“情熱”と“ファンとのつながり”でかせぐ「クリエイターエコノミー」とは?「ギグエコノミー」と「クリエイターエコノミー」を比較【中編】

「クリエイターエコノミー」は、クリエイターの活動によって収入を得る働き方だ。詳細な仕組みと、具体的な収入源を紹介する。

2023年01月06日 08時15分 公開
[Amanda HetlerTechTarget]

関連キーワード

経営 | アウトソーシング


 技術の進歩に伴って、新しい働き方が生まれている。そうした働き方の一つが「クリエイターエコノミー」だ。その特徴を解説する。

アイデアでもうける「クリエイターエコノミー」とは

 労働者が主にインターネットを使い、創造力と技能を生かして収入を得る働き方が、クリエイターエコノミーだ。「パッション(情熱)エコノミー」と呼ぶこともある。

 その名の通り、クリエイターエコノミーの労働者は創造的な活動をするクリエイターだ。インターネットを使ってアイデアや作品を提供する仕事が主体で、具体的には以下がある。

  • ブログエントリ(投稿)の執筆
  • 創作活動に関するコーチングサービス
  • 動画投稿サイト「YouTube」用の動画撮影

 クリエイターは、YouTubeやEC(電子商取引)サイト構築サービス「Shopify」などのサービスを利用することで、幅広い消費者にリーチできる。こうしたサービスは、クリエイター自身の情報や経験、商品の共有に役立つ。

 ソーシャルネットワークを利用して、自身が提供するWebサイトやアプリケーションを、ファンやコミュニティーに紹介することもアピールにつながる。クリエイターエコノミーでは、クリエイター自身が販売するものを決定する。アドバイス、製品、経験、サービスなどが商品の例だ。クリエイターエコノミーは個人のつながりに基づいており、ブランドを持つ企業が運営するものではない。

クリエイターエコノミーの職種

 自ら企画、開発したコンテンツをインターネット経由で消費者に提供するのが、クリエイターエコノミーにおけるクリエイターの主な仕事だ。クリエイターエコノミーが広がっている職種には以下がある。

  • フィットネストレーナー
  • 栄養士
  • 画家
  • 工芸作家
  • ライフコーチ(人生の目標達成の指南者)
  • ミュージシャン
  • ブログライター
  • 動画制作者

 クリエイターが収入を得る方法は以下の通りだ。

  • スポンサードコンテンツ
    • 広告主がコストを負担して製作されるコンテンツ。
  • プロダクトプレースメント
    • コンテンツ内で製品を使うことによる製品紹介。
  • デジタルコンテンツの販売
  • マーチャンダイズ
    • 戦略的な商品開発。
  • チップ
  • 広告収入
  • 有料サブスクリプション
  • ライブイベント
  • ファンクラブ運営

 後編は、ギグエコノミーとクリエイターエコノミーの違いを解説する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。

news102.jpg

GoogleがIABのプライバシーサンドボックス批判に猛反論 完全論破へ42ページのレポートを公開
Googleは、米インタラクティブ広告協会から寄せられた批判について「多くの誤解と不正確...

news060.jpg

広報担当者の悩みあるある「取材を受けたのに思ったような記事にならないのは何故?」
自社や自社の製品・サービスについて広く知ってもらうためにメディアの取材を増やすこと...