2018年11月15日 05時00分 公開
特集/連載

「aPaaS」によるノーコード/ローコードのアプリ開発は企業文化に浸透するか市民開発者と熟練開発者の役割

企業はアプリケーション開発の頓挫や、ビジネスに精通する熟練したアプリケーション開発者の不足に悩んでいる。こうした中、ドラッグアンドドロップのみでアプリケーション開発する手法への期待が高まる。

[Mike Matchett,TechTarget]
画像,

 企業は事業の機敏性と効率性を高め、コストを削減したいと望んでいる。しかしこれは容易ではない。異質なものが絡み合うIT分野では、さまざまな要素が動き、変化している。その一方で個々の組織が持つ専門性が不十分なため、企業が全ての要望を実現することはできない。

 「ボタンのクリックのみで外部の誰かにIT業務の管理を任せる」というクラウドサービスの考え方が、あらゆる組織に浸透したのは驚くことではない。「クラウドファースト」の言葉が広がる中、最近は「CIO」(最高情報責任者)という役職は「クラウド情報責任者」をも意味すると捉えられるようになった。ただし、クラウドの環境にも変化が生じている。これまでクラウドの主流であったIaaS(Infrastructure as a service)には、もはや大きなビジネスチャンスがなくなっている。

aPaaS(Application Platform as a Service)の競争優位性

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

CEOの多くが「今後2年間にわたり景気は停滞せず拡大する」と予測――Gartner調査
CEOの半数以上が「成長」に主眼を置き、危機を乗り越えた先には機会があると考えています。

news171.jpg

資生堂が考えるビューティー領域のDX マーケティングと営業の在り方はどう変わる?
資生堂とアクセンチュアは合弁で、ビューティー領域に特化したデジタル・ITの戦略機能会...

news165.jpg

「SDGs」の認知率が初の半数超え 10代、課長代理・係長クラスの認知率が高い――電通調査
電通が第4回「SDGsに関する生活者調査」を実施。SDGs認知率は前回調査(2020年1月)から...