2017年02月08日 15時00分 UPDATE
特集/連載

何が最善か見極めるのは困難モバイルアプリ開発と配信、多数の選択肢から選べない人に薦める5つのアプローチ

モバイルアプリ開発と配信の選択肢は豊富にある。本稿では5つのアプローチについて検討し、ユーザーのニーズにどう応えられるかを検証する。

[Steve Damadeo,TechTarget]

関連キーワード

モバイルアプリ開発 | Android | iOS


モバイルアプリの作成から改善までを一元管理する「Adobe Experience Manager Mobile」(出典:アドビ システムズ)《クリックで拡大》

 誰もがアプリを必要としている。だがそれをユーザーの手に届けるのは必ずしもそれほど簡単ではない。

 従業員へのアプリ提供に関してはあまりに選択肢が多いため、どの手段が最善かを見極めるのは難しい。比較的人気が高いモバイルアプリケーション開発と配信のアプローチには、モバイルアプリ開発プラットフォーム、デスクトップおよびアプリケーション仮想化、アプリのリファクタリング、エンタープライズモバイル管理およびワークスペースなどがある。

 企業内でのモバイルアプリ開発とデプロイのためのさまざまな選択肢について以下に紹介する。

モバイルアプリ開発プラットフォーム(MADP)

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

SaaS企業として驚異の継続率97% ServiceNowが考える、CX向上にDXが不可欠である理由
「ガートナー カスタマー・エクスペリエンス&テクノロジ サミット 2019」におけるServic...

news134.jpg

「Tableau 2019.2」発表、コミュニティーからリクエストが多かった新機能を多数追加
位置情報に基づく意思決定を支援するベクターベースのマッピング機能も。