「Microsoft Edge」が企業に嫌われ、そして人気ブラウザになった理由「Microsoft Edge」は魅力的なのか【中編】

Webブラウザ「Microsoft Edge」は、以前は“ある理由”から企業に敬遠されてきた。Microsoftが改善に注力したことで、Edgeは企業からの支持を得始めている。背景にある変化とは。

2023年03月22日 05時00分 公開
[Gary OlsenTechTarget]

 2015年にMicrosoftが発表したWebブラウザ「Microsoft Edge」(以下、Edge)は、2020年のリニューアルを経て、本格普及期に入った。特にこれまで利用が進まなかった企業からの支持を得始めている。企業にとってEdgeを使うメリットとは何か。

企業が「Edge」を嫌い、そして見直した理由

 Microsoftは2020年1月に、「Chromium」の技術をベースに構築したEdgeの新バージョンを発表した。Chromiumは、Googleが開発を主導するオープンソースソフトウェア(OSS)のWebブラウザだ。以前の“レガシー版”Edgeは、MicrosoftのOS「Windows」でしか利用できなかった。そのためWindowsに加えて「Linux」「iOS」「Android」といった、複数のOSのデバイスが混在する企業では普及しにくかった。

 新しくなったEdgeは、Chromiumベースのレンダリング(描画)エンジンを使う他、さまざまなOSで動作するようになっている。これがEdgeの競争力を高めたと考えられる。例えばEdgeは、複数のデバイス間でWebブラウザのデータを同期できる。GoogleのWebブラウザ「Chrome」向け拡張機能をEdgeで動作させることも可能だ。

 Chromeと同様に、Edgeは複数のWebページをグループごとにまとめられる機能がある。人工知能(AI)技術を使って文章のスペルチェックや文法チェックができる機能も備える。


 後編は、Edgeを使うためのシステム要件を取り上げる。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news136.png

ジェンダーレス消費の実態 男性向けメイクアップ需要が伸長
男性の間で美容に関する意識が高まりを見せています。カタリナ マーケティング ジャパン...

news098.jpg

イーロン・マスク氏がユーザーに問いかけた「Vine復活」は良いアイデアか?
イーロン・マスク氏は自身のXアカウントで、ショート動画サービス「Vine」を復活させるべ...

news048.jpg

ドコモとサイバーエージェントの共同出資会社がCookie非依存のターゲティング広告配信手法を開発
Prism Partnerは、NTTドコモが提供するファーストパーティデータの活用により、ドコモオ...