AWSの新しい「シンクライアント」はまるでFire TV Cube 仕事に使えるか?AWSの新しいシンクライアント【中編】

AWSは新しいシンクライアント「Amazon WorkSpaces Thin Client」を発表した。同シンクライアントを業務に利用するのは現実的な選択なのか。スペックを踏まえて詳しく説明する。

2023年12月29日 05時00分 公開
[Gabe KnuthTechTarget]

 Amazon Web Services(AWS)はシンクライアントの「Amazon WorkSpaces Thin Client」を発表した。同製品によって、AWSの仮想デスクトップサービスを利用するユーザー企業の選択肢が広がると考えられるが、実際にはどのような使い方が可能なのか。複数の観点から、Amazon WorkSpaces Thin Clientの特徴と、業務での使い道と利点を説明する。

購入前に知っておくべき「Amazon WorkSpaces Thin Client」のスペックと特徴

 Amazon WorkSpaces Thin Clientの端末の大きさは、幅86ミリ、奥行き86ミリ、高さ77ミリだ。HDMIとUSB、イーサネットのポートを搭載している。無線LAN(Wi-Fi)での接続もできる。形状はAmazon.comが提供するメディアプレーヤーの「Fire TV Cube」とほぼ同一だ。通常版の価格は195ドルとなっている。

 端末には、「USB-A 2.0」のポートが1つしか搭載されていない。そのためディスプレイが1つで事足りる場合でも、Webカメラやスピーカーなどの2つ以上の外付けデバイスを利用する場合、USBハブ付きのモデルが必要になる。USBハブ付きのモデルの価格は279.99ドルだ。

 Fire TV Cubeと違う点は、Fire TV CubeのHDMIポートは4Kに相当する2160p(解像度3840×2160ピクセル)で利用できるのに対し、Amazon WorkSpaces Thin Clientは1080p(解像度1920×1080ピクセル)である点だ。

Amazon WorkSpaces Thin Clientを利用する利点と主な用途とは

 AWSによると、Amazon WorkSpaces Thin Clientを使う利点は以下の通りだ。

  • 端末のコスト削減
  • 端末の導入設定の簡素化
  • Amazon.com経由での配送
  • デスクトップ管理の一元化
  • エンドポイントにデータを保存しないことによるデータ保護

 主な用途として、キオスク端末やコンタクトセンター用端末としての利用、コンテンツ編集、デスクトップ管理用端末などがある。


 後編は、AWSがシンクライアントを提供開始することで、仮想化市場に起こる影響を考える。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news172.jpg

デジタルサイネージ一体型自動ドアによる広告配信サービス ナブテスコが提供
ナブテスコがデジタルサイネージ一体型自動ドアを広告メディアとして利用する新サービス...

news072.jpg

Threadsで目立つ投稿をするには? Metaがフィードアルゴリズムの仕組みに関する洞察を公開
X(旧Twitter)に変わるものとして期待されるMetaの短文投稿SNS「Threads」。Metaが公開...

news061.jpg

マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、...