2022年06月30日 09時00分 公開
特集/連載

開発者が「Microsoft Dev Box」を使わない理由を“クラウドIDEの苦悩”から探るMicrosoftの開発者向けサービス「Microsoft Dev Box」とは【後編】

開発者向けのクラウドサービスは「Microsoft Dev Box」だけではない。「クラウドIDE」はその代表例だ。開発者がクラウドIDEを受け入れているかどうかを知ることは、Microsoft Dev Boxの成否を占う上で参考になる。

[Stephanie Glen,TechTarget]

 Microsoftの「Microsoft Dev Box」は、開発者に向けてコーディングに必要なワークステーションをクラウドサービスとして提供する。開発者はアプリケーション開発に必要なツールや仮想マシン(VM)、ネットワーク機能などを、クラウドサービスとして利用できるようになる。

開発者が“従来型IDE”から離れない理由

 開発者向けのクラウドサービスはMicrosoft Dev Boxだけではない。既にGoogleの「Cloud Shell Editor」やAmazon Web Servicesの「AWS Cloud9」など、統合開発環境(IDE)のクラウドサービス(以下、クラウドIDE)が市場に存在する。

 クラウドIDEは、開発者の利用が十分に進んでいるわけではない。その理由は主に

  • インターネット接続ができないと、基本的には利用できなくなる

という、当然かつ厄介な課題があるからだ。

Microsoft Dev Boxが持つ特徴とは

 「開発者は古い習慣に立ち戻る可能性がある」と、マーケティングソフトウェアベンダーのHubSpotで開発者関係構築のシニアマネジャーを務めるクリス・ライリー氏は言う。開発者にとって、使い慣れたワークステーションで、使い慣れたIDEを用いて開発を進めるのは、とても快適だ。インターネット接続の有無によらずIDEをすぐに利用できるので、積極的にクラウドIDEを利用したいという気持ちになりにくい。

 開発者にとってMicrosoft Dev Boxには特有のメリットがある。それでも開発者がMicrosoft Dev Boxを積極的に採用することは、クラウドIDEと同様に「期待できない」とライリー氏は予想する。「それ以外に選択の余地はないと言われて初めて、開発者は採用を検討する」というのが同氏の見方だ。

 Microsoftのクラウドサービス群「Microsoft Azure」との連携によって、Microsoft Dev Boxが市場に変化を引き起こす可能性があるとライリー氏はみる。同氏はこのメリットが、Microsoft Dev Boxの採用の動機となる可能性があると予想する。

 開発者がMicrosoft Dev Boxを試したくなる、もう一つの理由が「利用可能なIDEの幅広さだ」と、調査会社IDCでソフトウェア開発分野のリサーチバイスプレジデントを務めるアーナル・ダヤラートナ氏は説明する。Microsoft Dev BoxのゲストOSは「Windows」であり、Windowsで実行可能なさまざまなIDEを実行できるからだ。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

「ペプシチャレンジ」で煽られて焦ったコカ・コーラの“痛恨のやらかし”とは?
長年の間「コーラ戦争」を続けてきたCoca-ColaとPepsi。マーケティング施策でも切磋琢磨...

news149.jpg

デジタル化する顧客体験に関する消費者と企業の認識ギャップ――ナイスジャパン調査
問い合わせの初動としてインターネットやFAQ検索をする人が約8割。デジタルチャネルによ...

news042.jpg

気象データは近未来のデータ 予測に基づき「役に立つ」広告を届ける
気象データを活用することでどのような広告コミュニケーションが可能になるのか。海外の...