SSDを融合させたストレージ「FLAPE」はテープやHDDとは“あれ”が違う謎のストレージ「FLAPE」の利点【前編】

ストレージはさまざまな進化を遂げている。複数のストレージを掛け合わせた「FLAPE」もその一つだ。FLAPEとはどのようなストレージなのか。その利点とは。

2024年03月27日 08時15分 公開
[Brien PoseyTechTarget]

関連キーワード

管理者 | ストレージ | 技術解説


 過去には「テープの需要はもうなくなる」という見方が広がった時期があるが、実際にはテープの需要は消えていない。SSDなどのフラッシュストレージをテープに掛け合わせた「FLAPE」(フレープ)というストレージもある。FLAPEの利点や、HDDとの違いとは何か。

SSDを融合させた「FLAPE」はテープやHDDとは“あれ”が違う

 FLAPEの利点を理解するために、まずはフラッシュストレージとテープのそれぞれの長所と短所を把握しておこう。

フラッシュストレージ

 SSDなどフラッシュストレージの大きな利点は、他のストレージよりもデータ読み書きが高速になりやすいことだ。SSDには、フラッシュメモリの一種である「NAND型フラッシュメモリ」が使われている。特にストレージの接続規格「NVMe」(Non-Volatile Memory Express)に準拠したSSDは、データ読み書きのパフォーマンスが高くなる。

 HDDが搭載しているような可動部分はSSDにはない。そのためSSDは、回転するディスク(プラッタ)を搭載するHDDと比べて消費電力が少ない他、音や熱もあまり発生しない。

 SSDの欠点は、総じて保存できるデータの容量が比較的小さい、あるいは容量単価が比較的高くなることだ。数十TB(テラバイト)規模の大容量のSSDもあるが、1GB当たりのコストはHDDよりも高くなる傾向にある。

テープ

 テープは大容量のデータを比較的安価に保存できるのが魅力だ。テープのデータ転送速度は決して遅いわけではなく、連続的なデータの読み込みは得意とする。一方でテープは、不連続なデータへのアクセスには不向きだ。

 テープは基本的にはデータを読み書きするとき以外は電力を消費しない。その観点では環境に優しく、持続可能性を追求したストレージだと言える。

FLAPEの利点とは

 FLAPEはフラッシュストレージの速度と、テープの大容量を組み合わせた階層型ストレージだ。データの特性に応じてフラッシュストレージとテープを使い分ける。フラッシュストレージのみを使う場合と比べ、データ保存のコストを抑えることができる。


 後編はFLAPEのより具体的な活用方法や、利点や注意点を紹介する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news080.jpg

DIORが本気で挑むラグジュアリー体験としてのAR
広告プラットフォームのTeadsがAR(拡張現実)とAI(人工知能)技術を応用したサービスを...

news057.jpg

AIに対して良い印象を持っている人は70%以上 理由は?
楽天インサイトが「AIに関する調査」結果を発表。AI(人工知能)のイメージや生活への関...

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...