2018年11月15日 05時00分 公開
特集/連載

市民開発者と熟練開発者の役割「aPaaS」によるノーコード/ローコードのアプリ開発は企業文化に浸透するか

企業はアプリケーション開発の頓挫や、ビジネスに精通する熟練したアプリケーション開発者の不足に悩んでいる。こうした中、ドラッグアンドドロップのみでアプリケーション開発する手法への期待が高まる。

[Mike Matchett,TechTarget]
画像,

 企業は事業の機敏性と効率性を高め、コストを削減したいと望んでいる。しかしこれは容易ではない。異質なものが絡み合うIT分野では、さまざまな要素が動き、変化している。その一方で個々の組織が持つ専門性が不十分なため、企業が全ての要望を実現することはできない。

 「ボタンのクリックのみで外部の誰かにIT業務の管理を任せる」というクラウドサービスの考え方が、あらゆる組織に浸透したのは驚くことではない。「クラウドファースト」の言葉が広がる中、最近は「CIO」(最高情報責任者)という役職は「クラウド情報責任者」をも意味すると捉えられるようになった。ただし、クラウドの環境にも変化が生じている。これまでクラウドの主流であったIaaS(Infrastructure as a service)には、もはや大きなビジネスチャンスがなくなっている。

aPaaS(Application Platform as a Service)の競争優位性

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...