2020年07月29日 05時00分 公開
特集/連載

「Azure Stack」だけじゃない、Microsoftのハイブリッドクラウド製品とは?AWS、Microsoft、Googleのハイブリッドクラウド製品・サービス【中編】

オンプレミスのインフラ向け製品を長く提供してきたMicrosoftは、クラウドベンダーの中でもいち早くハイブリッドクラウドに目を向けてきた。同社のハイブリッドクラウド向け主要製品・サービスを紹介する。

[Tom Nolle,TechTarget]

 クラウドベンダー各社は「ハイブリッドクラウド」を実現するための製品・サービスの開発や提供を進めている。ハイブリッドクラウドは、複数のユーザー企業でインフラを共有する「パブリッククラウド」と、特定のユーザー企業がインフラを専有する「プライベートクラウド」の組み合わせだ。

 この連載では、大手クラウドベンダーであるAmazon Web ServicesとMicrosoft、Googleのハイブリッドクラウド戦略と、各社が提供するハイブリッドクラウド関連製品・サービスを紹介する。前編「AWSが提供する『ハイブリッドクラウド』に役立つ主要サービスとは?」に続く本稿は、Microsoftのハイブリッドクラウド関連製品・サービスを取り上げる。

Microsoft

 Microsoftの「Azure Stack」は、同社のクラウドサービス群「Microsoft Azure」の機能をオンプレミスのデータセンターに拡張するための製品・サービス群だ。主要なAzureサービスをオンプレミスで実行できる。

 ワークフローとハイブリッドクラウド管理のためのツール類も提供している。その中でもアプリケーション間の非同期通信を可能にするメッセージキューイングサービスの「Service Bus」は、Azureとオンプレミスのインフラのそれぞれで稼働するアプリケーションの連携を可能にする。

 ユーザー企業は、Service BusとMicrosoftのAPI(アプリケーションプログラミングインタフェース)管理ツール群を合わせて利用することで、ハイブリッドクラウドを使ったシステム構築を簡素化できる。この組み合わせはすでに幾つかのユーザー企業が採用している。

 Microsoftはハイブリッドクラウドのデータ処理を可能にする以下の2つのサービスも提供し、ハイブリッドクラウド分野での優位性を維持しようとしている。

  • Event Grid
    • イベント駆動型アプリケーションの開発に役立つイベントルーティングサービス。各種アプリケーションとの間でイベントを送受信する。
  • Logic Apps
    • ワークフロー自動化サービス。一連のプロセスに沿って複数のアプリケーションを連携させることができる。Microsoftやサードパーティーのアプリケーションに接続するための「コネクタ」を豊富に用意している。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news113.jpg

日本のスマホ決済アプリのインストール数は75%成長 バンキングアプリ利用も急増――Adjust調査
2020年上半期は特に日本において、新型コロナの影響でファイナンスアプリの利用が活発化...

news048.jpg

ニューノーマル初の年末商戦 成功の鍵は「送料無料」と「低価格」、そして……――Criteo予測
コロナ禍の収束が見通せないながらも、人々の消費は少しずつ動き出しています。ホリデー...

news177.jpg

広告業界の倒産、4年連続増加の可能性も――帝国データバンク調査
広告関連業者の倒産動向調査(2020年1〜9月)の結果です。年末に向け、新型コロナウイル...