2021年08月20日 05時00分 公開
特集/連載

「新型コロナ接触確認アプリ」も「Power Apps」で開発できる「Microsoft Power Apps」入門ガイド【第4回】

「Microsoft Power Apps」は、さまざまなアプリケーションをノーコード/ローコードで開発できる。新型コロナウイルス感染症の接触確認アプリケーションの開発に、Power Appsを活用する企業もある。

[Reda Chouffani,TechTarget]

関連キーワード

Microsoft(マイクロソフト)


 前回「『Power Apps』で作れる具体的なアプリとは? 『ヘルプデスクツール』も実現」は、ノーコード/ローコード開発ツール「Microsoft Power Apps」(以下、Power Apps)を使って開発できる主要な8種類のビジネスアプリケーションのうち、4つ目から7つ目を紹介した。本稿は、残る1つを紹介する。

8つ目.新型コロナ関連の接触確認アプリケーション

ITmedia マーケティング新着記事

news175.jpg

ネトフリ「広告付きプラン」は誰得? 業界関係者の反応は……
広告モデルへの一部移行がうわさされるNetflix。新たなプランが増えることで視聴者と広告...

news034.jpg

変革ビジョンはなぜ形骸化してしまうのか?――調査が明かした経営層と現場の社員のギャップ
掛け声ばかり勇ましくて実際の取組みは遅々として進まない――。DXに関して同じ悩みを抱...

news037.jpg

「マーケティングDX人材」を定義する
2022年、日本企業はDXのあるべき姿を実現するために、自社のマーケティングを大きく進化...