過去記事一覧 (2024 年)

6 月

/tt/news/2406/06/news06.jpg
リモートアクセスの老舗「TeamViewer」の戦略【前編】

「TeamViewer」はいかにして“PC以外の遠隔操作”も可能になったのか

リモートデスクトップツールベンダーTeamViewerは、同社のリモートアクセス技術をPC以外の機器においても活用できるようにしている。その取り組みの背景を同社CEOに聞いた。

5 月

/tt/news/2405/25/news02.jpg
“Teams分離”の是非を問う

Microsoft 365から「Teams」が消えても“あの問題”はなくならない?

Microsoftは「Microsoft 365」「Office 365」から「Teams」を切り離して提供する方針を全世界に拡大させた。この措置にはある狙いがあるものの、根本的な問題はなくならないという見方がある。

/tt/news/2405/24/news03.jpg
業務効率を左右するものとは

Teams、Slackでは解消できない「駄目なテレワーク」の“5大要因”

テレワークではコラボレーションツールの活用が欠かせない。しかしコラボレーションツールを導入するだけではさまざまな問題が発生する可能性がある。その5大要因とは。

/tt/news/2405/23/news11.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

「Teams」対「Zoom」の“勝者”はどっち?

Web会議機能を搭載したコミュニケーションツールの代表例が「Microsoft Teams」と「Zoom」だ。どちらを選ぶのが“正解”なのか。機能や導入のしやすさなど幾つかの観点で、両者を比較する。

/tt/news/2405/23/news01.jpg
揺れるMicrosoft製品【後編】

Microsoft 365の「Teams分離」に待ち受けるまさかの結末

Microsoftは「Microsoft 365」「Office 365」から「Teams」を切り離して提供する地域を拡大することを決定した。その根本には、同社のユーザー企業が示した“ある考え”があった。

/tt/news/2405/16/news05.jpg
揺れるMicrosoft製品【前編】

「Microsoft 365」「Office 365」から「Teams」がなくなる本当の影響

Microsoftは全世界的に「Microsoft 365」「Office 365」から「Teams」を分離することを決定した。その背景には何があったのか。コラボレーションツール市場への影響は。

/tt/news/2405/09/news03.jpg
2大テレビ会議システムを比較【後編】

「Microsoft Teams Rooms」と「Zoom Rooms」の“決定的な違い”はあれの有無

「Microsoft Teams Rooms」と「Zoom Rooms」は、どちらもオフィスの会議室に備え付ける、ソフトウェアとハードウェアを組み合わせたテレビ会議システムだ。両者を比較して検討する際、何を基準にすればいいのか。

/tt/news/2405/05/news01.jpg
「ビデオポッドキャスト」の全て【後編】

「ビデオポッドキャスト」を“プロ級”に仕上げる制作方法の基本とは

ポッドキャストに視覚的な要素を加えた「ビデオポッドキャスト」は、企業のマーケティング活動にも活用することが可能だ。ビデオポッドキャスト用の動画制作の基本を紹介する。

/tt/news/2405/03/news01.jpg
「ビデオポッドキャスト」の全て【中編】

「動画版ポッドキャスト」は企業にとって何が魅力なのか?

「ポッドキャストの動画版」である「ビデオポッドキャスト」は、視聴者や配信者という個人の視点だけではなく、企業のような組織の視点でも役立つ。それぞれにどのようなメリットをもたらすのかを解説する。

/tt/news/2405/02/news04.jpg
2大テレビ会議システムを比較【前編】

会議室“据え置き”ツール「Microsoft Teams Rooms」「Zoom Rooms」の違い

オフィス向けのテレビ会議システムである「Microsoft Teams Rooms」と「Zoom Rooms」。いずれもソフトウェアと、会議室に設置するハードウェアを組み合わせたものだ。それぞれの機能を確認しよう。

4 月

/tt/news/2404/26/news08.jpg
「ビデオポッドキャスト」の全て【前編】

“ただの音声や動画”とは違う「ビデオポッドキャスト」の新しい特徴とは?

