「SSDとHDDのどちらが壊れやすい?」論争の“意外な結末”特選プレミアムコンテンツガイド

SSDには“寿命”がある。HDDも同様だ。重要なデータの消失を避けるには、それぞれの特徴を知って使いこなす必要がある。SSDとHDDのどちらがより“短命”なのか。SSDやHDDの寿命を知るために役立つ“ある技術”とは。

2024年04月04日 10時00分 公開
[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 ノートPCからデータセンターまで、ストレージとして「SSD」が普及しつつある。SSDには「HDD」のような駆動部分がないことから、故障しにくいのではないかと考えられがちだ。実はSSDにも“寿命”はあり、いつかはデータの読み書きができなくなる可能性がある。

 SSDでも、HDDでも、突然の故障で重要なデータを失わないためには、SSDやHDDの寿命に関する基本的な知識を身に付けることが欠かせない。「SSDとHDDのどちらが故障しやすいのか」論争の結末とは。SSDやHDDの寿命を知るために役立つ“ある技術”とは。本資料は、専門家の話を基に、それぞれの答えを示す。SSDやHDDの突然の故障で慌てないために、関連知識を押さえておこう。


ALT ダウンロードはこちら

中身を読むには、「中身を読む」ボタンを押して無料ブックレットをダウンロードしてください。

壊れるSSDと上手に付き合う

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...