過去記事一覧 (2024 年)

7 月

/tt/news/2407/18/news02.jpg
オンプレミスインフラ再始動?【後編】

「オンプレミス回帰」が“もはや常識”になる、これだけの理由

一度クラウドサービスへの移行にかじを切った企業のITインフラ戦略は、その後大きく変わりつつある。企業が「オンプレミス回帰」を重視し始めたのはなぜか。インフラ市場の変化を解説する。

/tt/news/2407/16/news06.jpg
ゲーム向けで始まったNVIDIAの歴史と主力製品

NVIDIAを大解剖 GPUベンダーはいかにして「AI半導体の雄」になったのか?

NVIDIAはGPUを主軸にして成長してきたベンダーだが、その事業内容はGPUにとどまらない。同社はどのような会社なのか。GPU市場をどう生き抜き、どう成長してきたのか。

/tt/news/2407/12/news01.jpg
プロセッサから「AIの民主化」を支援

AIに最適化した「Xeonシリーズ」に、「Gaudi 3」 Intelのデータセンター戦略を解説

プロセッサの開発競争が激化している。IntelはAIに注力する方針を打ち出しており、データセンター向け製品についてもAI用に機能の強化や追加が図られている。

/tt/news/2407/14/news02.jpg
HDD進化の限界はどこにあるのか?【中編】

「HDD」は結局、“5年後”にどうなる? あの老舗ベンダーに聞く

HDDの容量は、今後5年程度でどこまで増えるのか。HDDの容量増大を促すと見込まれる技術とは何かを踏まえて、今後の見通しをHDDベンダーに聞いた。

/tt/news/2407/14/news01.jpg
AMD、NVIDIA、Intelの攻防【前編】

AIプロセッサ“覇権争い”を激化させる「NPU」とは何なのか?

半導体ベンダー各社が相次いでAI技術の利用を想定したプロセッサ新製品を発表している。AI PC向けとしては、各社はNPUの重要性を強調している。NPUはどのような役割を持っているのか。

/tt/news/2407/13/news03.jpg
SSDの大容量化は良いことばかりではない【後編】

TLCやQLCではなく「第1世代SSD」こそが“最強”だった理由

SSDの用途が広がってきた背景にあるのは、SSDの容量を増やす技術の進化だ。だが、SSDの大容量に伴うデメリットを避けるために、「第1世代のSSD」を選ぶこともある。

/tt/news/2407/11/news03.jpg
オンプレミスインフラ再始動?【前編】

「オンプレミス回帰」「オンプレミス復権」が“もはや常識”になる理由

クラウドサービスが企業のITインフラとして定着しつつある一方で、オンプレミスインフラが再び注目を集めている。企業のインフラ戦略は、どのように変化しているのか。

/tt/news/2407/10/news06.jpg
AI需要で変わるプロセッサ市場【後編】

Intel、AMD、NVIDIAだけではない「混戦のプロセッサ市場」の行方

プロセッサ市場では、サーバ向けでもクライアントPC向けでも単に処理性能を上げるだけではない多様な進化が見られる。IntelやAMD、NVIDIAをはじめとしたベンダーからどのような新製品ができているのか。

/tt/news/2407/10/news01.jpg
サーバ統合を進める2つの方法【後編】

「サーバ仮想化」を成功させる4つのポイントとは?

サーバ仮想化はサーバ統合の方法の一つだ。サーバ仮想化とアプリケーションの移行を成功させるには、どのように計画を立てればよいのか。

/tt/news/2407/07/news02.jpg
HDD進化の限界はどこにあるのか?【前編】

「HDDオワコン論」対「200TB超え可能説」 HDDベンダーに聞いた

HDDの容量はどこまで増えるのか。100TBや200TB、PBといった規模になるのはいつなのか。それとも「50TB」程度に限界があり、他のストレージ技術が取って代わるのか。

/tt/news/2407/07/news01.jpg
HDDは“技術的限界”を突破できるか【後編】

“普通のHDD”とは部品から違う「高速化HDD」はどれだけ速いのか

データ保存量の増加や、読み書き速度の向上といったニーズに応えるために、「磁気ヘッド」の制御に改善を凝らしたHDDがある。これによってデータ読み書きなどの性能はどれだけ向上するのか。実際の製品を参考に見てみよう。

/tt/news/2407/05/news01.jpg
中小企業も考えるべきテープを使う理由【後編】

HDDとどっちを選ぶ? 安さだけじゃない「テープの5大メリット」とは

テープストレージは決して“終わったストレージ技術”ではない。根強い需要があり、新製品や新技術が登場している。テープには、コスト以外にもさまざまなメリットがある。デメリットと共に紹介しよう。

/tt/news/2407/03/news06.jpg
AI需要で変わるプロセッサ市場【前編】

Intelは混戦の「サーバ向けプロセッサ」市場でどんな進化を提案できるのか?

プロセッサベンダー各社が提案するサーバ向けプロセッサは、多様な方向性で進化している。Intelが新たに提供する「Xeon 6」にはどのような特徴があるのか。競合ベンダーの状況も踏まえて見てみよう。

/tt/news/2407/03/news05.jpg
サーバ統合を進める2つの方法【前編】

いまさら聞けない「物理サーバ集約」と「サーバ仮想化」の違いとは?

物理サーバの利用効率を高めて運用負荷軽減やコスト削減をするための方法に、サーバ統合がある。サーバ統合のための主な2つの方法と、それぞれのメリット、デメリットを説明する。

/tt/news/2407/02/news08.jpg
ストレージ市場に起きた想定外【後編】

SSDもHDDもなぜ「急に売れなくなった」のか?

ストレージ市場では、HDDベンダーだけではなくSSDベンダーの売上高も2022年から2023年にかけて急落するという深刻な状況に陥り、さまざまな“異例の事態”が巻き起こった。HDD、SSD市場に何が起きているのか。

/tt/news/2407/01/news04.jpg
GPU利用時のCompute Express Link(CXL)の役割

なぜ次世代技術「CXL」がデータセンターの進化のために必要なのか

データセンターにおけるAIアプリケーションの利用が広がるのと同時に、活用が進む可能性があるのが「Compute Express Link」(CXL)だ。AI技術やGPUの利用とCXLがどのような関係にあるのかを押さえておこう。

6 月

/tt/news/2406/30/news02.jpg
SSDの大容量化は良いことばかりではない【前編】

TLCやQLCより「第1世代のSSD」が依然として好まれる理由

SSDの容量は「TLC」や「QLC」などの技術によって大きく増えることになった。そうした大容量化の技術が台頭する以前の、いわば「第1世代のSSD」の良さを復活させるSSDの使い方がある。昔のSSDがなぜ好まれるのか。

/tt/news/2406/30/news01.jpg
HDDは“技術的限界”を突破できるか【中編】

HDD新時代の予兆「マルチアクチュエーター」がなぜ“それほど重要”なのか

HDDはこれからも“技術的な限界”を突破していけるのか。容量やデータ読み書き速度においてこれからの鍵になると考えられる「マルチアクチュエーター」について、それがどれほど重要なのかを解説しよう。

/tt/news/2406/28/news11.jpg
ストレージ市場に起きた想定外【中編】

「HDDが売れない」「工場は閉鎖」 HDD業界で何が起きているのか

ストレージの需要低迷が2022年ごろから顕著になり、HDDベンダーを直撃した。ベンダー各社の業績が悪化しただけではなく、さまざまな異変が見られる。HDD業界で何が起きているのか。

/tt/news/2406/28/news09.jpg
中小企業も考えるべきテープを使う理由【前編】

HDDといい勝負? 容量100TBの「手軽なテープ」が必要なのはなぜ?

