2017年02月08日 15時00分 公開
特集/連載

モバイルアプリ開発と配信、多数の選択肢から選べない人に薦める5つのアプローチ何が最善か見極めるのは困難

モバイルアプリ開発と配信の選択肢は豊富にある。本稿では5つのアプローチについて検討し、ユーザーのニーズにどう応えられるかを検証する。

[Steve Damadeo,TechTarget]

関連キーワード

モバイルアプリ開発 | Android | iOS


モバイルアプリの作成から改善までを一元管理する「Adobe Experience Manager Mobile」(出典:アドビ システムズ)《クリックで拡大》

 誰もがアプリを必要としている。だがそれをユーザーの手に届けるのは必ずしもそれほど簡単ではない。

 従業員へのアプリ提供に関してはあまりに選択肢が多いため、どの手段が最善かを見極めるのは難しい。比較的人気が高いモバイルアプリケーション開発と配信のアプローチには、モバイルアプリ開発プラットフォーム、デスクトップおよびアプリケーション仮想化、アプリのリファクタリング、エンタープライズモバイル管理およびワークスペースなどがある。

 企業内でのモバイルアプリ開発とデプロイのためのさまざまな選択肢について以下に紹介する。

モバイルアプリ開発プラットフォーム(MADP)

ITmedia マーケティング新着記事

Yahoo!広告がLINE広告と連携 「LINE NEWS」面への配信を開始
ヤフーとLINENが広告事業で初めての連携。

news019.jpg

人はなぜFacebookを離脱したくなるのか? プライバシー懸念を上回る理由
さまざまな懸念もよそに拡大する巨大SNS。一方でそこからログアウトする人々は何を思うの...

news117.jpg

化粧品の二次流通市場規模は推計1555億円――メルカリとアイスタイル調査
二次流通市場購入者の40.1%が、使ったことがない化粧品を試すための“トライアル消費”...