2018年11月28日 05時00分 公開
特集/連載

機械学習のベテラン企業はAIモデルをどう運用しているのか機械学習に従来のソフトウェア開発手法は通用しない?

企業の機械学習の利用は発展途上だ。O'Reilly Mediaの調査から判明した、企業での人工知能(AI)モデルの利用状況と、AIモデルの性能を評価する際に使われ始めた新しい指標とは。

[Nicole Laskowski,TechTarget]
photo

 O'Reilly Mediaの最新調査「The State of Machine Learning Adoption in the Enterprise(企業における機械学習導入の実態)」は、企業の機械学習が成熟の途上にあることを示唆している。

 この調査レポートは、O'Reillyの主任データサイエンティストを務めるベン・ロリカ氏と、データサイエンスと機械学習の専門家であるパコ・ネイサン氏が共同で執筆した。機械学習をはじめとした人工知能(AI)技術の企業の利用方法、企業全体での利用に向けた進み具合など、ビジネスへの導入に関する基本的な調査の結果を掲載している。

 O'Reillyの調査は、1万1400人を超える企業の意思決定者、データサイエンティスト、データエンジニア、アナリストが対象だ。この調査によって「ベテラン企業」(実運用環境で5年以上機械学習やAIモデルを使っている企業)は、機械学習を専門資格や独自のプロセスが必要な個別の分野として扱っていることが分かった。こうした企業は、AIモデルが自身の意思決定の過程を説明する能力、意思決定の透明性や公平性、バイアスの各指標をAIモデルの評価プロセスに含めることで、パフォーマンスを総合的に検討している。

ソフトウェアエンジニアリングを超えて

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...