2016年01月26日 12時00分 公開
特集/連載

モバイルアプリ開発、使われない悲劇を避けるための必須ツールは?開発者の独善アプリであってはならない

モバイルバックエンドサービス(MBaaS)を使えば企業向けモバイルアプリ開発を簡略化できる。これからのモバイル開発で重要になるレガシーシステムとの接続も容易だ。

[Eddie Lockhart,TechTarget]

関連キーワード

mBaaS | モバイルアプリ開発 | Android | iOS


企業向けモバイルアプリの開発では多岐にわたる問題を克服しなければならない

 企業向けモバイルアプリの開発は骨が折れる仕事だ。デスクトップアプリケーションと異なり、モバイルアプリは一般的に多様なOSや各種デバイスに対応して動作する必要がある。これだけでも大変なことなのに、このような厄介ごとはほんの序の口にすぎない。

 モバイルデバイスはデスクトップPCよりも画面が小さい。それなのに、ほとんどのデバイスでは、従来のマウスとキーボードではなく、搭載したタッチパネルを使って狭い画面の上で行うタッチ操作が主流になる。そのため、モバイルアプリの機能は、デスクトップアプリケーションとは全く異なる方式で開発しなければならない。

 セキュリティ面の課題もある。ユーザーは、モバイルアプリが時間や場所を問わず利用できることを望む。そのため、企業データも時間や場所を問わず保護する必要がある。また、企業ユーザーは、一般消費者向けアプリの操作性を企業向けアプリにも期待する。その期待に応えられなかった場合、企業ユーザーはせっかく開発したアプリを使わなくなり、その開発に費やした時間と費用が全て無駄になる。

 そんな悲劇が起きないように、企業向けモバイルアプリ開発で失敗しないための技を紹介しよう。ここで紹介した技は、モバイルアプリ開発プラットフォーム(MADP)やサービスとしてのモバイルバックエンドが役立つ仕組みなどを習得するのにきっと役立つはずだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news130.jpg

学生・若手社会人の7割以上が「クリエイティビティ」を重視――アドビ調査
「就職活動・若手社会人に必要なクリエイティブスキルに関する調査」の結果です。

news065.jpg

これからの企業コミュニケーションを読み解くキーワード「ナラティブ」とは?
話題書『ナラティブカンパニー』の著者である本田哲也氏とソーシャルメディアマーケティ...

news020.jpg

SDGsステートメント策定までにやったこと 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【後編】
前編に引き続き、LMGのSDGs推進活動をご指導いただいた北九州市立大学教授の眞鍋和博氏と...