テープ規格「LTO」のテープストレージは、用途においても新たな動きが見られる。富士フイルムの欧州法人FUJIFILM Europeが、容量100TBのエントリーモデルを追加する狙いとは。

/tt/news/2406/27/news04.jpg
オンプレミスインフラを刷新

生徒1万7000人の教育機関が「クラウド」ではなく「HPE GreenLake」を選んだ理由

ITインフラ刷新に当たって「HPE GreenLake」を採用した米国の教育機関。クラウドサービスではなく、なぜ“オンプレミスインフラのマネージドサービス化”を選んだのか。その理由と、導入後に得られたメリットとは。

/tt/news/2406/25/news07.jpg
ストレージ市場に起きた想定外【前編】

SSD、HDDが売れなくなった「語られざる理由」

SSDやHDDを手掛けるストレージベンダー各社の売上高は、2022年から2023年にかけて急落した。AI技術の台頭でストレージの需要は大幅に改善するとの見方があったが、それは読み違えだった。どういうことなのか。

/tt/news/2406/24/news08.jpg
VMware vSANユーザーも波乱の渦中に【後編】

VMwareの永続ライセンス廃止でユーザーが“とんでもない苦境”に陥った理由

Broadcomによる買収後、VMware製品のライセンスモデルは大きく変わり、ユーザー企業の混乱を招いている。この変更が、ユーザー企業に与えた衝撃とは。代替案を検討するユーザー企業にとっての選択肢は。

/tt/news/2406/23/news02.jpg
HDDは“技術的限界”を突破できるか【前編】

「HDDの次なる進化」をもたらす“HDD部品の大改良”とは?

HDDベンダーはHDD内部の部品にさまざまな技術進化をもたらすことで、保存容量の増大や読み書き性能の向上を実現してきた。次なるブレークスルーの種はどこにあるのか。HDD内部の、ある部品に注目する。

/tt/news/2406/21/news05.jpg
エッジ、IoTでもAI活用が進む

Armの新プロセッサ「Ethos-U85」の進化とは? エッジAI向けの新世代NPU

AI関連のタスク処理に特化したプロセッサのNPUは近年、選定において処理能力だけでなくいかにソフトウェア開発者が扱いやすいかが重要となっている。Armの新たなNPUもこうしたトレンドを押さえている。

/tt/news/2406/21/news02.jpg
AWSと共に生まれたストレージ「S3」【後編】

「Amazon S3」がもたらしたストレージの根本的な変化とは?

2006年に提供開始した「Amazon Simple Storage Service」(Amazon S3)は、さまざまな進化を遂げた。老舗ストレージベンダーが競合してきた市場に、Amazon S3は何をもたらしたのか。

/tt/news/2406/21/news07.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

“年収1500万円”が夢じゃなくなる「資格」はこれだ

キャリアアップの近道になり得るのが、自らの専門性を示す「資格」の取得だ。年収アップといった具体的な成果につなげるためには、どのような資格を取得すればよいのか。

/tt/news/2406/19/news07.jpg
ラックスペースとエネルギーコストを大幅削減

ストレージ容量不足に悩んだ音楽業界団体が「Pure Storage」を選択した理由

スイスの音楽著作権共同組合SUISAはストレージの容量不足に陥り、Pure Storageのオールフラッシュストレージに移行した。なぜPure Storageの製品を選び、どのような成果を得ているのか。

/tt/news/2406/18/news07.jpg
AMDのEPYCやGPUも採用、多様化するサーバ

Lenovoサーバが「AMDプロセッサ」も使う理由 なぜNVIDIAだけではない?

LenovoがNVIDIAやIntelだけではなくAMDとの提携を拡大し、AI技術向けのサーバとHCIの選択肢を拡充している。プロセッサの選択肢が増えることはサーバの選択において何を意味するのか。Lenovoの狙いは。

/tt/news/2406/18/news03.jpg
LenovoやDell、Pure Storageの狙いは?

ストレージ各社が「NVIDIAとの協業」を望む、技術進化だけではない理由

ストレージベンダー各社がNVIDIAとの協業を発表している。Weka.ioやLenovo、Dell Technologiesなどが発表したストレージ新製品と、その狙いとは。

/tt/news/2406/17/news07.jpg
VMware vSANユーザーも波乱の渦中に【前編】

VMware買収後になぜライセンスを変えた? 混乱を招いた「Broadcomの本音」

BroadcomはVMwareを買収後、VMware製品のライセンスモデルを変更した。これを受け、ユーザー企業は乗り換えを検討すべきなのか。Broadcomはなぜこの変更を実行したのか。

/tt/news/2406/14/news06.jpg
AWSと共に生まれたストレージ「S3」【前編】

「Amazon S3」は“2006年の誕生”からどう進化した? AI時代の新たな動向

AWSの「Amazon Simple Storage Service」(Amazon S3)は2006年にサービスを提供開始して以来、進化を続けている。昨今は機械学習などAI関連のアップデートが目立つ。どのような点が進化したのか。

/tt/news/2406/10/news03.jpg
それぞれの角度から見るメインフレーム【後編】

メインフレームが“オワコン”ではなく「若手にとって魅力的」なのはなぜか?

IT分野の人材不足がさまざまな組織において問題になっている。メインフレームもその例外ではない。ただしこの状況は、若手がメインフレームの魅力に気付くことで変わる可能性がある。

/tt/news/2406/07/news08.jpg
AI市場で存在感を示すストレージベンダー

「GPUの高速処理」を念頭に NVIDIAとの協業でストレージ8社が手掛けるのは?

NVIDIAはAI技術のデータ処理に適したGPUや開発ツールの提供に力を入れる。同社と連携するストレージベンダー8社の取り組みをまとめた。

/tt/news/2406/04/news07.jpg
カーディフ大学がLenovoサーバを導入

「HPCクラスタ」をLenovo製品で構築 “宇宙の起源”に迫る研究機関の選択とは

カーディフ大学がLenovoのサーバを導入し、宇宙の起源や星の成り立ちの研究に活用しているHPCシステムの性能を向上させた。Lenovoサーバを利用し、どのようにHPCクラスタを構築したのか。

/tt/news/2406/03/news06.jpg
それぞれの角度から見るメインフレーム【前編】

なぜ「メインフレーム」はいつも“時代遅れ”だと見なされるのか

メインフレームの“独特の話題”には、熟練の筆者でさえも動揺してしまうことがある。その話題は、メインフレームが「時代遅れだ」と批判される状況にも関係している。メインフレームが誤解される理由を説明する。

5 月

/tt/news/2405/31/news10.jpg
クラウド初心者は気付きにくい?

クラウドストレージの「予算超過」を招く意外な“落とし穴”とは

企業はクラウドストレージを積極的に採用している一方で、予算超過や想定外の出費が発生していることが、調査レポートから明らかになった。企業はどのような出費に頭を抱えているのか。

/tt/news/2405/29/news03.jpg
「脱クラウド」よりもやるべき最適化【後編】

「クラウドをやめる」ではなく「クラウドを使いこなして安くする」方法とは

料金の高さなどの理由から「脱クラウド」を選択する前に、一度自社のクラウドストレージの改善に取り組んでみるのも手だ。今からでも始められるクラウドストレージ最適化とは。

/tt/news/2405/28/news06.jpg
「Windows Server」次期バージョンの違い【後編】

Hyper-Vはどう進化する? 新サーバOS「Windows Server 2025」の主な変更点

サーバOS「Windows Server」の次期バージョン「Windows Server 2025」には、幾つかの重要な変更が加えられる。ハードウェア仮想化ソフトウェア「Hyper-V」に関しては、少なくとも3つの変更点がある。何が変わるのか。

/tt/news/2405/27/news01.jpg
激変するテープの今とこれから【後編】

ガラス、セラミック、そしてDNA 「ストレージの戦国時代」が始まる

近年、ストレージのイノベーション(技術刷新)としてガラスやセラミック、DNAにデータを保存する技術の開発が進んでいる。これらはテープの市場にどのような影響を与えるのか。

/tt/news/2405/27/news04.jpg
NVIDIAは「Blackwell」を発表

「GPUの進化」は企業にとって“うれしいことばかり”ではない?

