垂直農法の企業は「エッジコンピューティング」で植物栽培をどう改善したのか「エッジコンピューティング」事例集【中編】

AeroFarmsはエッジコンピューティングを園芸に取り入れることで、室内環境を細かに監視し、植物栽培の生産性を飛躍的に高めた。どう実現したのか。

2019年10月02日 05時00分 公開
[Linda RosencranceTechTarget]
画像 垂直農法にエッジコンピューティングを取り入れたAeroFarmsの農場

 「垂直農法」を営むJust Greens(以下、AeroFarms)は、“人類に役立つ植物栽培”を使命に、自然資源の保護にも配慮して事業を展開している。垂直農法とは、植物や農産物を垂直に何層にも積み上げて栽培する手法だ。園芸にデータサイエンスを組み合わせ、一般的に室内で栽培する。

 2004年創立のAeroFarmsは、室内環境を厳しく管理し、通常の園芸で必要とする太陽光、土壌、農薬を用いることなく、茎の短い葉菜類やハーブを栽培している。同社の栽培方法は屋外で実施する従来型の農法よりも生産性が約390倍高く、水の消費量は約95%少ない。同社の共同創設者兼CMO(最高マーケティング責任者)を務めるマーク・オーシマ氏は「例えば、一般的に屋外ではベビーリーフが育つまでに30〜45日かかる。だが、当社はこれを12〜14日で育てている」と説明する。

植物の生育状態をセンサーで監視

ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...