2022年07月28日 05時00分 公開
特集/連載

クラウドストレージを使ってはいけない“危ないベンダー”の特徴クラウドベンダー選定の注意点【前編】

オンプレミスインフラからクラウドサービスにストレージを移行する際、注意すべき点がある。失敗しないクラウドベンダーの選び方とは。

[Tony Lock,TechTarget]

 クラウドサービスには迅速に利用開始できる、必要に応じてリソースを拡張できるなどのメリットがある。インフラの管理をクラウドベンダーに任せることができるメリットもある。一方でユーザー企業は、データやアプリケーションの保護、セキュリティ確保などにおいて責任を負うので、各種設定や管理には注意を払う必要がある。

 オンプレミスインフラのストレージをクラウドサービスへ移行する際、設計や運用方法を全て変える必要はない。オンプレミスで適用してきたものが、クラウドサービスにおいて有効な場合もある。しかし現実は複雑だ。

クラウドストレージの失敗しない選び方 “危ないベンダー”の特徴は?

 IT系の調査会社Freeform Dynamicsによれば、「ハイブリッドクラウド」を導入する動きが広がっており、ストレージについてもハイブリッドクラウドにする必要性が高まっている。この場合のハイブリッドクラウドとは、オンプレミスインフラまたはホスティング型プライベートクラウドと、クラウドサービスを併用する利用形態を指す。

 ストレージをハイブリッドクラウドで運用する場合、運用管理の一貫性は不可欠だ。オンプレミスインフラで保管するデータとクラウドサービスで保管するデータの、ポリシーや運用管理ツールを使い分けることは避けるべきだ。Freeform Dynamicsによれば、ユーザー企業は一元的な運用管理を望む傾向にある。

 オンプレミスインフラで実践してきた管理方法をクラウドサービスでも適用したい場合、クラウドサービスの選定基準に「自社の手法で実践できるかどうか」を入れる必要がある。クラウドベンダーが独自の手法を強要してくる場合、そのベンダーではなく他のベンダーを利用すべきだ。

 標準的もしくは模範的な管理方法を避けるクラウドベンダーは選ばない方がいいだろう。オンプレミスインフラとクラウドサービスのギャップを埋めて運用管理の一貫性を実現できるベンダーもあれば、自社のやり方やアーキテクチャを受け入れるよう勧めてくるベンダーもある。自社のやり方を進めてくるベンダーのクラウドサービスを利用する場合、ベンダーロックインには最大限用心した方がいい。

 まとめると、ユーザー企業がクラウドベンダーを選定する際には以下2点を考慮すべきだ。

  • クラウドベンダーの透明性や開示性に注目する
  • 顧客をロックインしたり、管理方法の選択肢を制限したりするベンダーは避ける

 理想的には、次の四半期や翌年といった短期的な視点でなく、長期的な視点から5年後にも通用するようなクラウドサービスを探すべきだ。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news088.jpg

Amazon最強伝説を検証する
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news041.jpg

TwitterとShopifyが提携 米国のマーケターが熱視線を送る“ソーシャルコマース”とは?
TwitterはShopifyとの提携により、米国においてEC機能を拡張する。

news103.jpg

脱Cookie時代にデジタル広告が取り戻すべきものとは?
インターネット黎明期からデジタル広告の市場創造に携わってきた著者が今、気象データの...