2021年08月19日 05時00分 公開
特集/連載

「退屈な研修」はもう古い 社員のセキュリティ意識を“楽しく”高める方法とは?「セキュリティ文化」のすすめ 【前編】

企業は「セキュリティ文化」を築き、全従業員の高いセキュリティ意識を武器にサイバー攻撃に立ち向かうべきだ。攻撃が巧妙化する中で企業はどう変わればいいのか、具体的なアドバイスをまとめた。

[Matt Warner,TechTarget]

 セキュリティ意識の向上を目指した研修はどの企業においてもあまり人気がない。なぜなら、セキュリティの重要性についてIT担当者が延々と説明するのを聞くほど退屈なことはないからだ。

 とはいえセキュリティを軽視した結果、痛い目に遭うと企業は大きなダメージを受ける。セキュリティ体制がしっかりしておらず、従業員教育が行き届いていない企業はサイバー攻撃を招くと言っても過言ではない。実際、よくある攻撃の発端は従業員が十分に警戒心を持つことなく、疑わしいリンクや添付ファイルを開いてしまうことだ。

 逆に言えば、従業員のセキュリティ意識を向上させれば、システムを攻撃から守ることにつながる。健全な企業文化が従業員の生産性や成長、働きがいを高めるのと同様に、セキュリティ文化は企業全体のセキュリティ体制を向上させる。それに当たり重要なのは、IT担当者と各事業部の従業員が手を組み、セキュリティ事故を招く可能性のある悪意ある活動にいち早く気付くことだ。

セキュリティ文化とは? 成功している企業の「4つの共通点」は?

ITmedia マーケティング新着記事

news212.jpg

面白い広告は記憶に残るが、ユーモアを活用できている企業は少ない――Oracle調査
ユーモアを取り入れたブランドは支持され、ロイヤルティーが高まり、顧客は再び購入した...

news054.jpg

マクドナルドvsバーガーキング ネット戦略がウマいのはどっち?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news118.jpg

マーケターなら知っておきたい「Googleが次に可能にすること」 Google I/O 2022で発表の新機能まとめ
「検索」「地図」「ショッピング」他、Googleが年次開発者会議「Google I/O 2022」で紹介...