「ビデオポッドキャスト」は、ポッドキャストに動画の要素を加えたものだ。ただしビデオポッドキャストとポッドキャストの違いはそれだけではない。両者の共通点と異なる点を整理する。

/tt/news/2404/25/news03.jpg
生産性を高めるTeams機能を比較【後編】

Teamsを使い倒すなら知っておきたい「Teams Premium」「Copilot」の違い

Microsoftが「Microsoft Teams」のライセンス保有者向けに提供している「Microsoft Teams Premium」と「Copilot」には、違いもあれば重複する機能もある。両者の違いと使い分けるポイントを解説する。

/tt/news/2404/18/news07.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

Teamsが超便利になる「Copilot」のお役立ち機能と“闇”

「Microsoft Teams」をAI技術の力でより便利にするという「Copilot for Microsoft 365」。具体的に何を可能にするのか。CopilotによるTeamsの強化に対して、一部で心配の声が上がっているのはなぜなのか。

/tt/news/2404/17/news08.jpg
生産性を高めるTeams機能を比較【前編】

「Teams Premium」と「Teams向けCopilot」の“生成AI機能”は何が違うのか

「Teams Premium」と、Teams向けの「Copilot」で生成AI機能を使うことができる。両者には違いもあれば、重複する機能もある。それぞれの機能を解説する。

/tt/news/2404/09/news03.jpg
いまさら聞けない「Microsoft SharePoint」の基本【後編】

「オンプレミス版のSharePoint」をあえて選んだ方がいいのはどんな企業?

「Microsoft 365」を契約すれば「Microsoft SharePoint」が付いてくる。それでもあえて「SharePoint Server 2019」を選んだ方がいい、という状況はあるのか。クラウドサービス版とオンプレミス版の違いを探る。

/tt/news/2404/05/news03.jpg
アクセシビリティー改善に役立つ6つのヒント【後編】

「分かりやすいコンテンツ」を作るなら悩むより“あれ”を活用すべし

アクセシビリティー(利用しやすさや分かりやすさの意味)への配慮は、文化背景や制約、条件を問わず「誰でも読めるようにする」という点で重要だ。読者のために「これだけはやるべき」というヒントを紹介する。

/tt/news/2404/02/news08.jpg
いまさら聞けない「Microsoft SharePoint」の基本【前編】

まだSharePointを「イントラネット構築」だけに使っているの?

「Microsoft SharePoint」は、「Microsoft 365」に含まれるさまざまなアプリケーションと連携する“裏方”だ。社内ポータルサイト構築だけではない、SharePointの重要な役割とは。

/tt/news/2404/01/news01.jpg
「Copilot」の種類と要件【後編】

「Copilot」は複雑過ぎ? Microsoft 365で使うならこれを要チェック

「Copilot for Microsoft 365」は、Microsoftアプリケーション利用時に使えるAIアシスタントだ。導入に際しては、単にライセンスを購入するだけではない、幾つかの条件がある。それは何か。

3 月

/tt/news/2403/30/news01.jpg
ナレッジマネジメントの基本と主要ツール【後編】

SharePoint以外にもこれだけある 「ナレッジ」を蓄積できるツール5選

従業員が持っている知見や情報を業務改善に生かすに当たり、そのデータを集約し共有できる「ナレッジマネジメントツール」の導入は有効な手段の一つだ。主なナレッジマネジメントツール5個を紹介する。

/tt/news/2403/29/news15.jpg
アクセシビリティー改善に役立つ6つのヒント【前編】

「文書の分かりやすさ」を高めるこつは意外にも“ちょっとした気遣い”?

読者の事情や背景にかかわらず、誰もがコンテンツの内容を理解できるように配慮する――。専門家が口をそろえて強調する「アクセシビリティー」(利用しやすさや分かりやすさの意味)改善のこつは。

/tt/news/2403/28/news13.jpg
AGI(汎用人工知能)とは何か?

「AGI」は「AI」と何が違う? AGIが人間を超える日は来るか

AGI(汎用人工知能)は人間の思考や知能をシステムで再現するための技術だ。従来のAI技術とは何が違うのか。

/tt/news/2403/26/news04.jpg
ナレッジマネジメントの基本と主要ツール【中編】

Confluenceだけじゃない「情報共有」も「ナレッジ生成」もできるツール3選

従業員が積み重ねてきた知見や情報を全社で共有し、業務に活用する「ナレッジマネジメント」を実践するには、ツールを有効に活用することが欠かせない。代表的なツールを3つ紹介する。

/tt/news/2403/25/news09.jpg
「Copilot」の種類と要件【前編】

実はこんなにある「Copilot」 明日の仕事がはかどりそうなのはどれ?

