Windows 11“謎のハードウェア要件”に戸惑う人々 「TPM 2.0」必須化には賛否「Windows 11」の“企業用OS”としての存在意義【中編】

Microsoftの「Windows 11」は、ハードウェア面でも企業に混乱をもたらしている。要件の不確かさがその要因だ。明らかになっている「TPM 2.0」準拠の要件にも疑問が挙がる一方、その重要性に理解を示す声もある。

2021年07月26日 05時00分 公開
[Mike GleasonTechTarget]

 IT担当者は、Microsoftが2021年6月に発表した新たなOS「Windows 11」のソフトウェア互換性に加えて、ハードウェア要件についてもよく分からずにいる。「Microsoftは、特定のプロセッサが必要な理由をほとんど説明していない」と、米国オレゴン州ハッピーバレー市のIT管理者、ウィル・ウィルソン氏は語る。

 当初Microsoftは、Windows 11を実行するには、Intelの「Intel Core」第8世代以降、またはAMD(Advanced Micro Devices)の「Zen 2」以降のプロセッサが必要になると説明していた。その後、Intel Core第7世代やAMDの「Zen」第1世代(Zen 1)のユーザーも、Windows 11の予備バージョンを試せるようにすると述べた。

Windows 11ハードウェア要件の“謎” 「TPM 2.0」必須化には理解の声も

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

メッシやベリンガム、ヴィルツも登場 アディダスが世界で展開する豪華過ぎるサッカー推しキャンペーンの中身
Adidasが夏のサッカーシーズンに向けて新キャンペーンを世界各地で展開する。デビッド・...

news058.jpg

Web広告施策に課題を感じている企業は9割以上――リンクアンドパートナーズ調査
企業のWeb広告施策を推進している担当者約500人を対象に、課題と今後の取り組みについて...

news183.jpg

TikTokマーケティングの最適解へ スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団M2DKと業務提携
スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団であるM2DKと業務提携。生活者に向けて訴求...