人工知能(AI)技術の活用が急速に広がる中、企業がAI技術の活用を成功させるために乗り越えなければならない課題とは何か。NVIDIAの「Blackwell」など、GPUの進化を踏まえて考える。

/tt/news/2405/26/news01.jpg
研究機関が模索するGPU活用

「GPUを使うとデータセンターの“あれ”が変わる」 研究機関がAI活用を語る

GPUのリソースを有効に活用してAI技術の処理を実行するには、従来のインフラ設計とは異なる観点が求められる。GPUの効果的な活用を模索している研究機関CERNによる取り組みと、GPU活用の要点とは。

/tt/news/2405/25/news01.jpg
ストレージ価格に何が起きている?【後編】

SSDとHDD、コスパ最強はどちらか

SSDとHDDの価格の変化を調査した結果を基に、今後SSDとHDDを選定する際に考慮すべき点をまとめる。考慮すべき点は、SSDとHDDの価格そのものだけではない。

/tt/news/2405/22/news07.jpg
「Windows Server」次期バージョンの違い【前編】

新サーバOS「Windows Server 2025」に加わる“3大変更点”はこれだ

MicrosoftのサーバOSの次期バージョン「Windows Server 2025」には、複数の新機能が加えられる。特に関心が集まっている3つの変更点をまとめた。

/tt/news/2405/22/news05.jpg
「脱クラウド」よりもやるべき最適化【前編】

「脱クラウド」した方が“安くなる”のか、そうではないのか

「脱クラウド」に向けてかじを切るより、利用中のクラウドストレージの改善を図る方が適切な場合がある。脱クラウドすべきか、クラウドストレージを最適化すべきかの判断方法とは。

/tt/news/2405/20/news06.jpg
激変するテープの今とこれから【中編】

データの長期保存なら「テープ」と「光ディスク」のどっちがいいのか?

ストレージの技術が進化する中で、かつては定番だった「テープ」の競合が多様化している。その一つが「光ディスク」だ。テープに対して、光ディスクにはどのような特性があるのか。

/tt/news/2405/18/news01.jpg
ストレージ価格に何が起きている?【前編】

SSD、HDDの価格分析で分かった「SSD激安時代の終わり」

SSDが値上がりしているのは“気のせい”ではない。今後企業がストレージコストを抑えるにはどうすればよいのか。SSDとHDDの価格の変化を調査した結果をまとめた。

/tt/news/2405/16/news02.jpg
AI半導体ベンダーの追撃【後編】

Intel連合、「オープンソース」でNVIDIAに勝てるのか?

半導体ベンダー連合であるUXL Foundationは、“オープンなツール”の開発と普及によってNVIDIAに対抗しようとしている。どこに勝機を見いだしているのか。

/tt/news/2405/15/news08.jpg
生成AIでストレージも変わる【後編】

「クラウドストレージをやめてオンプレミスに回帰」が賢い選択なのか?

企業の保有データ量が増えることを受けて、クラウドストレージをやめてオンプレミスストレージを使う動きが目立ってくる可能性がある。ストレージの刷新に際して、企業が考えるべきこととは。

/tt/news/2405/15/news09.jpg
データセンターの“標準”が変わる

AI需要で一変、「従来型データセンターではデータも電力も収容し切れない」

AI技術の利用が広がることを受けて、データセンターの設計や立地に変化が生じている。データセンターのインフラや設備は、AI技術の利用拡大からどのような影響を受けているのか。

/tt/news/2405/13/news07.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

いまさら聞けない「エッジコンピューティング」 混同しやすいあの技術との違い

IoTのニーズが高まる中でエッジコンピューティングの必要性が高まってきた。その基礎知識を、同技術と類似する手法「フォグコンピューティング」との違いと共に紹介する。

/tt/news/2405/13/news10.jpg
激変するテープの今とこれから【前編】

「テープ」の古き良き利点と、予想だにしなかった進化とは?

過去には「終わり」を告げられたことがあるテープは、まだまだ健在だ。テープが企業向けのストレージとして古びない理由と、新たな進化を考える。

/tt/news/2405/12/news01.jpg
ストレージ市場に予想外の展開【後編】

「HDDに未来はない」を覆す“衝撃の進化”とは

SSDの容量増大によって、“HDDの地位”が脅かされているという見方が広がっていた。そうした中、HDDベンダーによる発表がHDDに新たな希望をもたらすことになった。HDDはどう変わるのか。

/tt/news/2405/11/news02.jpg
「疑似SLCフラッシュ」を解説【後編】

SSDを「あえてSLC式に使う」のが“お得”なのはなぜ?

SSDの記録媒体であるNAND型フラッシュメモリの記録方式には幾つかの種類がある。その一つであるTLCやQLCを、あえてSLC式に使う手法がある。どのような利点が見込めるのか。

/tt/news/2405/09/news06.jpg
AI半導体ベンダーの追撃【前編】

NVIDIAに“待った” Intelら競合ベンダーは「GPU独り勝ち」を崩せるのか

AI(人工知能)技術分野でNVIDIA製のGPUやツールの採用が相次いでいる。こうした状況に対抗するため、競合ベンダーが“ある策”に打って出た。

/tt/news/2405/08/news07.jpg
生成AIでストレージも変わる【前編】

“もう限界”の「古き良きストレージ」に代わる選択肢はこれだ

生成AIの開発や学習には、大量のデータが欠かせない。そのために企業は、より低コストで効率的にデータを保管できるストレージを検討するようになった。どのようなストレージなのか。

/tt/news/2405/06/news03.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

データセンター冷却入門 「機会式冷却」の原理と運用法

データセンターの効率的な運用を維持するには、冷却システムを適切に運用することが欠かせない。主要な冷却手段である「機械式冷却」の仕組みを解説する。

/tt/news/2405/06/news05.jpg
「疑似SLCフラッシュ」を解説【前編】

SLCやTLCではなく「なんちゃってSLC」がSSDにもたらす利点はこれだ

SSDなどのフラッシュストレージには、SLCやMLCなど複数の記録方式がある。それに加えて「疑似SLC」についても知っておくと、フラッシュストレージの選択肢が広がるはずだ。

/tt/news/2405/05/news03.jpg
ストレージ市場に予想外の展開【前編】

「HDDの新時代」をもたらす“まさかの進化”とは?

容量増大のペースが停滞していた「HDD」に関して新技術の発表があり、HDDの今後の進化にまた新たな光が差し込んできた。HDDはこれからどう進化しようとしているのか。

4 月

/tt/news/2404/29/news03.jpg
調査会社が指摘する半導体問題

AI人気とGPU需要に「待った」 ハードウェア調達に起きた“ある変化”

人工知能(AI)技術の利用が広がる中で、調査会社Forrester Researchは“AI熱”を抑制する必要があると指摘する。背景にあるのは、ハードウェア調達におけるある変化だ。

/tt/news/2404/28/news01.jpg
駆逐するSSD、生き残るHDD【第8回】

「HDDがデータセンターから消える」という途方もない話の末路

データセンターではSSDだけではなく、大量のデータを効率的に保存するためのストレージとしてHDDが広く使われている。そのHDDを、データセンターで一切使わないという先進的なアイデアがある。

/tt/news/2404/25/news02.jpg
大規模データ処理に適したストレージ機能【後編】

計算機能を持った「コンピュテーショナルストレージ」が必要とされる端的な理由

コンピュテーショナルストレージは、CPUを中心とした従来のシステムにはない利点をもたらす可能性のある新しいストレージの仕組みだ。どのような利点や活用分野があるのかをまとめる。

/tt/news/2404/24/news05.jpg
“究極のAI”実現に向けて

Meta、ザッカーバーグ氏が語る「GPU」に投資する理由と“AIの失敗”

Metaが2023年期の決算を発表し、同社のAI技術とそれを支えるデータセンターへの注力ぶりが明らかになった。同社CEOマーク・ザッカーバーグ氏は、AI技術開発の鍵をどこに見いだしているのか。

/tt/news/2404/22/news02.jpg
ストレージコスト見直しの動き【第4回】

「オンプレミス回帰」を選ばざるを得なかった企業の“ある切実な事情”

クラウドサービスからオンプレミスシステムにデータを戻す作業には手間もコストもかかる。企業にとって決して容易な決断ではないが、実行した企業はある。幾つかの例を紹介しよう。

/tt/news/2404/21/news01.jpg
駆逐するSSD、生き残るHDD【第7回】

「HDDが要らなくなる説」が真剣に語られ始めた理由

PCの内蔵ストレージはほとんどがHDDではなくSSDになっているが、データセンターにおいても同様の変化が起きるのか。「HDDが終わりを迎える」という見方の背景にある変化とは。

/tt/news/2404/18/news06.jpg
大規模データ処理に適したストレージ機能【前編】

“CPU中心主義”では得られない「進化したNVMe」の利点とは?