「Copilot」は、Microsoftが提供するAIアシスタントのブランド名だ。その対象は「Microsoft 365」で利用できるアプリケーションだけではなく、さまざまな同社製品やサービスに広がっている。何があるのか。

/tt/news/2403/24/news02.jpg
オフィスアプリで使う生成AI【後編】

Microsoft 365を「Copilot」で便利にするならまず何から始めるべき?

「Copilot for Microsoft 365」は、生成AIの機能を生産性向上に役立てることができるツールだ。どのような手順で利用を開始すればいいのか。事前の準備を含めて紹介する。

/tt/news/2403/22/news11.jpg
2つの試練がマーケターを直撃【後編】

「サードパーティーCookie」が廃止になっても“あれ”を使えば大丈夫

GoogleはChromeのサードパーティーCookieを廃止する。既に他のブラウザでもサードパーティーCookieのブロックは始まっている。こうした変化を受けて、新しいマーケティング手法に注目が集まっている。

/tt/news/2403/20/news01.jpg
経営幹部のソーシャルメディア活用【後編】

偉い人はなぜソーシャルメディアで語るのか “なるほど”な発言例

企業の経営幹部は多忙な毎日を過ごす中で、ソーシャルメディアにたびたび登場して情報を発信することがある。それは企業にプラスの影響も、マイナスの影響ももたらす可能性がある。お手本となる発言を紹介する。

/tt/news/2403/19/news07.jpg
ナレッジマネジメントの基本と主要ツール【前編】

昔は「ナレッジ共有」が当たり前じゃなかった? ChatGPT誕生までの進化とは

社内に散らばる知見や情報を業務に生かす「ナレッジマネジメント」。その仕組みは、生成AIが台頭する昨今に至るまでにどう変わってきたのか。ツール選定の前に押さえておくべきナレッジマネジメントの基本とは。

/tt/news/2403/17/news02.jpg
オフィスアプリで使う生成AI【中編】

Microsoft 365は「Copilot」で便利になるけど実はこんな“注意点”があった

「Microsoft Copilot for Microsoft 365」は、Microsoftのサブスクリプションサービス「Microsoft 365」で生成AIの機能を利用できるようにするツールだ。利用に当たって知っておくべき注意点とは。

/tt/news/2403/15/news08.jpg
2つの試練がマーケターを直撃【前編】

Gmail“メール5000通制限”を回避したいなら設定すべき「3大プロトコル」とは?

YahooとGoogleがメール配信のルールを変更した。これからは3つの認証プロトコルの設定が必要になる。どのようなプロトコルなのか。メール配信に迫られる変化とは。

/tt/news/2403/15/news06.jpg
AI機能の利点を問う

Zoomの「Web会議アシスタント」は本当に“コスパ抜群”で使えるのか?

ZoomのAIアシスタント「AI Companion」は、Web会議に関連する業務の生産性向上につながるツールだ。機能やコストの観点で、同ツールの何が特徴的で、どのような利点があるのかをまとめる。

/tt/news/2403/10/news03.jpg
オフィスアプリで使う生成AI【前編】

Microsoft 365がより便利になった? 「Copilot for Microsoft 365」の超基本

Microsoftのサブスクリプションサービス「Microsoft 365」では生成AI機能を活用する「Copilot for Microsoft 365」の利用が可能になった。まずは同ツールを使うに当たっての基本事項を押さえておこう。

/tt/news/2403/09/news01.jpg
経営幹部のソーシャルメディア活用【中編】

OpenAIアルトマン氏は切れ味がすごい ソーシャルメディアでの発言“お手本集”

企業の経営幹部によるソーシャルメディア運用は、企業に良い影響も、マイナスの影響も与える可能性がある。著名な企業トップはソーシャルメディアで何を、なぜ発言しているのか。参考になる例を紹介する。

/tt/news/2402/26/news16.jpg
SNSの栄枯盛衰を振り返る【第4回】

爆売れも夢じゃない? 新世代SNSを使い倒すこれからのテクニックはこれだ

多様に進化するSNSは、消費者の生活の一部となり、企業にとっても無視できない存在だ。SNSの移り変わりをまとめつつ、SNSの活用を成功させるには今後は何が必要になるのかを考察する。

