2018年12月04日 05時00分 公開
特集/連載

オープンソースの活用も有効機械学習プラットフォームをどう選ぶ? 検討したい技術要素を説明 (1/2)

機械学習プラットフォームを比較する際は、利用できるデータソース、使いやすさ、自動化の機能など、複数の要素を検討する必要がある。

[Bob Violino,TechTarget]
画像

 焦って行動し、判断を誤れば大きな損失につながる危険がある。機械学習や人工知能の利点を活用したいと考えている企業は、本稿によるアドバイスに耳を傾け、そうした分野への投資を慎重に検討するのが賢明だろう。

 機械学習プラットフォームを比較する際、あらゆる点を検討しなければならない。導入担当者は決断の前に、できるだけ多くの要素を調査するとよい。

 機械学習プラットフォームの導入を検討している企業がまず考えた方がよい点は、機械学習プラットフォームで利用するデータの種類とデータ管理の機能だ。機械学習プラットフォームが顧客のオンプレミスシステム、プライベートクラウド、パブリッククラウド、あるいはそれらが混在した環境で利用可能かどうかも調査する必要がある。また検討している機械学習プラットフォームが、自社のビッグデータ戦略に活用できるか、そしてテキスト、画像、位置情報システムなど、さまざまなソースから収集したデータを駆使し、必要な機械学習モデルを構築できそうか、という点を検討する必要がある。

データ準備、視覚化の機能

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news038.jpg

PR業界の最新潮流、インフルエンサー活用が進む――日本パブリックリレーションズ協会調べ
日本パブリックリレーションズ協会の推計によると、2018年度におけるPR業の売上高は1290...

news117.jpg

Criteoがモバイルアプリ広告事業を強化、新規獲得と既存顧客活性化のためにできること
インストール、リエンゲージメント、ダイナミックリターゲティングで、Criteoが企業のモ...

news032.jpg

日本の消費者はサブスクリプションにどれだけ前向きか――Zuora調べ
Zuoraが実施した世界のサブスクリプションビジネスの実態調査です。