コロナ禍明けで「ストレージ」の発売ラッシュ? 新登場の主要製品はこれだ気になるストレージの進化

人工知能(AI)技術の活用が広がることを受けて、ストレージのニーズが一段と高まると考えられる。ストレージは今、どのような進化を遂げているのか。主要ベンダーの製品で具体的に見てみよう。

2024年02月28日 05時00分 公開
[Yann Serra, Antony AdsheadTechTarget]

 企業にとってデータ保存やデータ活用の重要性が増す中で、ストレージベンダーは、ハードウェアとソフトウェアの両面で技術開発を進めている。主要ストレージベンダーが力を入れている技術に、1つのメモリセル(記憶素子)当たり4bitを格納する「QLC」(クアッドレベルセル)がある。QLCのストレージやソフトウェアを含めて、2023年に主要ストレージベンダーが発表したストレージ製品を紹介しよう。

2023年は新製品ラッシュ どんなストレージが登場したのか?

 「2023年にリリースされたストレージを見ると、コストや機能の面でユーザー企業の『ビジネス』に貢献する製品が際立っている」。そう語るのは、調査会社Forrester Researchのアナリスト、ブレント・エリス氏だ。

 エリス氏によると、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)によってストレージ部品が調達しにくくなり、ベンダー各社は製品開発を進めにくい状況に陥っていた。2023年からは部品調達が正常な状態に戻りつつある他、新興のストレージベンダーによる技術開発が活発だと同氏は説明する。それを追い風に、2023年は以下の通り、さまざまな新製品が登場した。

NetApp

 NetAppは2023年2月、QLCのフラッシュストレージ「NetApp AFF C」シリーズの3製品「C250」「C400」「C800」を発売した。バックアップを主な用途としている。その他同社は2023年7月、QLCのフラッシュストレージアレイ「ASA C」シリーズを発売した。

Pure Storage

 Pure Storageは2023年3月、QLCのフラッシュストレージアレイ「FlashBlade//E」を発売。FlashBlade//Eは、高密度のデータ保存を重視した同社独自モジュール「DirectFlash」を採用している。Pure Storageは2023年6月に、QLCのフラッシュストレージアレイ「FlashArray//E」も投入した。

Huawei Technologies

 Huawei Technologiesは2023年9月、フラッシュストレージアレイ「OceanStor Pacific 9920」を発売。2023年11月には、コストを抑えることを重視したエントリー機種「OceanStor Dorado 2100」も投入した。

「ソフトウェア」に注力の動きも

 2023年はハードウェアに加え、ソフトウェアに関してもストレージの進化が見られた。

Dell Technologies

 Dell Technologiesはストレージアレイの新製品は投入せず、ストレージ用ソフトウェア開発に力を入れてきた。

Hitachi Vantara

 Hitachi Vantaraもソフトウェア開発に注力する方針を打ち出している。同社はソフトウェア定義ストレージ(SDS)製品である「Hitachi Virtual Storage Platform One」(VSP One)を注力製品としている。VSP Oneは大容量のデータ保存を可能にし、ブロックアクセス、ファイルアクセス、オブジェクトアクセスを提供する。

HPE

 Hewlett Packard Enterprise(HPE)はモジュール構造のストレージ「HPE Alletra Storage MP」シリーズに注力。HPE Alletra Storage MPシリーズはオブジェクトストレージやバックアップアプライアンス、分散ファイルストレージを提供する。オブジェクトストレージはScality、バックアップアプライアンスはCohesity、分散ファイルストレージはVAST Dataのソフトウェアを使用している。

IBM

 IBMはソフトウェアを中心にして同社ストレージ製品を刷新することを明らかにしている。2023年3月にストレージのデータ保護機能を提供するソフトウェア「IBM Storage Defender」、2023年11月にはストレージシステム「IBM Storage Scale System 6000」を発売した。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...

news182.jpg

中小企業のマーケティングDX 取り組みが進まない理由は?
トライベックの2024年最新版「中小企業DX実態調査」の結果、さまざまな課題が浮き彫りに...