/tt/news/2403/02/news01.jpg
経営幹部のソーシャルメディア活用【前編】

マスク氏の過激ツイートより“もうけ”になるソーシャルメディアでの行動とは

マスク氏の過激なツイートがプラスに働くことはなかったが、経営幹部はソーシャルメディアをうまく活用することで実益につなげることができる。どのようなメリットがあり、どう行動すればいいのか。

2 月

/tt/news/2402/29/news08.jpg
SNSの栄枯盛衰を振り返る【第3回】

テキストだけの“SNS老人”にならないために知っておきたい「映像・音声SNS」5選

かつてインターネットでの交流はテキストが主体だったが、近年は映像や音声を使ったコミュニケーションへと人気が移りつつある。映像や音声のやりとりを爆発的に普及させた主要SNSとは。

/tt/news/2402/29/news02.jpg
“脱Excel”か“活Excel”か

数を数える「COUNT系関数」の落とし穴、基礎的ながら混乱しがちなポイントは?

「Microsoft Excel」で定番の関数「COUNT」は、「データの数を数える」という分かりやすい役割を持ちつつも、「実はあの数は数えてくれない」といった落とし穴があります。注意すべきポイントを確認しましょう。

/tt/news/2402/22/news09.jpg
SNSの栄枯盛衰を振り返る【第2回】

「YouTube」はSNS? 老いも若きも愛する“老舗SNS”6選の特徴を紹介

老舗の風格がただよう主要なSNSといっても、家族の誰かが毎日アクセスしているほどなじみ深いものから、日本ではあまり知名度のないものまでさまざまだ。筆者の独断で選んだ6つの“老舗SNS”の特徴を紹介する。

/tt/news/2402/15/news11.jpg
用途が広がるMicrosoftの「Copilot」【後編】

「Copilot」の“検索”は何がすごいのか? Microsoftの業務アプリで考察

Microsoftの「Copilot for Service」と「Copilot for Sales」は、業務アプリケーションの操作や検索を生成AIで支援するサービスだ。Copilotは、エンドユーザーの業務アプリケーションの使い方をどう変えるのか。

/tt/news/2402/15/news07.jpg
SNSの栄枯盛衰を振り返る【第1回】

いにしえから現代まで受け継がれた、もはや「レジェンド」なSNSの機能とは

個人的なコミュニケーションからビジネスまで、ソーシャルメディアはなくてはならない存在になりつつある。歴史をひもときながら、社会生活を彩るソーシャルメディアの役割を振り返る。

/tt/news/2402/09/news08.jpg
用途が広がるMicrosoftの「Copilot」【前編】

Microsoftの「Copilot for Service」「Copilot for Sales」がCRMにもたらす利点は?

Microsoftの「Copilot for Service」と「Copilot for Sales」は、同社が提供する生成AIサービスの一つだ。同社がこれらのサービスを提供する狙いと、ユーザー企業にとっての利点を探る。

/tt/news/2402/07/news01.jpg
コラボレーションツールの利用とGRC【第4回】

「コラボツールでコンプラ違反」を防ぐ要は、IT部門と“あの部署”

コンプライアンスやリスク管理、ガバナンスの保持を前提としたコラボレーションツールの使用ルールを社内で徹底させるには、IT部門と“あの部署”の連携が重要な鍵を握る。

/tt/news/2402/01/news01.jpg
アクセシブルPDF作成における4ステップ【後編】

PDFは「作ったら終わり」ではない、アクセシビリティー検証の4ステップ

「Adobe Acrobat」には、アクセシビリティーに配慮したPDFファイルを作成する機能がある。ただし「設定したから大丈夫」ではなく、「適切な設定かどうか」の検証も作成作業に含まれる。具体的な手順は。

1 月

/tt/news/2401/31/news02.jpg
コラボレーションツールの利用とGRC【第3回】

シャドーITが罰金刑になるケースも コラボツールの利用ルールはここが難しい

コンプライアンスの問題を回避するために、コラボレーションツールの特定機能を使えないように制御するのは一つの方法だが、シャドーITを生むリスクがある。米国金融機関の事例から、注意すべきポイントを探る。

