「GPU仮想化」は何の役に立つ? 使うべき用途と避けるべき用途特選プレミアムコンテンツガイド

GPUのリソースを論理的に分割して効率的に使えるようにする「GPU仮想化」は、用途によって向き不向きがある。使うべき用途と避けるべき用途を解説する。

2024年01月31日 17時00分 公開
[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 ITのさまざまな話題を紹介するPDF形式のブックレット「プレミアムコンテンツ」。今回はGPU(グラフィックス処理装置)のリソースを抽象化して論理的に分割できるようにする「GPU仮想化」に関する連載記事を再構成して、1本のブックレットにまとめました。

 PCやタブレットなどのデバイスの画面でご覧いただくことも、印刷してお使いいただくことも可能です。ぜひダウンロードしてご活用ください。


中身を読むには、「中身を読む」ボタンを押して無料ブックレットをダウンロードしてください。

ALT ダウンロードはこちら

連載:GPU仮想化は何に役立つのか

ITmedia マーケティング新着記事

news074.jpg

ニップンと刀が協業 マーケティングノウハウで成熟市場を拡大へ
ニップンと刀は「ニップン × 刀 協業発表会」を開催し、協業を通じた両社の取り組みとそ...

news197.png

広告運用自動化ツール「Shirofune」がMicrosoft広告の改善機能を実装
Shirofuneは広告運用自動化ツール「Shirofune」に改善カード機能を追加。これにより、キ...

news192.jpg

インテージ、「YouTube Select」「YouTube Shorts」における態度変容調査を提供開始
広告効果測定サービス「Brand Impact Scope」をバージョンアップし、サンプルサイズと計...