「無線LANコントローラー」はもう必要ではなくなるのはなぜ?無線LANの未来はどうなる?【前編】

企業のビジネスの変化に応じて進化してきた無線LAN。今後はどのような変化が考えられるのか。無線LANコントローラーに起こり得る変化とは。

2023年08月14日 05時00分 公開
[Lee BadmanTechTarget]

関連キーワード

無線LAN | Wi-Fi | ネットワーク


 さまざまなビジネスがネットワークの進化と共に変わり続けている。ネットワークベンダーが開発する新技術や、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)のような世界的な出来事が、さまざまな変化をもたらす。

 無線LANベンダーは総じて、クラウドサービスを中心にして無線LANサービスを提供する方向へと進んでいる。そこで浮上している問題が、無線LANコントローラーは今後も必要なのかどうかだ。

無線LANコントローラーは必要なくなる?

 以前はクラウドサービス中心という方針を持たない無線LANベンダーは少なくなかった。こうした無線LANベンダーも、パンデミックでテレワークが普及したことを機に、クラウドサービス中心のサービス提供方針を取り入れ始めた。

 クラウドサービスで無線LANを管理する方法が広がることで、オンプレミスインフラに配置する無線LANコントローラーの必要性は減じる。無線LANコントローラーは、集中管理型の大規模ネットワークの構築や運用に貢献してきた。ただし無線LANコントローラー内で起きるバグなどのさまざまなエラーは、IT管理者にとっての悩みの種になっていた。

 将来的に無線LANは、大規模な仮想LANを構成するネットワークの一部として、大部分がクラウドサービスで管理されるようになると考えられる。オンプレミスインフラに無線LANコントローラーを配置する時代は終わりつつある。ネットワークエンジニアは、オンプレミスのネットワーク機器の管理から解放され、無線LANの設計や運用に集中することができる。


 中編は、無線LAN規格「IEEE 802.11ax」(Wi-Fi 6)を中心に、変化のポイントの一つを紹介する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news172.jpg

デジタルサイネージ一体型自動ドアによる広告配信サービス ナブテスコが提供
ナブテスコがデジタルサイネージ一体型自動ドアを広告メディアとして利用する新サービス...

news072.jpg

Threadsで目立つ投稿をするには? Metaがフィードアルゴリズムの仕組みに関する洞察を公開
X(旧Twitter)に変わるものとして期待されるMetaの短文投稿SNS「Threads」。Metaが公開...

news061.jpg

マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、...