2017年05月19日 12時00分 公開
特集/連載

“ノーコード/ローコード”のアプリ開発、本命3ツールの特徴は?「Chatfuel」「Cloud Elements」「Treeline」を紹介

開発者がノーコード/ローコードプラットフォームを利用する場面が増える中、その選択肢が広がりつつあるのは当然の流れだ。最新プラットフォームを紹介する。

[Zachary Flower,TechTarget]
ジオシティーズのおかげで多くのWebページが登場した。NCLC開発プラットフォームも同じ役割を果たせるだろうか

 コーディングをほとんどあるいは全く必要としない「ノーコード/ローコード」(NCLC)開発プラットフォームは、インターネットと同じくらい古くから存在している。だがNCLCプラットフォームを使うことに戸惑いを感じる人は多い。NCLCプラットフォームの使いやすさは、品質を犠牲にして成り立っているように思えるからだ。このような人には、「NCLCプラットフォームは使いやすいけれどレベルの低いアプリケーションしか開発できない」という思い込みがある。

 NCLCプラットフォームは非常に利用しやすいので、シンプルなアプリケーションであれば初心者でも開発できる。同じ理由から、かつて簡単にWebページを用意できるサービスとして利用者が多かった「ジオシティーズ」は、3800万ものWebページが作成された。

 ありがたいことに、ジオシティーズの時代から状況は大きく進化した。今や多くの人はデジタルな世界に生きており、高品質なアプリケーションに対する需要はかつてないほど高まっている。アプリケーションに対して貪欲な今の時代、高度な双方向性とインテリジェントなユーザビリティはもはや排他選択ではない。

NCLCプラットフォームの現在

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...