2024年1月、「NVMe」に新たなコマンドセットが加わった。これにより、CPUを中心とした従来のストレージシステムにはない利点が得られるという。強化の詳細と応用例は。

/tt/news/2404/16/news07.jpg
コンピュータの基本「メモリ」と「単位」【第5回】

「キロバイト」から「ヨタバイト」まで“8単位”の情報量は実際どれくらい?

情報量を表す単位として「バイト」が使われている。バイトとはどのような単位で、一定の情報量をまとめたギガバイトやテラバイトといった個々の単位には、実際にどれくらいの情報量が相当するのかを解説する。

/tt/news/2404/15/news03.jpg
稼げるサーバエンジニアの資格とスキル【第4回】

“年収1500万円”の高収入エンジニアになれる「サーバの必須スキル」はこれだ

サーバエンジニアとして高収入を得るには、サーバ分野のどのような知識やスキルを持っておく必要があるのか。基本となる必須項目を押さえておこう。

/tt/news/2404/15/news07.jpg
ストレージコスト見直しの動き【第3回】

クラウドをやめられない原因「エグレス料金」と「オンプレミス回帰」の真相

クラウドサービスのコスト増大といった理由から、企業は改めてオンプレミスに目を向けている。しかし「オンプレミス回帰」は手間もコストもかかり、容易ではない。企業はどのような決断を下しているのか。

/tt/news/2404/14/news01.jpg
HDDの可能性を広げたHAMR【後編】

「HAMR搭載のHDD」でも“SSDより絶対優位”とは限らないなるほどの理由

HDDの容量増加を加速させる可能性のあるストレージ技術としてかねて注目を集めてきた「HAMR」採用のHDDを、Seagateが出荷すると発表した。HAMRはSSDとHDDの競争にどのような影響を与えるのか。

/tt/news/2404/08/news09.jpg
AI搭載SSDは何に使えるのか【後編】

AI搭載「高速SSD」を使うなら“使用上の注意“を知っておこう

SSDにAI機能を搭載する動きが、複数のベンダーで進みつつある。AI搭載SSDにはデータ読み書き処理を効率化するなどのメリットが見込める半面、導入や選定時の注意点もある。

/tt/news/2404/10/news10.jpg
SSDを上手に使う4つの方法【後編】

SSDが「期待ほど速くない」と感じたら試してみるべき“あれ”とは?

SSDのデータ読み書き速度のパフォーマンスを最大限に引き出し、SSDをできるだけ長く使い続けるには、その特性を理解して運用をしなければならない。具体的な方法とは。

/tt/news/2404/08/news02.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

「NAS」「SAN」「DAS」は何が違う? いまさら聞けないストレージの基礎

「NAS」「SAN」「DAS」はいずれもストレージの種別だ。それぞれ何が違い、企業がこれらを使い分ける理由は何なのか。ストレージの基礎知識を解説する。

/tt/news/2404/08/news05.jpg
稼げるサーバエンジニアの資格とスキル【第3回】

年収1500万円も夢じゃない 有能エンジニアが持っている“クラウドの必須知識”

サーバエンジニアが活躍するにはクラウドサービスの知識が求められるようになった。具体的にはどのような知識やスキルを持っていることが望ましいのか。要点をまとめた。

/tt/news/2404/08/news08.jpg
コンピュータの基本「メモリ」と「単位」【第4回】

なぜコンピュータは「10進法」ではなく「2進法」で動くのか?

コンピュータの世界では、0から9までの数字を使うおなじみの10進法ではなく、2進法が使われている。10進法よりも2進法の方がコンピュータの世界との相性が良いのはなぜなのか。

/tt/news/2404/08/news07.jpg
ストレージコスト見直しの動き【第2回】

「オンプレミス回帰」を選んだ企業はクラウドの“あの特徴”を嫌った

ユーザー企業の一部は、クラウドサービス利用の“費用対効果”を疑問視し、オンプレミスへの回帰を選んでいる。ユーザー企業がそうした決断を下す背景には、どのような問題があるのか。2つの事例を紹介する。

/tt/news/2404/07/news01.jpg
HDDの可能性を広げたHAMR【前編】

「HDDはもう要らない」なんて言えなくなる“HDDまさかの進化”とは?

HDD不要論がささやかれる中でも、HDDの進化が止まったわけではない。HDDベンダーSeagate Technologyが発表した新技術は“HDD劣勢”の見方を変える可能性がある。HDDはどこまで大容量になるのか。

/tt/news/2404/05/news04.jpg
ベンダーは値上げを継続【後編】

ストレージ価格が反転「値上げ」が続きそうな“端的な理由”はこれだ

ストレージ価格は2023年の後半まで下落傾向にあったが、最近はクラウドサービスの値上げが続くのと同様に上昇傾向にある。反転の背景にあるものは何か。

/tt/news/2404/04/news10.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

「SSDとHDDのどちらが壊れやすい?」論争の“意外な結末”

SSDには“寿命”がある。HDDも同様だ。重要なデータの消失を避けるには、それぞれの特徴を知って使いこなす必要がある。SSDとHDDのどちらがより“短命”なのか。SSDやHDDの寿命を知るために役立つ“ある技術”とは。

/tt/news/2404/03/news02.jpg
謎のストレージ「FLAPE」の利点【後編】

SSDに「HDD」ではなく「テープ」を融合する“FLAPEだけの良さ”とは?

記録媒体の技術的な進化だけではなく、使い方によってもストレージの進化はもたらされる。SSDとテープを組み合わせる「FLAPE」にはどのような利点が見込めるのか。

/tt/news/2404/03/news04.jpg
クラウドコスト管理の基本「FinOps」【後編】

クラウド予算超過を抑制「FinOps」は担当者1人で実践できる? その方法とは

FinOpsは、クラウドサービスを利用する企業のコスト管理手法として注目を集めている。これを実践するにはどうすればいいのか。そのポイントを専門家に聞いた。

/tt/news/2404/03/news07.jpg
SSDを上手に使う4つの方法【前編】

SSDのパフォーマンスを引き出したいならやってはいけない“あれ”

SSDの性能を最大限に生かしつつ、より長く使うには、SSDの特性を理解した運用をしなければならない。SSDの運用における2つのベストプラクティスを紹介する。

/tt/news/2404/01/news07.jpg
コンピュータの基本「メモリ」と「単位」【第3回】

混同しがちなメモリ「RAM」と「ROM」の根本的な違いとは?

RAMとROMはコンピュータの動作に欠かせないメモリだ。データ記憶に関する役割を担うメモリであることは同じだが、両者の役割は根本的に異なるので混同してはいけない。その違いとは何か。

/tt/news/2404/01/news05.jpg
稼げるサーバエンジニアの資格とスキル【第2回】

“年収1500万円エンジニア”が備える資格並みに大事な「スキル」はこれだ

サーバエンジニアの需要は引き続き旺盛なため、頑張り次第では年収を上げていくことも可能だ。そのために必要なのは認定資格だけではない。必要なスキルをまとめた。

/tt/news/2404/01/news06.jpg
ストレージコスト見直しの動き【第1回】

企業がクラウドからオンプレミスに回帰する“単なる予算オーバー”以上の理由

クラウドサービスの価格上昇が続く中で、企業はデータの保存先を見直し始めた。クラウドストレージを使用してきた企業の判断は、価格上昇を受けてどのように変化しているのか。

3 月

/tt/news/2403/31/news02.jpg
駆逐するSSD、生き残るHDD【第6回】

SSDとHDDの“永遠の対決”「コストと容量の違い」は今どうなった?

