2021年08月20日 05時00分 公開
特集/連載

「新型コロナ接触確認アプリ」も「Power Apps」で開発できる「Microsoft Power Apps」入門ガイド【第4回】

「Microsoft Power Apps」は、さまざまなアプリケーションをノーコード/ローコードで開発できる。新型コロナウイルス感染症の接触確認アプリケーションの開発に、Power Appsを活用する企業もある。

[Reda Chouffani,TechTarget]

関連キーワード

Microsoft(マイクロソフト)


 前回「『Power Apps』で作れる具体的なアプリとは? 『ヘルプデスクツール』も実現」は、ノーコード/ローコード開発ツール「Microsoft Power Apps」(以下、Power Apps)を使って開発できる主要な8種類のビジネスアプリケーションのうち、4つ目から7つ目を紹介した。本稿は、残る1つを紹介する。

8つ目.新型コロナ関連の接触確認アプリケーション

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない
FinTechのユニコーンが続々と生まれるアフリカ大陸。砂漠の南が燃えています。

news162.jpg

テレビと広告とTwitterと人間の脳の関係について、いま分かっていること(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news029.jpg

P&Gが「ショッパー」のニーズを満たすために全社横断でやっていること
「LINE BIZ DAY BREAKOUT BRAND&DIRECT」で発表された事例の中から、P&Gが実施したデジタ...