テキストだけの“SNS老人”にならないために知っておきたい「映像・音声SNS」5選SNSの栄枯盛衰を振り返る【第3回】

かつてインターネットでの交流はテキストが主体だったが、近年は映像や音声を使ったコミュニケーションへと人気が移りつつある。映像や音声のやりとりを爆発的に普及させた主要SNSとは。

2024年02月29日 08時00分 公開
[Madeleine StreetsTechTarget]

関連キーワード

SNS | Twitter


 SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)が人々のコミュニケーションツールとして定着する年月の間に、さまざまなSNSが登場している。近年の人気は、テキストだけのコミュニケーションではなく、画像や映像、音声を使ってコミュニケーションができるSNSだ。押さえておくべき特徴的なSNSを5つ紹介しよう。

画像共有SNS「Pinterest」

 2010年に開設した「Pinterest」は、写真の共有を主軸にしたSNSの先駆けだ。Webサイトにある画像を「ピン」(ブックマーク)し、テーマに沿って「ボード」にまとめることができる。他ユーザーの投稿を保存したり(リピン)、ユーザーのボードをフォローし合ってコミュニティーを構築したりすることも可能だ。

画像や動画投稿用SNS「Instagram」

 「Instagram」はサービス開始時には写真家やアーティストの間で愛好されていた印象があったものの、今や老若男女問わず利用するSNSに成長した。「X」(旧Twitter)のように他ユーザーをフォローできる仕様になっている。有名人のアカウントはフォロワー数が増える傾向にある。アカウントのプロフィールを非公開に設定して、他ユーザーからのフォローを承認制にすることも可能だ。

 フォロワーは投稿画像に「いいね」やコメントを投稿したり、画像を保存したりすることもできる。「ストーリーズ」という投稿機能では、投稿内容は24時間だけ表示され、その後自動的に削除される。90秒以内の動画を投稿できる「リール」という機能もある。企業としてのInstagramは2012年4月(現地時間)、Meta Platformsに買収された。

ショート動画共有サービス「Snapchat」

 Snapchatの特徴は「投稿した画像や動画が10秒以内に見えなくなる」という仕様にある。瞬間的なコミュニケーションに重点を置き、多種多様なフィルターで映像を加工できる機能がユーザーに愛されている。デバイスで撮影した画像や動画にテキストや視覚効果、スタンプを追加してそのまま投稿することが可能だ。24時間画像や動画を公開できる「ストーリー」機能や、OpenAIのAI(人工知能)チャットbot「ChatGPT」を搭載した「My AI」と呼ばれるAIチャットbotのサービスもある。

ボイスチャットツール「Discord」

 「Discord」はもともと、世界中に散らばるオンラインゲームプレイヤー同士がゲームをプレーしながらコミュニケーションを取るためのボイスチャットツールとして登場した。その後「限られたユーザー同士でコミュニケーションを取りたいユーザー」の間で利用が広がった。交流用のサークルや職業別サークルを作って会話をしたり、最新ニュースを把握したりするのに役立つツールという点は、SNSとしての特性だと言える。

 招待したユーザーのみでコミュニケーションを図る「サーバー」(コミュニティー機能)に、会話するための「チャンネル」を作り、テキストや音声、ビデオ通話でやりとりをする仕組みになっている。サーバーは無料で利用可能だ。

ショート動画共有サービス「TikTok」

 TikTokは近年で特に若年層から人気を集めているSNSの一つだ。その強みは「ショート動画」と「おすすめ」フィードによって、投稿者と視聴者の交流を増やす仕組みだ。「おすすめ」フィードはTiktok独自のアルゴリズムが、視聴者の好みに合わせてお薦めのコンテンツを表示する。視聴者は動画に「いいね」やコメントを付けたり、データの保存や共有をしたりできる。

 投稿者は最長3分間の動画を自分で作成して投稿するだけでなく、「デュエット」という機能を使って新しい動画を作成し、投稿することが可能だ。デュエットを使うと、憧れのクリエイターや他の投稿者がTikTokで作成した動画と自分の動画を組み合わせることができる。商用利用が許可されている「オーディオライブラリ」内の楽曲を動画に利用することもできる。


 第4回は、SNSのメリットとデメリットをおさらいしつつ、将来のSNS像を考察する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。