SSDとHDDを容量やコストで比較すると、以前に比べて両者の違いは埋まりつつあると言える。実際にはどれだけの違いがあるのか。価格と容量の観点で、SSDとHDDを比較する。

/tt/news/2403/30/news05.jpg
AI搭載SSDは何に使えるのか【中編】

そこまでSSDにやらせるか? ベンダーが開発する“AI組み込みSSD”の可能性

FlexxonやSamsung、Synopsysなどのベンダーが、SSDにAI技術を搭載する研究開発を進めている。SSDに搭載されるAI技術は、どのような用途に役立つのか。

/tt/news/2403/29/news09.jpg
ベンダーは値上げを継続【前編】

あの時クラウド移行した企業を苦しめる「値上げだけじゃないコスト」の正体

政府やITベンダーの調査を分析すると、クラウドサービスの値上げはしばらく継続する可能性がある。ただし、企業がコスト増に悩む理由はベンダーの値上げだけではない。

/tt/news/2403/29/news16.jpg
VMware買収がIT戦略に与える影響【後編】

「VMware製品を使い続けるべきか?」にどう結論を出せばいいのか

VMwareが半導体ベンダーBroadcomに買収された後、製品提供の方針を含めた変更があったことで、パートナー企業もユーザー企業も混乱した。今後の利用方針を検討する上ではどのような点を考慮すればいいのか。

/tt/news/2403/28/news04.jpg
「データセキュリティ」は誰の問題か【第6回】

「全データをバックアップ」は無駄なだけ? 優先順位は“3つの質問”で決まる

セキュリティやバックアップの対策を強化するに越したことはない。だが強化するほど運用負荷やコストは増えるため、対策の強度とのバランスをどう取るかが悩みどころになる。適切に判断するためのポイントは何か。

/tt/news/2403/04/news07.jpg
「vSphere」「ESXi」のサポート終了を乗り切るには【第3回】

ESXi「サポート切れ」後の代替候補になるHyper-V、KVM、AHVの違いはこれだ

「VMware vSphere」や「ESXi」のサポート終了は、ハイパーバイザーの移行を検討する機会になる。「Hyper-V」「KVM」「Nutanix AHV」など、主なハイパーバイザーの特徴や比較するときのポイントを説明する。

/tt/news/2403/27/news11.jpg
謎のストレージ「FLAPE」の利点【前編】

SSDを融合させたストレージ「FLAPE」はテープやHDDとは“あれ”が違う

ストレージはさまざまな進化を遂げている。複数のストレージを掛け合わせた「FLAPE」もその一つだ。FLAPEとはどのようなストレージなのか。その利点とは。

/tt/news/2403/25/news14.jpg
コンピュータの基本「メモリ」と「単位」【第2回】

CPUが頭脳なら「メモリ」は何か? 混同しがちなストレージとの違い

CPUによる計算処理に欠かせないパーツが「メモリ」だ。高速な計算処理をメモリはどう支えているのか。ストレージとの違いを含めて押さえておこう。

/tt/news/2403/25/news12.jpg
稼げるサーバエンジニアの資格とスキル【第1回】

エンジニアで“年収1500万円プレーヤー”になれる「資格」はこれだ

サーバ分野のエンジニアの需要は引き続き旺盛だ。「できるサーバエンジニア」として評価され、キャリアを築き、年収を上げていくには何が必要なのか。認定資格を含めて整理した。

/tt/news/2403/25/news07.jpg
「データセキュリティ」は誰の問題か【第5回】

ランサムウェアが狙う「企業の弱点」とそれを克服する“感動の方法”はこれだ

ランサムウェア対策においてはセキュリティもバックアップも重要だが、企業ではその2つの機能を担う部署が分かれていることがよくある。それでは両者の連携がうまくできない可能性がある。対策に何が必要なのか。

/tt/news/2403/24/news04.jpg
駆逐するSSD、生き残るHDD【第5回】

HDDがどう頑張っても「SSD」には永遠に勝てない“決定的な理由”

SSDとHDDの違いを正しく評価する上で欠かせないポイントになるのが、読み書きの速度に影響するパフォーマンスだ。速さに影響するパフォーマンスを細分化して考えると、より分かりやすくなるはずだ。

/tt/news/2403/23/news04.jpg
AI搭載SSDは何に使えるのか【前編】

SLC、TLC、QLCの違いさえ気にならなくなる「SSD」の進化とは?

SSDを含めたストレージの分野では、AI(人工知能)技術をどのように活用できるのか。実際に登場している例を踏まえて、NAND型フラッシュメモリとAI技術を組み合わせる利点を探る。

/tt/news/2403/21/news09.jpg
あの大手も続々採用

AMD「NVIDIAに勝つ」は大げさではない? 攻めに出るGPU“永遠の二番手”

NVIDIAの競合となる半導体ベンダーAMDが、GPU製品を拡充するなど攻めに出ている。AI技術を活用するための半導体製品として、AMD製品を採用する動きも活発だ。AMD製品に対する評価とは。

/tt/news/2403/21/news11.jpg
Windowsファイルサーバ移行の方法

サポート切れ「Windows Server 2012」放置はNG サーバ移行に使えるあの方法

Windows Serverのサポート終了後はパッチの提供がなくなるので、使い続けることにリスクが伴う。「Windows Server 2012」でファイルサーバを運用してきた場合、どのような選択が求められるのか。

/tt/news/2403/20/news06.jpg
コンピュータの基本「メモリ」と「単位」【第1回】

メモリ基礎であり“単位”でもある「ビット」と「バイト」は結局何が違うのか?

メモリをはじめ、コンピュータに関する仕組みを理解するために欠かせないのが「ビット」と「バイト」だ。普段はあまり意識しないその単位の理解を深めると、さまざまな事柄が理解しやすくなる。

/tt/news/2403/19/news11.jpg
VMware買収がIT戦略に与える影響【中編】

「VMware再編」はただの騒動じゃない これから始まる“本当の波乱”

Broadcomに買収されたVMwareによる製品ポートフォリオ変更を含めた一連の方針転換が、ユーザー企業やパートナー企業を不安にさせている。ユーザー企業はどのような選択を迫られるのか。

/tt/news/2403/17/news03.jpg
駆逐するSSD、生き残るHDD【第4回】

同じSSDでもなぜ「NVMe」接続はSASやSATAとは“別物”なのか?

SSDの接続に使われる「NVMe」は、SATAやSASとは何が違い、なぜSATAやSASとは別物の技術だと見なせるのか。SSDをより深く理解するための基本を解説する。

/tt/news/2403/15/news07.jpg
ストレージとITサービスの相場【後編】

IT価格は「また値上げ」なのか「下がる」のか 結局何が決め手?

IT製品・サービスの価格は上昇傾向にあったが、今後はどう推移するのか。調査会社Gartnerの見解を踏まえて、IT製品・サービスの価格の動向と、その背景を探る。

/tt/news/2403/13/news19.jpg
IBMは「2種類のQPU」を発表

「量子コンピュータ」の開発はどこまで進み、これから何が起きるのか?

量子コンピュータの本格的な実用化にはまだ至っていないが、世界中の企業が量子コンピューティングへの投資を進めている。現時点で量子コンピュータの開発はどこまで進んでいて、企業はこれから量子コンピュータに何を期待できるのか。

/tt/news/2403/12/news09.jpg
VMware買収がIT戦略に与える影響【前編】

「VMwareの仮想化」はBroadcom配下でどうなる? “仮想化の歴史”は終わらない

VMwareを買収したBroadcomの新たな方針は、VMwareが設立当初から取り組んできた事業において何を意味するのか。オープン化からの仮想化の歴史を振り返りつつ、VMware製品群の変更点をまとめる。

/tt/news/2403/10/news02.jpg
駆逐するSSD、生き残るHDD【第3回】

SSDにはない「HDD」の面白い特徴とは? HDDが愛される理由

SSDと比較するとHDDはレガシーな技術だと見なされてしまうが、HDDが企業向けのストレージとして活躍していることに変わりはない。内部構造や歴史を含めて、HDDの特徴をまとめる。

/tt/news/2403/08/news06.jpg
ストレージとITサービスの相場【前編】

SSDは全然売れない「激安ゾーン」を抜けてついに大復活か?