/tt/news/2401/25/news03.jpg
アクセシブルPDF作成における4ステップ【中編】

「Adobe Acrobat」を活用、誰もが利用しやすいPDF作成のこつ

「Adobe Acrobat」を使ってPDFファイルにアクセシビリティー設定をする場合、目的に応じて簡便なやり方か詳細設定のどちらかを選ぶ必要がある。

/tt/news/2401/24/news02.jpg
コラボレーションツールの利用とGRC【第2回】

「コラボレーションツール」の“あの機能”こそが法務部門にとっての問題児

コラボレーションツールの利用にはコンプライアンスの問題が常に付随する。たとえ導入時に慎重に検討したとしても、導入後に予期しない問題が生じる可能性がある。何がリスク要因なのか。

/tt/news/2401/24/news01.jpg
「Copilot」で変わるWeb会議【後編】

「Teams」の機能強化を素直に喜べない“あの理由”

業務支援ツール「Copilot for Microsoft 365」の機能強化に伴い、「Microsoft Teams」にも数々の新機能が加わる。その結果、Teamsのある変化が、一部の顧客を悩ませる可能性があると専門家は懸念する。

/tt/news/2401/22/news01.jpg
TeamsとZoomのどちらを選ぶべきか【後編】

「Teams」対「Zoom」の勝者はどっち? あえて選ぶなら?

テレワークが日常的な企業において、コラボレーションツールは不可欠だ。代表的な「Microsoft Teams」と「Zoom」を比較する上で、どちらが自社に適しているのかを見極めるポイントは。

/tt/news/2401/17/news07.jpg
アクセシブルPDF作成における4ステップ【前編】

誰もが利用しやすいPDFを作るには? 定番フォーマットを改善する4ステップ

アクセシビリティーに配慮したPDFの作成は、企業にとってコンプライアンス(法令順守)とインクルージョン(包摂性)に関わる問題だ。具体的な4つのステップを紹介する。

/tt/news/2401/17/news02.jpg
「Copilot」で変わるWeb会議【中編】

「Copilot搭載のTeams」は“あれ”が全然違う 何がすごいのか

「Microsoft Teams」に、業務支援ツール「Copilot for Microsoft 365」の関連機能が加わり、会議内容の文字起こしを中心とした機能が強化された。専門家が感動したポイントは。

/tt/news/2401/16/news11.jpg
コラボレーションツールの利用とGRC【第1回】

その発言はコンプラ違反? コラボツールのデータ保存時に決めるべきルール

コラボレーションツールの利用拡大に伴い、蓄積されるデータの管理方針に注意を払う必要がある。コンプライアンス維持のために、どの記録をどう保管すべきか。

/tt/news/2401/15/news02.jpg
TeamsとZoomのどちらを選ぶべきか【中編】

急速に普及した「Zoom」の謎 「Teams」よりも使いづらい点は?

コロナ禍で急速に知名度を上げた「Zoom」は、いまや企業にとって身近なツールになった。テレワークにおけるコラボレーションツールとしてZoomを使う場合、どのようなメリットがあるのか。

/tt/news/2401/11/news15.jpg
Microsoftの「365」系サービス【第5回】

Microsoft 365かWindows 365か? その前に「Windows 11」のあれが問題?

Microsoftの各種アプリケーションやWindows 11を利用するための選択肢は多様だ。ニーズに適したプランやライセンスを購入するに当たっては、忘れてはいけない幾つかのポイントを押さえるようにしよう。

/tt/news/2401/11/news13.jpg
「Copilot」で変わるWeb会議【前編】

「Teams」がますます便利に? 「Copilot」と「Loop」のお役立ち機能

業務支援ツール「Copilot for Microsoft 365」の登場によって、「Microsoft Teams」にさまざまな機能が加わることになった。ユーザーが喜ぶポイントは。

/tt/news/2401/08/news05.jpg
TeamsとZoomのどちらを選ぶべきか【前編】

Zoomではなく「Teams」を使う理由は? 料金や機能の特徴は?

「Microsoft Teams」は、Microsoft製アプリケーションと連携がしやすいユニファイドコミュニケーションツールだ。テレワーク中のコラボレーションツールとしてのTeamsのメリットと特徴とは。

/tt/news/2401/07/news03.jpg
Microsoftの「365」系サービス【第4回】

「Microsoft 365」「Office 365」は高い、安い? 月額をシナリオ別に計算

「Microsoft 365」や「Office 365」のどのプランでどれくらいの費用がかかるのか。これは実際に算出してみないと理解しにくい。組織規模別のシナリオを前提にして、6つのプランを例に選択肢とコストを解説する。