「HDDに未来はない」を覆す“衝撃の進化”とはストレージ市場に予想外の展開【後編】

SSDの容量増大によって、“HDDの地位”が脅かされているという見方が広がっていた。そうした中、HDDベンダーによる発表がHDDに新たな希望をもたらすことになった。HDDはどう変わるのか。

2024年05月12日 08時00分 公開
[Simon RobinsonTechTarget]

 「HDD」は依然としてデータセンターで広く使われているが、容量増加の進化の点では「SSD」の勢いに押されていた。そうした中、2024年に入ってからのHDDベンダーによる発表が、HDDへの新たな期待をもたらすことになった。その進化は企業のデータ保管コストや、データ活用にも影響する可能性のあるものだ。HDDはどう変わるのか。

ストレージに大きな進歩をもたらす「HDDの進化」とは

 HDDベンダーSeagate Technology(以下、Seagate)は、HDDの記録密度向上につながる技術群「Mozaic 3+」を2024年1月に発表した。この技術を使うことで、テラバイト(TB)当たりのコストと、TB当たりの消費電力量の両方を削減できるとSegateは説明する。これは特に、大量のHDDを使用する企業や、消費電力量の削減を含めて厳格なサステナビリティ(持続可能性)の目標を持つ企業にとっての利点になる。

 SeagateはMozaic 3+によって、プラッタ(データを記録する磁気ディスク)1枚当たり3TBを実現し、プラッタ10枚を搭載するHDD1台で30TBの容量を実現した。これを実現した技術群の一つに、「HAMR」(Heat Assisted Magnetic Recording:熱アシスト磁気記録)がある。HAMRによって、よりデータを微細に記録することで、プラッタ1枚に保存可能なbit数を増やすことが可能になった。

 Mozaic 3+は先進的な技術であり、その技術の仕組み自体が注目に値するものだ。一方でユーザー企業の視点からすれば、Mozaic 3+の技術がストレージの利用に与える影響に関しても同様に興味深いものだと言える。

 影響が出る領域の一つがクラウドサービスだ。Mozaic 3+の技術により、データの長期保存を主な用途とするアーカイブ用クラウドストレージの価格が下がる可能性がある。あるいはクラウドベンダーの利益が拡大するか、新たなストレージサービスのメニューや用途が生まれる可能性もある。企業は、より豊富なデータを長期間にわたって保管できるようになることで、将来的にはそれをさまざまな用途のAI(人工知能)モデルに活用できる可能性がある。

 オンプレミスのインフラでMozaic 3+の技術を生かせば、限られたスペースと電力でより多くのデータの保存ができるようになる。データの発生源に近い場所を意味する「エッジ」でのAIアプリケーションなど、新しいアプリケーションの実現につながる可能性もある。エッジにより多くのデータを保存できれば、AI技術を使ってそのデータの新たな使い道が生まれるはずだ。

 AI技術を活用するために、企業はさまざまなデータを蓄積、それを適切に管理する必要がある。データ量が増加するのに伴ってデータの保管場所が複数のクラウドサービスに分散すると、データを適切に管理することが難しくなる。それに加えてより容量の大きなHDDを導入することになれば、障害が発生するポイントが増えて、それがユーザー企業にとっての新たな悩みの種になる。

 そうした課題があっても、HAMRベースのHDDがもたらすメリットは、ユーザー企業にとって魅力的だと考えられる。SeagateはMozaic 3+によって、HDD1台で50TBの容量へと至る、より具体的な道筋を示した。Western Digitalなど、他のHDDベンダーの今後の技術発表にも期待が集まる。近く到来すると考えられる“50TB HDDの時代”が、データセンターやデジタルサービスにどのような変化をもたらすのかは注目に値する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news065.jpg

アップルのiPad Pro炎上CMにサムスンが一撃 「クリエイティビティーはCrushできない」
Appleらしからぬマーケティングの失敗から数日後、Samsungは「Galaxy Tab S9」を訴求する...

news063.jpg

電話・スマホでのコミュニケーションは「通話」? 「テキスト」?
クロス・マーケティングが全国の20〜69歳男女を対象にした調査によると、電話やスマホで...

news061.png

商品のパッケージが変わると購入意欲につながる?
商品のパッケージデザインの一新が新規購入とその後のリピート購入にどの程度つながって...