2021年08月13日 05時00分 公開
特集/連載

「Power Apps」で作れる具体的なアプリとは? 「ヘルプデスクツール」も実現「Microsoft Power Apps」入門ガイド【第3回】

ノーコード/ローコード開発ツール「Microsoft Power Apps」を使えば、IT管理者やエンドユーザーはさまざまなアプリケーションを開発できる。例えば何の開発が可能なのか。

[Reda Chouffani,TechTarget]

関連キーワード

Microsoft(マイクロソフト)


 第2回「『Power Apps』無料テンプレートで開発できる“新入社員受け入れアプリ”とは?」は、IT管理者やエンドユーザーがノーコード/ローコード開発ツール「Microsoft Power Apps」を使って開発できる主要な8種類のビジネスアプリケーションのうち、3種類を紹介した。本稿は残る5種類のうち、4種類を紹介する。

4つ目.新規ユーザー設定効率化アプリケーション

 Power Appsの用途として考えられるのが、新入社員を受け入れる際の新規ユーザー設定の効率化だ。Power Appsは簡単に使える情報入力フォームを提供している。採用担当者はこれを使って新入社員の情報を記入し、必要な部署にその情報を送信できる。Power Appsの情報入力フォームは、ワークフロー自動化ツール「Power Automate」(旧Microsoft Flow)との連携が可能だ。

5つ目.営業用情報入力フォーム

 営業職の従業員が客先に出向き、社外で販売注文の入力を完了させる必要がある場合、Power AppsとERP(統合業務)パッケージ「Microsoft Dynamics 365」の組み合わせが役に立つ。Power Appsを使うと、企業はDynamics 365のデータを取得、追加するフォームを開発できる。

6つ目.ヘルプデスクツール

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない
FinTechのユニコーンが続々と生まれるアフリカ大陸。砂漠の南が燃えています。

news162.jpg

テレビと広告とTwitterと人間の脳の関係について、いま分かっていること(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news029.jpg

P&Gが「ショッパー」のニーズを満たすために全社横断でやっていること
「LINE BIZ DAY BREAKOUT BRAND&DIRECT」で発表された事例の中から、P&Gが実施したデジタ...