Chromeユーザーが「Microsoft Edge」に乗り換える簡単な方法「Microsoft Edge」は魅力的なのか【後編】

Google系の技術を活用した改善が、普及の起爆剤になったWebブラウザ「Microsoft Edge」。その利用に当たって知っておきたいOSの条件と、「Chrome」からの移行方法を紹介する。

2023年03月29日 05時00分 公開
[Gary OlsenTechTarget]

 Microsoftは2020年に、Googleが開発を主導するオープンソースソフトウェア(OSS)のWebブラウザ「Chromium」の技術をベースにWebブラウザ「Microsoft Edge」(以下、Edge)を再構築し、魅力度を高めた。Edgeを利用するに当たって、知っておくべきこととは何か。

「Chrome」から乗り換える簡単な方法はこれだ

 Microsoftは2021年4月、EdgeをOS「Windows」インストール時の「既定のアプリケーション」として設定した。システム管理者は追加の操作なしで、OSを更新すれば企業内の各デバイスにEdgeをインストールできる。

 古いバージョンのWindowsを使用している企業は、「Windows 7」「Windows 8」「Windows 8.1」向けEdgeをインストールすることが可能だ。手動でインストールする場合、インポート元のWebブラウザにGoogleのWebブラウザ「Chrome」を指定すれば、Chromeが保管するブックマークやパスワードなどのデータをインポートできる。Edgeの「設定」「プロファイル」「同期」の順に選択すると、複数デバイスでEdgeの同期を細かく制御することが可能だ。

 MicrosoftがChromiumの技術でレンダリング(描画)エンジンを改善したことをきっかけにして、Edgeは世界中に広がった。Edgeはさまざまな便利機能を備える他、さまざまな主要OSで動作する。そのため企業にとって魅力的なWebブラウザの一つになったと言える。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...