機械学習を使いやすくするAWSとGoogleのクラウドサービス、その利点は「Amazon SageMaker」「Cloud AutoML」を解説

機械学習はデータサイエンスのスキルを必要とする複雑なテクノロジーだ。Amazon、グーグルなどのクラウドプロバイダーはAIをもっと使いやすいものにすることを目指しているが、まだ改善の余地もある。

2018年10月10日 05時00分 公開
[David LinthicumTechTarget]
photo

 パブリッククラウドプロバイダーは、AIと機械学習のためのサービスを市場に投入し続けている。こうしたクラウドプロバイダーによると、極めて経験の少ない開発者でもそのテクノロジーを利用できるようにするためだという。こうしたサービスは機械学習アプリを作成するための学習時間を短縮する一方で、まだ成長の余地もある。

 Amazon Web Services(AWS)の「Amazon SageMaker」とGoogleの「Cloud AutoML」の2つも、ベンダーが多数のAI専門家やデータサイエンティストを用意しなくても使用できると主張する機械学習サービスだ。

 Cloud AutoMLはグラフィカルインタフェースを備え、オブジェクト認識モデルや画像検出モデルをユーザーが簡単にトレーニングできる。このサービスは、機械学習システムを立ち上げて稼働させるのに必要とされていた、従来の多くの要件を取り除く。具体的にはデータの手動セットアップ、モデルトレーニングプロセス、アプリケーションへの導入などが不要になる。Googleの「Cloud AutoML Natural Language」を介して、フロントエンドで自然言語処理を使用する機能も提供される。

クラウドプロバイダーが認識する人材格差

 Amazon SageMakerは、AWSクラウドプラットフォームへの導入に加えて、学習モデルとその関連データの開発速度を上げるもう1つのMachine Learning as a Service(MLaaS)ツールだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「インクルーシブマーケティング」実践のポイントは? ネオマーケティングが支援サービスを提供
ネオマーケティングは、インクルーシブマーケティングの実践に向けたサービスを開始した...

news135.jpg

Xが新規アカウントに課金するとユーザーはどれほど影響を受ける? そしてそれは本当にbot対策になるのか?
Xが新規利用者を対象に、課金制を導入する方針を表明した。botの排除が目的だというが、...

news095.jpg

Googleの次世代AIモデル「Gemini 1.5」を統合 コカ・コーラやロレアルにも信頼される「WPP Open」とは?
世界最大級の広告会社であるWPPはGoogle Cloudと協業を開始した。キャンペーンの最適化、...