SSDの需要減を背景にしてストレージ市場では2022年後半から価格の下落が顕著になっていた。だが低調なストレージ市場に変化が見られる。SSDやNAND型フラッシュメモリの価格は元に戻ろうとしているのか。

/tt/news/2403/05/news01.jpg
量子コンピュータと企業のデータセンター【後編】

「量子コンピュータ」の実用化に向けて企業はどう準備すべきか

量子コンピュータは発展途上の技術だが、実用化すれば従来のコンピュータでは難しかった計算が高速でできるようになる。量子コンピュータ実用化に向けて、データセンター管理者はどのように備えておくべきか。

/tt/news/2403/03/news02.jpg
Linuxコマンド「tar」の使い方【中編】

Linuxで複数ファイルのバックアップに使える「tar」コマンドとは

Linuxでは「tar」コマンドを使うことで、アーカイブファイルの作成や復元ができる。コマンドを使いながら、アーカイブファイルを作成する手順を紹介する。

/tt/news/2403/01/news12.jpg
新旧ストレージの未来【後編】

SSD黎明期に爆誕した「NVMe」の最盛でSASはついに消えるのか

SSDなど企業向けでも使われるストレージを接続するための規格に「NVMe」や「SAS」がある。SSDの黎明期に開発されて以来、NVMeは多様な進化を遂げてきた。新旧のストレージ技術に勝敗はつくのか。

/tt/news/2403/01/news11.jpg
Azureのクラウドストレージを比較

「Azure Blob Storage」と「Azure Data Lake Storage」のいまさら聞けない違い

「Azure Blob Storage」と「Azure Data Lake Storage」はどちらも「Microsoft Azure」のストレージサービスだ。両サービスにはどのような違いがあるのか。用途や機能の違い、利用時の注意点を説明する。

2 月

/tt/news/2402/28/news07.jpg
気になるストレージの進化

コロナ禍明けで「ストレージ」の発売ラッシュ? 新登場の主要製品はこれだ

人工知能(AI)技術の活用が広がることを受けて、ストレージのニーズが一段と高まると考えられる。ストレージは今、どのような進化を遂げているのか。主要ベンダーの製品で具体的に見てみよう。

/tt/news/2402/27/news03.jpg
バッテリー式UPSのリスク【後編】

データセンターの「UPS」でまさかの大惨事に? バッテリーで何が起きるのか

データセンターでバッテリー電源搭載のUPSを使用する場合は、火災リスクに留意する必要がある。大量のリチウムイオンバッテリーを使用する場合、どのようなリスクがあるのか。事前に検討すべきことは何か。

/tt/news/2402/27/news13.jpg
永久ライセンス終了と一部売却の決定

VMwareの変更にユーザー大困惑……なのにBroadcomの筋書きはぶれない?

BroadcomはVMwareの買収を完了してから、業界を困惑させる方針を矢継ぎ早に打ち出してきた。今回の事業売却の発表も例に漏れない。VMware製品が置かれた現状と、Broadcomの思惑を探る。

/tt/news/2402/27/news06.jpg
クラウドストレージのコスト削減術【後編】

クラウド料金を抑えるには? Google Cloud Storageのベストプラクティス4選

Google Cloud Storageの料金はさまざまな要因で変化する。コストを抑えるにはどのようにすればよいのか。ベストプラクティスを紹介する。

/tt/news/2402/26/news14.jpg
駆逐するSSD、生き残るHDD【第2回】

SSDによる「HDD代替」をリアルな話に変えた“QLCの進化”とは?

HDDの役割は今後、ある特性を持ったSSDに置き換えられていく可能性がある。背景にあるのは、NAND型フラッシュメモリの技術進化だ。鍵を握る「クアッドレベルセル」(QLC)を解説する。

/tt/news/2402/26/news13.jpg
変化するRAIDの仕組み【第5回】

HDDの「RAID」を徹底解説 よく使うRAID 50やRAID 6、非標準なあのRAIDの違い

「RAID」はHDDやSSDのデータを保護したり、読み書き性能を改善したりするための仕組みだ。RAIDには幾つもの方法がある。定番の一つであるRAID 50やRAID 6の他、非標準のRAIDを解説する。

/tt/news/2402/25/news02.jpg
Linuxコマンド「tar」の使い方【前編】

いまさら聞けない「Linux」コマンド tarでファイルを操作する

Linuxの「tar」コマンドは、Linuxにおいて広く使われているアーカイブファイル作成用のコマンドだ。幾つか基本のコマンドを使用しながら、ファイルのバックアップから復元までの手順を学んでおこう。

/tt/news/2402/25/news01.jpg
記録媒体はDNA、いつまでも使えるストレージ【後編】

HDDやテープに“安さ”で挑む「DNAストレージ」が本当に使えそうな訳

次世代の有望なストレージと目される「DNAストレージ」。さまざまな企業がその開発に関わる中、米国のIridiaはDNAストレージサービスの提供開始を計画している。HDDやテープとの共通点、異なる点とは。

/tt/news/2402/21/news11.jpg
駆逐するSSD、生き残るHDD【第1回】

SSD、HDDの違いが消える 「HDD不要論」は“ガセ”じゃなかった?

「SSD」と「HDD」の違いは徐々に消えつつある。それはHDDが終焉(しゅうえん)を迎えることを意味するのか。「企業向けストレージの今」を探る。

/tt/news/2402/21/news06.jpg
改めて評価されるテープストレージの価値

「テープ」は時代遅れじゃない むしろ新しい“なるほど”の理由

時代遅れのイメージが付きまとうテープストレージ。しかしそれは誤解だ。テープの強みと、それを引き出すこつは何か。昨今の動向とテープのメリットを踏まえて考える。

/tt/news/2402/20/news06.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

「HDD」がついに終わる“条件付きの根拠”

「SSD」全盛の中でも、主要なストレージとして活躍し続ける「HDD」。SSDを取り巻く技術の進化で、HDDの地位が脅かされつつあるという。ついにHDDは“終わる”のか。

/tt/news/2402/20/news05.jpg
量子コンピュータと企業のデータセンター【前編】

「量子コンピュータ」は何に使える? 期待できる“6つの用途”とは

量子コンピュータは実用化に向けた開発が進んでいる。具体的には、どのような用途に役立つのか。主な用途を6つ説明する。

/tt/news/2402/18/news03.jpg
記録媒体はDNA、いつまでも使えるストレージ【中編】

HDDでもテープでもなく「DNAストレージ」こそ“データ爆増”時代の主役なのか?

大量データを保存するために使われてきたのは「HDD」や「テープ」だ。その選択肢に、次世代ストレージの一つとして注目を集める「DNAストレージ」が加わる可能性がある。既存ストレージを代替するのか。

/tt/news/2402/08/news08.jpg
「データセキュリティ」は誰の問題か【第4回】

古いままの「バックアップ」は何が駄目なのか? 回復力を高めるには?

