「HDDがついに終わるのか」の答えが“イエス”である条件付きの根拠風雲児「QLC」がもたらすストレージ革命【前編】

QLCによるSSDの登場とともに、その存在が脅かされてきたHDD。QLCの活用が広がる中、いよいよHDDの存在意義を考えなければならない状況になりつつある。HDDは、もう終わりなのか。

2023年05月08日 05時00分 公開
[Scott SinclairTechTarget]

 HDDの終わりは近いのか――。1つのメモリセルに4bitを格納する記録方式「QLC」(クアッドレベルセル)のSSDの活用が進む中、これは非常に興味深い問いになりつつある。ここですぐに「イエス」と言い切ってしまいたいところだが、まずは市場背景を説明した上で、改めてこの問いへの答えを示そう。

HDDは終わる――ただし“あの条件付き”で

 QLCになることで、SSDの容量単価はHDDの容量単価に近づく傾向にある。HDDの存在意義を議論する際、QLCの活用状況がよく引き合いに出されるのはそのためだ。

 ストレージベンダーのNetAppは2023年2月、QLCを採用することでSSDの容量当たりのコスト効率を高めることを重視したストレージ製品群「NetApp AFF C」を発表した。SSDをより幅広い用途に使う取り組みにおいて、同社は重要な一歩を踏み出したことになる。QLCを採用したストレージ製品を提供するのは同社ばかりではない。

 HDDの分野でも技術革新は続いている。QLCの活用が広がったからといって、企業におけるHDDの利用がすぐになくなるとは言えない。ただしHDDよりもSSDの方がデータにアクセスする際のレイテンシ(遅延)を抑えやすいため、容量単価がさほど違わないのであれば、企業にとってSSDに投資する価値は十分にあると言える。

 大容量のデータ保管のコストを抑制するのであれば、SSDではなくHDDを選択するのが従来の一般的な考え方だ。だがSSDの容量単価がHDDに近づくほど、そうした用途においてもSSDを使うべき理由が大きくなる。構造化データと非構造化データをまとめて保管する「データレイク」においても、SSDを使う動きは珍しいものではなくなっている状況だ。

 SSDは、データの読み書きなどのパフォーマンス、故障の発生しにくさ、運用の簡素さといった点でメリットを得やすい。それを考えれば、企業は保有する全ての本番用ストレージを、SSDに変えてもいい。

 持続可能性(サステナビリティ)の優先度が高まる中では、消費電力を抑制する視点も浮上する。一般的に、SSDはHDDよりも消費電力を抑えやすいため、SSDを使うべき理由は、かつてないほどに高まっている状況なのだ。

 以上の点を踏まえて、もう一度問おう。

 QLCの台頭は、HDDの終わりを意味するのか――。企業のオンプレミスのデータセンターにおいては「イエス」だ。オンプレミスのストレージは、全てSSDで問題ない。とはいえ、HDDの技術は引き続き一定の役割を担うと考えられるため、完全なイエスではない。特にクラウドサービスのデータセンターでは、今後もHDDが使われる。

 オンプレミスのデータセンターとクラウドサービスのデータセンターではSSDとHDDの採用状況が異なり、今後は双方においてSSDとHDDのバランスに不均衡が生じる。この先、オンプレミスのデータセンターではSSDを導入する動きが勢いづくと考えられる。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news098.jpg

食品の高値安定傾向はどこまで続く?――インテージ調査
全国約6000店舗より収集している「SRI+(全国小売店パネル調査)」を基に実施した食品や...

news028.jpg

インターネット広告の新しいKPIと「アテンション」の再定義
最終回となる今回は、ターゲットに届いた広告の効果を正しく測定するための指標として「...

news158.png

売れるネット広告社、「売れるD2Cつくーる」にLP自動生成機能を追加
売れるネット広告社が「売れるD2Cつくーる」に、新たに「ランディングページ自動生成(AI...