2022年07月01日 05時00分 公開
特集/連載

エンジニアの“コミュ力”不足が「クラウドストレージ」を危険にさらす?クラウドストレージの「5大リスク」と回避策【後編】

クラウドストレージの安全な利用に取り組む際は、セキュリティ管理とコンプライアンスの2つを無視してはいけない。具体的にどうすればいいのか。

[John EdwardsTechTarget]

 便利だが、さまざまなリスクもあるクラウドストレージ。安全に利用するためには、ユーザー企業はクラウドストレージにどのようなリスクがあるかを把握し、回避策を打ち出す必要がある。後編となる本稿は、クラウドストレージの5大リスクのうち、4つ目と5つ目を取り上げる。

4.不適切なセキュリティ管理:複数担当者の「かみ合わない」もリスクの原因?

 クラウドストレージのセキュリティ問題は、セキュリティ管理が複雑過ぎたり、セキュリティ管理に携わっているエンジニアの作業がうまくかみ合わなかったりすることによって発生する場合がある。ユーザー企業はこの問題に対して「2つの方法で対処できる」と、ライフサイエンス業界向けクラウドベンダーBenchlingでCISO(最高情報セキュリティ責任者)を務めるザッハ・パワー氏は述べる。

 1つ目の方法は、基本的なセキュリティ管理についてユーザー企業が自らポリシーを設定できるクラウドストレージを利用することだ。例えばAmazon Web Services(AWS)の「Amazon Simple Storage Service」(Amazon S3)が挙げられる。2つ目の方法は、クラウドストレージのセキュリティについてベンダー側が責任を負っているサービスの利用だ。

5.不完全な規制順守:コンプライアンスの徹底を

 コンプライアンスはクラウドストレージのセキュリティにおいて、無視できない懸念事項になっている。グローバルで事業展開している企業は、各国の法律を把握して守る必要がある。インドのITベンダーTata Consultancy Servicesでサイバーセキュリティのグローバル統括担当者を務めるサンタ・サブラモニ氏によると、コンプライアンスの具体的な方針はユーザー企業がデータを保存する場所と方法によって変わる。クラウドストレージを利用する場合は「徹底的なコンプライアンスの施策が欠かせない」とサブラモニ氏は言う。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news200.png

韓国と台湾の訪日旅行客 旅マエ検索データで分かった行きたい場所の傾向は?
グローバルマーケティングを手がけるアウンコンサルティングが、2023年の訪日外国人客の...

news150.jpg

新進D2CコスメブランドのCMOが激推し 「Meta Advantage+ ショッピングキャンペーン」とは?
Meta幹部はD2CコスメブランドJones Road BeautyのCMOとのラウンドテーブルで、2024年に広...

news091.jpg

2023年の動画広告市場は前年比112%の6253億円 縦型動画広告が高成長――サイバーエージェント調査
サイバーエージェントが10回目となる国内動画広告市場の調査結果を発表しました。