クラウドサービスを利用するなどシステム構成が複雑になっている一方で、バックアップと復元の仕組みが従来のままになっていないだろうか。データ保護の対策を見直す場合のポイントとは。

/tt/news/2402/15/news02.jpg
停滞するストレージの技術進化【後編】

SSDが主流になる中でなぜ「NVMe」が“ストレージの課題”になったのか

ハードウェア面におけるストレージの技術進化が停滞する中でも、専門家は既存技術の改善にも目を向けるべきだと指摘する。例えば「NVMe」に関する問題がある。

/tt/news/2402/15/news08.jpg
バッテリー式UPSのリスク【前編】

UPSは「安心安全」のはずが……バッテリーで変わる非常用電源の火災リスク

データセンター停電時の非常用電源になる「無停電電源装置」(UPS)。安心と安全のための装置だが、UPSの種類によっては火災を引き起こすことがある。どのようなリスクがあるのか。

/tt/news/2402/14/news06.jpg
「AI PC」がノートPCに集中する理由【後編】

デスクトップPCではなく「ノートPC」こそ“AI時代の主役”になる理由

AMDやQualcomm、Intelといったプロセッサベンダーは、AIモデルが稼働可能なプロセッサのターゲットをノートPCに据えている。その理由は何か。現時点でそうした「AIプロセッサ」を採用する意味はあるのか。

/tt/news/2402/14/news05.jpg
生成AIで絶好調のサーバベンダー【後編】

LenovoとDellに追い風 生成AI時代に躍動するサーバベンダー

生成AIへの関心の高まりから、サーバベンダーの業績が好調だ。HPEは生成AIに注力する方針を示した。LenovoとDell Technologiesはどうか。

/tt/news/2402/13/news05.jpg
グリーンコンピューティングの基本

電力消費の無駄をなくすデータセンター「エコ化」の8ステップ

データセンターにおける環境配慮の方針を具現化するためのさまざまな方法がある。現状把握から実践まで、環境とビジネスにメリットをもたらす8つのステップを紹介する。

/tt/news/2402/12/news07.jpg
老舗HDDベンダーの思惑【後編】

HDD、SSDの融合ではなく“分離”こそが答え? Western Digitalの本懐

キオクシアとの経営統合の可能性があると見られていた中、HDDとSSDの事業を分離する方針を明らかにしたWestern Digital。HDDとSSDのある特性から、分離は間違いではないという見方が出てる。背景にある違いとは。

/tt/news/2402/11/news03.jpg
記録媒体はDNA、いつまでも使えるストレージ【前編】

SSDやHDDとは別物「DNAストレージ」は普通じゃない 桁外れな能力とは?

SSDやHDD、テープといった既存のストレージ技術では、データを保管し切れなくなる日が近づいている。革新的なストレージとして期待を集め、実用化が近づいているのがDNAストレージだ。その桁外れな能力に迫る。

/tt/news/2402/08/news14.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

第三のプロセッサ「DPU」とは? CPU、GPUとの違い

プロセッサと言えば「CPU」――。この常識が崩れ始めている。「GPU」「DPU」といった他のプロセッサが普及し始めたからだ。CPU、GPU、DPUの役割の違いと、それぞれが適する用途とは。

/tt/news/2402/08/news13.jpg
新旧ストレージの未来【前編】

NVMe全盛でも「SAS接続」のHDD、SSDはなぜ使われ続けるのか?

「NVMe」も「SAS」も、ストレージ市場で重要な役割を担い続けている。NVMeに対して新しさや性能面で見劣りするSASが、消えずに使われ続けるのはなぜなのか。その利点を探る。

/tt/news/2402/07/news10.jpg
マルチクラウド、エッジ、5Gを駆使

AWSとGoogleで実現 オンプレミスでは駄目だった“小売業者の理想”とは?

小売業者Ocadoは複数のクラウドサービスを駆使することで、“オンプレミスだけ”ではできなかった、自社の要望に沿ったシステム運用ができるようになった。オンプレミスとクラウドサービスを併用する仕組みとは。

/tt/news/2402/07/news08.jpg
「AI PC」がノートPCに集中する理由【前編】

NPU搭載の“AIノートPC”はなぜCPUではなく「専用プロセッサ」を使うのか?

プロセッサベンダーはノートPC市場に向けて、AIモデルが稼働可能なプロセッサを投入している。その理由を考えるために、まず「AIとは何なのか」を理解しておこう。

/tt/news/2402/07/news07.jpg
生成AIで絶好調のサーバベンダー【前編】

高まる「クラウド不信」でサーバベンダーが“独り勝ち”の理由

生成AIに関心が集まる一方で、クラウドベンダーに自社のデータを渡すことを警戒している企業は珍しくない。生成AIの需要増から、サーバ業界に変化が起きている。

/tt/news/2402/05/news04.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

「NAS」「SAN」「DAS」の違いと「コンポーザブルインフラ」とは何か

「NAS」「SAN」「DAS」といったストレージや「コンポーザブルインフラ」にはそれぞれにメリットとデメリットがある。具体的には何が違うのか。ストレージの基礎を解説する。

/tt/news/2402/05/news07.jpg
停滞するストレージの技術進化【中編】

TLC、QLC、PLCによる「SSD進化論」にもう期待しては駄目なのか

ストレージの技術進化が停滞している。これはストレージベンダーの研究開発への投資が消極的になったことに加えて、技術進化が限界に達しつつあることに関係している可能性がある。

/tt/news/2402/05/news08.jpg
老舗HDDベンダーの思惑【前編】

HDDとSSD“分離”のWestern Digital、キオクシアとの統合は破談じゃなかった?

HDDとNAND型フラッシュメモリの事業を分社化する方針を明らかにしたストレージベンダーWestern Digitalに、立ち消えになっていた“キオクシアとの統合”の話が再浮上した。状況を整理しておこう。

/tt/news/2402/04/news03.jpg
Core Ultraの“新しさ”とは【後編】

次世代ノートPCは「安いほど損をする」が“うそ”じゃない本当の理由

IntelがAI関連のタスクを処理することを前提にしたプロセッサを正式発表するなど、ノートPCの分野に新たな風が吹いている。これからノートPCとプロセッサを選ぶ際は、何を基準にすればいいのか。

/tt/news/2402/02/news01.jpg
DPUを丸分かり解説【後編】

「DPUと呼べるプロセッサ」はこれだけあった 主要ベンダーを整理

「DPU」(Data Processing Unit)のニーズが高まる中で、さまざまなベンダーがDPU市場に参入した。自社に最適なDPUを選ぶ際に知っておきたい、注目のDPUベンダーとは。

1 月

/tt/news/2401/29/news13.jpg
停滞するストレージの技術進化【前編】

ストレージが進化しない理由は“売れない”から? なぜ企業は買わないのか

2023年のストレージ市場では、ソフトウェアの開発は進んだものの、ハードウェアの技術開発は鈍化傾向にあった。ハードウェア面でストレージの革新的な新技術が登場しなかったのはなぜなのか。

/tt/news/2401/28/news03.jpg
Core Ultraの“新しさ”とは【前編】

CPUでもGPUでもない「NPU」搭載の“AIノートPC”は何がすごい?

Intelが2023年12月に正式に発表したプロセッサ新シリーズは、AI技術関連のタスクをこなすことを念頭に置いている。「NPU」を搭載するこのプロセッサの“革新的な点”はどこにあるのか。

/tt/news/2401/26/news02.jpg
DPUを丸分かり解説【中編】

「結局DPUって何?」が分かるCPU、GPU、DPUの根本的な違い

「CPU」や「GPU」と共に使われ、“第三のプロセッサ”と言われることもある「DPU」(Data Processing Unit)。CPUとGPUとは何が違うのか。DPUの仕組みを説明する。

/tt/news/2401/25/news02.jpg
データ統合の旅【後編】

全員が“IT専門家”でも「データ統合」は成功しない 必要なのは?

企業では、IT部門だけでなく、事業部門の人材が自らITを活用する民主的なアプローチが広がっている。ただし、データ統合を民主的にしようとする場合には注意点がある。

/tt/news/2401/21/news01.jpg
3種類のストレージを比較【第4回】

ブロックストレージ、ファイルストレージ、オブジェクトストレージの違いとは?

ブロックストレージ、ファイルストレージ、オブジェクトストレージにはそれぞれどのような特徴があり、何が得意なのか。3つのストレージについて、各種の視点で違いを紹介する。

/tt/news/2401/19/news08.jpg
英国のスパコン事情

英国スパコンの気になるスペック 「Dawn」と「Isambard-AI」は何がすごい?

