調する。

エッジコンピューティングでマルチプレイヤー体験を実現

ITmedia マーケティング新着記事

news046.jpg

Ziplocの「下味冷凍」プロジェクトに学ぶ“ピンチをチャンスに変える”マーケティング
コロナ禍で大きく変わった生活者の動向とメディアニーズ。変化に対して俊敏に対応した成...

クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるため...

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。