2019年09月03日 05時00分 公開
特集/連載

VMware、Citrix、Microsoft製品に代わる「代替VDI」3製品を比較【中編】Raspberry Piでも利用可能 仮想アプリの操作感にこだわった「Parallels RAS」

比較的安価に利用できる代替VDI製品の中でも、「Parallels Remote Application Server」は仮想アプリケーションの操作感と、ハイパーバイザーやクライアントデバイスの選択肢に力を入れている。

[Robert Sheldon,TechTarget]
画像

 「仮想デスクトップインフラ」(VDI)ベンダーといえばVMwareやCitrix Systems、Microsoftを思い浮かべる人は少なくないだろう。これら大手以外のベンダーも、VDI製品を提供している。こうしたVDI製品を、本連載では「代替VDI製品」と呼ぶ。代替VDI製品は、大手VDI製品と比べて機能が限定される傾向にある一方で、比較的安価に利用できるメリットがある。

 中編に当たる本記事は、FLEXIBLE SOFTWARE SOLUTIONSの「flexVDI」を紹介した前編「機能を絞ってVDI運用のコストを軽減する『flexVDI』」に引き続き、代替VDI製品の一つであるParallelsの「Parallels Remote Application Server」(Parallels RAS)について詳しく説明する。

Parallels Remote Application Server

 Parallels RASは近年急激に人気が高まり、VDI市場で重要な代替VDI製品になっている。他の代替VDI製品と比べて際立つ特徴の一つに、仮想マシンを稼働させるためのハイパーバイザーの選択肢が豊富なことがある。以下が選択可能なハイパーバイザーの一例だ。

  • Microsoftの「Hyper-V」
  • VMwareの「VMware ESXi」
  • Nutanixの「AHV」
  • Citrixの「Citrix Hypervisor」
  • Linuxカーネルに標準搭載されている「KVM」(Kernel-based Virtual Machine)

 これらのハイパーバイザーは、複数種類を組み合わせて運用できる。さらにVDIに加えて、サーバOS「Windows Server」のマルチユーザー機能を使ったリモートデスクトップ、仮想アプリケーションの配信といった機能も提供する。

対象となるデバイスとOS

 多様なクライアントOSで利用できることも、Parallels RASの特徴だ。「Windows」「macOS」「Linux」「iOS」「Android」「Chrome OS」がその例だ。超小型コンピュータの「Raspberry Pi」でも利用できる。

主要な機能

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

「スマホ決済」が増加傾向――マイボイスコムがスマートフォンの利用動向調査
生活者1万人にスマートフォンの利用状況を聞いています。

news068.jpg

SaaS化が加速するコンタクトセンター/コンタクトセンターの現在―矢野経済研究所調べ
国内のコールセンターサービス市場およびコンタクトセンターソリューション市場について...

news045.jpg

ラグビーワールドカップ2019日本大会、日本代表戦5試合の視聴人数は8700万超え――ビデオリサーチ調査
ビデオリサーチが「テレビ視聴率調査」から全国の視聴人数を推計しました。