英国政府は、ケンブリッジ大学の「Dawn」とブリストル大学の「Isambard-AI」というスーパーコンピュータに研究開発に資金を投入し、AI技術研究を推進している。気になるスペックは。

/tt/news/2401/19/news06.jpg
DPUを丸分かり解説【前編】

注目の「DPU」とは何か? その本質が分かる“CPU補佐役”の正体

AWSやMicrosoftなど大手クラウドベンダーを中心に、「DPU」(Data Processing Unit)の採用が進んでいる。CPU、GPUの“新しい仲間”DPUには前身がある。それは何なのか。

/tt/news/2401/19/news01.jpg
米国特許商標庁から学ぶデジタル変革【後編】

数カ月を要した脆弱性対策をたった1日で――「遅い」を払拭した政府機関の改革

政府機関は腰が重い――。そのイメージを、米国特許商標庁(USPTO)はデジタル変革を通じて払拭した。具体的に何を変えたのか。組織面から成功のポイントを考える。

/tt/news/2401/18/news07.jpg
パススルーと仮想GPU【第4回】

仮想マシンで「GPU」を無駄なく使うためのモニタリング方法

「GPU」の貴重なコンピューティングリソースをできるだけ無駄なく使うには、その使用状況を適切に把握することが欠かせない。仮想マシンでGPUを使う場合のパフォーマンス測定方法とは。

/tt/news/2401/18/news04.jpg
NEWS

Google Cloudをやめるときの「データ転送」が無料に なぜなのか?

Googleは顧客が「Google Cloud」の利用を停止し、他のクラウドサービスベンダーやオンプレミスのデータセンターに移行する場合のデータ転送を無料にすると発表した。

/tt/news/2401/17/news10.jpg
変化するRAIDの仕組み【第4回】

HDDやSSDで大人気の「RAID」とは? RAID 3からRAID 5の違い

ストレージのデータを保護し、パフォーマンスと可用性を向上させる仕組みである「RAID」には、要件に応じてさまざまな仕組みがある。そのRAIDレベルについて個々の特徴や、人気の仕組みを解説する。

/tt/news/2401/15/news08.jpg
「AI向けプロセッサ」の競争激化【後編】

Google「Gemini」やAMD「APU」は後発ではなくAI戦国時代の“予兆”では?

GoogleはAIモデルの「Gemini」や最新「TPU」を発表し、AMDはAI向けの最新プロセッサを発表するなど、AI市場の競争が本格化しようとしている。AI技術とプロセッサを取り巻く今後の行方は。

/tt/news/2401/14/news01.jpg
3種類のストレージを比較【第3回】

「オブジェクトストレージ」の利点とは? オブジェクトとは何か?

ストレージの一種であるオブジェクトストレージ。どのような仕組みで、何がメリットとデメリットなのか。オブジェクトストレージの基本を知るための要点を紹介しよう。

/tt/news/2401/14/news03.jpg
生物学的デジタルカメラの激震

「DNAストレージ」がデータ保存の“限界”を超えるのか

データの使用量が増え続ける中、各種ストレージ新技術の開発に期待がかかっている。新たに発表された、DNAとデジタル技術の組み合わせるシステムがストレージ業界に革新をもたらす可能性がある。

/tt/news/2401/12/news04.jpg
米国特許商標庁から学ぶデジタル変革【前編】

「脱メインフレーム」で“40年の歴史”を終わらせる 米特許機関の決断

米国特許商標庁(USPTO)が2018年に着手したデジタル変革は、システムの不具合が発端だった。さまざまなハードルを乗り越え、USPTOが脱メインフレームを成功させた方法とは。

/tt/news/2401/12/news01.jpg
生成AIとLLMとNVIDIA【後編】

スパコンでも“快進撃”のNVIDIA その野望は続くのか、終わるのか?

NVIDIAは同社の製品がスーパーコンピュータ「JUPITER」に採用されたと発表した。これはどのような製品で、AI分野で使う場合にはどのような利点があるのか。NVIDIAの今後を含めて展望する。

/tt/news/2401/11/news14.jpg
パススルーと仮想GPU【第3回】

「仮想GPU」を使い始めるには? インフラや準備の流れは?

仮想マシンでGPU(グラフィックス処理ユニット)のリソースを使う場合は、当然ながらそのための下準備が必要になる。GPUのリソースを使う2つの方法を基に、その準備の流れについて説明しよう。

/tt/news/2401/10/news08.jpg
変化するRAIDの仕組み【第3回】

HDDやSSDの「RAID」の違い RAID 10の特徴や“もう使わないRAID”は?

HDDやSSDのストレージを運用する上では、「RAID」の仕組みを知っておくことが欠かせない。RAIDではさまざまなレベルが定義されている。その仕組みの違いと、使いどころを知っておこう。

/tt/news/2401/10/news02.jpg
コンピュテーショナルストレージの可能性【後編】

GoogleやMetaも実戦投入 「コンピュテーショナルストレージ」活用例

演算機能とストレージが一体化した「コンピュテーショナルストレージ」は優れた演算処理能力を持ち、大量のデータを扱う用途において効力を発揮する。実際の製品や活躍する場面とは。

/tt/news/2401/07/news01.jpg
3種類のストレージを比較【第2回】

「ファイルストレージ」とは? 使いやすいストレージなのはなぜ?

ストレージの一種であるファイルストレージは、どのようなストレージなのか。基本的な仕組みやよくある使い方、注意が必要なデメリットなど、ファイルストレージの基本を説明する。

/tt/news/2401/07/news02.jpg
「AI向けプロセッサ」の競争激化【前編】

GPUより「APU」「TPU」こそ面白い理由とは? Geminiだけじゃなかった

AI向けのプロセッサ市場で支配的な立ち位置を築いてきた半導体ベンダーはNVIDIAだ。そこにAdvanced Micro Devices(AMD)とGoogleが、新たなプロセッサを携えてやって来る。その影響とは。

/tt/news/2401/05/news05.jpg
生成AIとLLMとNVIDIA【前編】

NVIDIAの新GPU「HGX H200」は何がすごいのか? 進化した点は?

NVIDIAは生成AIやLLMの処理を効率化する新しいGPUを発表した。近年、AI技術の活用に乗り出す動きが企業に広がっている。企業が着目すべきGPUの特徴とは。

/tt/news/2401/03/news03.jpg
変化するRAIDの仕組み【第2回】

HDDの基本を解説 「RAID 0」は何がなくて「RAID 1」は何に使える?

「RAID」はHDD(またはSSD)のデータを保護し、可用性とパフォーマンスを向上させる仕組みだ。RAIDレベルごとの違いや、それぞれの長所と短所、それぞれに適する用途を知っておこう。

/tt/news/2401/03/news01.jpg
コンピュテーショナルストレージの可能性【中編】

「コンピュテーショナルストレージ」は役に立つ? それとも使えない?

「コンピュテーショナルストレージ」は演算機能とストレージが一体化したストレージだ。さまざまなメリットだけではなく、デメリットも抱えている。具体的なデメリットとは。

/tt/news/2401/02/news02.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

「NAND」型と「NOR」型の違いとは? いまさら聞けない「メモリ」基礎ガイド

フラッシュメモリの「NAND型」と「NOR型」は、それぞれどのような利点があるのか。「QLC」「TLC」の違いとは。「メモリ」を理解する上で役立つ基本的な知識をまとめて確認しよう。

/tt/news/2401/02/news01.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

HDDやSSDのデータを安全に消す方法は? 「ストレージ」徹底活用ガイド

古いストレージを安全に処分するには、どうすればよいのか。HDD、SSD、テープの中で最も電力を食わないストレージとは何なのか。ストレージを効率的かつ効果的に活用するためのノウハウをまとめた。

/tt/news/2401/01/news03.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

「HDD」が故障前に示す”あの兆候”と、その見つけ方とは? HDD徹底活用ガイド

「HDD」は故障する前に、ある”兆候”を示すという。その正体とは何か。どのような手段で故障の兆候をチェックできるのか。HDDを安心して活用する方法を学ぼう。

/tt/news/2401/01/news02.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

「SSD」徹底活用ガイド 障害を引き起こす原因は? “割安”で買う方法とは?

データ転送速度に強みを持つ「SSD」。その障害を引き起こす原因とは何なのか。少しでも安価にSSDを購入するためには、何に注意すればよいのか。SSDの活用ポイントを整理する。