2019年09月25日 05時00分 公開
特集/連載

変圧器製造のダイヘンが「エッジコンピューティング」導入 年1800時間を削減「エッジコンピューティング」事例集【前編】

「エッジコンピューティング」は企業にどのようなメリットをもたらすのだろうか。変圧器メーカーのダイヘンが工場にエッジコンピューティングを導入した事例から探る。

[Linda Rosencrance,TechTarget]
画像

 「エッジコンピューティング」は、データが発生する場所の近くでデータ処理をする。「エッジ」は、ユーザー側のネットワークの終端であり、データを生み出すさまざまなデバイスが稼働している。

 機械学習などの人工知能(AI)技術やモノのインターネット(IoT)技術と掛け合わせることで、エッジコンピューティングはビジネスモデルを一変させる可能性を秘めている。具体的には、次のようなメリットを企業にもたらす。

  • データ分析速度の向上
  • ビジネスプロセスの改善
  • データ伝送における遅延の低減

 調査会社Gartnerの予測によると、オンプレミスまたはクラウドの中央集約型のデータセンターではなく、エッジで処理されるデータは、現在の約10%から2025年に約75%まで拡大する。

 どのような場面で、どのような理由でエッジコンピューティングが必要になるのだろうか。まずは日系企業であるダイヘンが工場でエッジコンピューティングを導入した事例を紹介する。

ダイヘンが工場に導入したエッジコンピューティングとは

ITmedia マーケティング新着記事

news212.jpg

面白い広告は記憶に残るが、ユーモアを活用できている企業は少ない――Oracle調査
ユーモアを取り入れたブランドは支持され、ロイヤルティーが高まり、顧客は再び購入した...

news054.jpg

マクドナルドvsバーガーキング ネット戦略がウマいのはどっち?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news118.jpg

マーケターなら知っておきたい「Googleが次に可能にすること」 Google I/O 2022で発表の新機能まとめ
「検索」「地図」「ショッピング」他、Googleが年次開発者会議「Google I/O 2022」で紹介...