2019年10月08日 05時00分 公開
特集/連載

「エッジコンピューティング」事例集【後編】ゲーム配信の遅延に悩んだ企業が「エッジコンピューティング」を採用した理由

ネットワーク事業者のNetwork Nextが目指したのは、インターネットを介したゲームの遅延をなくし、全プレイヤーがリアルタイムで同じ体験をできるようにすることだった。どのように実現したのか。

[Linda Rosencrance,TechTarget]
画像

 ゲーム開発者とネットワークの専門家が2017年に創立したネットワーク事業者、Network Nextには一つの目標がある。それはインターネットを介して提供するオンラインゲームの接続環境をより良くすることだ。これを実現するには、ネットワークの遅延との闘いが鍵になる。わずか5ミリ秒の遅れがゲームの勝敗を左右する可能性があるからだ。

 インターネットの接続環境はゲームにとって最適な環境とは言えない。インターネットは、静的コンテンツやストリーミングコンテンツ向けに作られている。オンラインで複数のプレイヤーが同時に参加する「マルチプレイヤーゲーム」のようなリアルタイム性が求められるアプリケーション向けには作られていない。Network NextのCEO(最高経営責任者)を務めるグレン・フィードラー氏はその点を強調する。

エッジコンピューティングでマルチプレイヤー体験を実現

ITmedia マーケティング新着記事

news110.jpg

マーケティングと営業の連携、施策投下数を最優先させた「失敗体験の蓄積」という考え方――Chatwork
日本最大級のビジネスチャット「Chatwork」を提供するChatworkのMAツール活用について聞...

news143.jpg

Accenture調査から見えた2020年の5つのテクノロジートレンド
「テック・クラッシュ」を乗り切るにはどうすればいいのか。AccentureのCEOおよびCTOの記...