UPSは「安心安全」のはずが……バッテリーで変わる非常用電源の火災リスクバッテリー式UPSのリスク【前編】

データセンター停電時の非常用電源になる「無停電電源装置」(UPS)。安心と安全のための装置だが、UPSの種類によっては火災を引き起こすことがある。どのようなリスクがあるのか。

2024年02月15日 08時00分 公開
[Jack PearceTechTarget]

 データセンターの「無停電電源装置」(UPS)は、電力供給が止まった際に非常用電源として機能する装置であり、データセンターの信頼性を確保するために欠かせない。UPSは種類によって抱えるリスクが異なる。特に火災のリスクに関しては、UPSの種類によって明確な違いがある。

UPSの種類で変わるリスクとは

 UPSは主に2種類ある。一つは、フライホイールと呼ばれる回転体でエネルギーを蓄える「フライホイール式」。もう一つは「バッテリー式」だ。フライホイール式は運動エネルギーを電気エネルギーに変換する。バッテリー式は化学エネルギーを電気エネルギーに変換する。

 フライホイール式は、一般的にバッテリー式よりも寿命が長い。数十年にわたり、ほとんどメンテナンスしなくても稼働している場合もある。継続的に運用しても故障が少ないということは、大惨事に発展するリスクを抑制しやすいということだ。

 一方、広く使われてきたのはバッテリー式だ。バッテリーは近年、鉛バッテリーからリチウムイオンバッテリーに置き換わりつつあり、UPSの分野でも同様の動きがある。リチウムイオンバッテリーは「小型化」という点で革命的だった。だが、ノートPCが普及し始めた段階で、オーバーヒート(過熱)や火災の事例が報告されていた。飛行機内でノートPCの電源を落とさなければならなかったのは、それほど昔の話ではない。機内へのノートPC持ち込みを禁止する議論さえあった。

 リチウムイオンバッテリーはノートPCだけではなく、その他の電子機器や電気自動車に搭載されるようになった。ただし「電動スクーターから出火」といった報告は依然としてある。


 後編は、リチウムイオンバッテリー搭載のUPSが抱えるリスクについて解説する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...