「HDD」がついに終わる“条件付きの根拠”特選プレミアムコンテンツガイド

「SSD」全盛の中でも、主要なストレージとして活躍し続ける「HDD」。1セルに4bitのデータを保存可能な「QLC」を採用したSSDの登場で、その地位が脅かされつつあるという。ついにHDDは“終わる”のか。

2024年02月20日 18時30分 公開
[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 ストレージ市場を「SSD」が席巻する中でも、「HDD」は比較的低い容量単価を武器に、しぶとく残り続けてきた。ただし状況は変化しつつある。1つのメモリセルに4bitを格納する記録方式「QLC」(クアッドレベルセル)を採用したSSDの容量単価は、HDDの容量単価に近づく傾向にあるのだ。

 QLC採用のSSDが登場しても、HDDがすぐになくなるわけではない。ただし将来的には、特定の用途ではHDDが使われなくなるとの見方が、いよいよ現実味を帯びてきた。QLC採用SSDの台頭は、HDDをついに“終わらせる”のか。SSDがHDDに置き換わる可能性のある用途とは。本資料は、QLC採用SSDによってストレージ選びの“常識”がどう変化するのかを解説する。


ALT ダウンロードはこちら

中身を読むには、「中身を読む」ボタンを押して無料ブックレットをダウンロードしてください。

連載:風雲児「QLC」がもたらすストレージ革命

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

Cookie廃止で広告主とデータプロバイダ、媒体社にこれから起きることとその対策
連載の最後に、サードパーティーCookie廃止が広告主と媒体社それぞれに与える影響と今後...

news100.jpg

メタバース生活者定点調査2023 メタバース利用経験は横ばいでも認知は向上
博報堂DYホールディングスによる「メタバース生活者定点調査2023」の結果です。メタバー...

news165.jpg

GoogleのBIツールからLINEにノーコードでデータ連携 primeNumberが「trocco action for Looker」を提供
primeNumberが「trocco action」の提供を開始。第一弾としてGoogleのBIツール「Looker」...