Dellは「APEX」でAWSやAzureとオンプレミスのストレージ管理を一元化する「クラウドとオンプレミスの融合」を進めるDell【後編】

ハイブリッドクラウドを推進するDellは、クラウドストレージとオンプレミスのストレージの一元管理を可能にすべく、「Dell APEX」を拡充させている。その中身とは。

2023年08月14日 10時15分 公開
[Scott SinclairTechTarget]

 Dell Technologies(Dell)は、同社のサーバやストレージなどのハードウェアをサブスクリプション形式で提供する製品/サービス群「Dell APEX」の拡充を通じて、クラウドサービスとオンプレミスインフラを組み合わせる「ハイブリッドクラウド」を推進しようとしている。具体的にはクラウドサービスとオンプレミスインフラの間で一貫した管理手法を実現するための製品/サービスの提供に力を入れ始めた。

Dell「APEX」でAWSやAzureのストレージとオンプレミスストレージを一元管理

 2023年5月開催の年次カンファレンス「Dell Technologies World 2023」で、DellはDell APEXサービス群として、ストレージ関連サービスを発表した。代表例が

  • Dell APEX Block Storage for AWS
  • Dell APEX Block Storage for Microsoft Azure
  • Dell APEX File Storage for AWS

の3種だ。これらのDell APEXサービスは、Amazon Web Services(AWS)やMicrosoftが提供するクラウドストレージと、オンプレミスのストレージの一元的な管理を可能にする。DellがGoogleの「Google Cloud Platform」など、他のクラウドサービス向けにも同様のDell APEXサービスを提供するのかどうかは分かっていない。

 ハイブリッドクラウド推進のために、Dellが提供する製品に「Dell NativeEdge」がある。Dell NativeEdgeは、エッジ(データの発生源)にあるコンピュータの管理やセキュリティ対策などの作業を簡素化するためのソフトウェアだ。エッジコンピュータのリモート管理を可能にする。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

「伊右衛門」「日清麺職人」「鍋キューブ」に見る2024年上半期食品・飲料トレンドは「うま濃い余韻」
食品メーカーの商品開発やマーケティング支援などを行う味香り戦略研究所は、2024年の食...

news076.jpg

オラクルが広告事業から撤退へ ポストCookie時代の業界地図は変わるか?
Oracleは「Responsys」「Moat」「BlueKai」などの買収を重ねて広告部門を構築してきた。...

news068.jpg

琉球泡盛「残波」「海乃邦」の海外展開を例に考える日本のブランドが持つべき視点
日本のブランドが海外展開で持つべき視点とはどのようなものか。2024年4月にI&CO APAC代...