第三のプロセッサ「DPU」とは? CPU、GPUとの違い特選プレミアムコンテンツガイド

プロセッサと言えば「CPU」――。この常識が崩れ始めている。「GPU」「DPU」といった他のプロセッサが普及し始めたからだ。CPU、GPU、DPUの役割の違いと、それぞれが適する用途とは。

2024年02月08日 10時00分 公開
[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 最も広く使われているプロセッサは、コンピュータ全体の制御をつかさどる「CPU」(中央処理装置)だ。ただし普及したプロセッサはCPUだけではない。「GPU」(グラフィックス処理装置)や「DPU」(データ処理装置)といった新しいプロセッサが使用を広げているのだ。

 複数のプロセッサコア(演算装置)を搭載したCPUを使えば、あらゆるタスクを処理することはできる。それでもGPUやDPUといった他のプロセッサを併用することには意味があるという。それはどういうことなのか。CPU、GPU、DPUそれぞれの特徴や役割は何か。本資料で、これら3つのプロセッサの基本を理解しよう。


ALT ダウンロードはこちら

中身を読むには、「中身を読む」ボタンを押して無料ブックレットをダウンロードしてください。

連載:「CPU」「GPU」「DPU」はどう違うのか

ITmedia マーケティング新着記事

news132.jpg

「Apple炎上」から何を学ぶか?(無料eBook)
Appleが新しい「iPad Pro」の広告用に公開した「Crush!」が世界中で大炎上したのは記憶に...

news105.jpg

Web担当者を悩ませる「フォーム営業」をブロック 「ヘルプドッグフォーム」に新機能
ノーコードのフォーム作成管理システム「ヘルプドッグフォーム」が「フォーム営業ブロッ...

news070.jpg

Xの「いいね!」非公開化 イーロン・マスク氏の真の狙いは?
Xが「いいね!」を非公開化するアップデートを実施した。狙いの一つは、Xユーザーが他人...